2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2022年11月24日 (木)

労いの洗車とレイアウト変更

長旅から戻ってもはや五日が経ってしまった。
旅モードの体を通常モードに戻すべく久しぶりのスポーツクラブで軽くストレッチをしたり、撮りだめた写真の整理を少しずつ始めたり・・・。
このところ天気もあまり良くなかったが、今日は朝から日差し満点のぽかぽか陽気。
長旅を支えてくれた愛車に感謝の意を込めて丁寧に洗車した。
ついでに12月に車検を控えていることもあり、年内に車中泊旅行に出かける予定も無いので車内のレイアウトを車中泊モードから通常モードへの変更も行った。
近年コロナ禍の影響で出かける回数は減っているが、今年も北海道一週間と今回の西日本一カ月超を始め数回の旅を楽しむことが出来た。
免許証返納時期が迫る中、少しでも長く旅が続けられるよう健康と安全運転に心がけながら日々を過ごしたいと思う。

Img_20221124_115913Img_20221124_093850Img_20221124_103842

2022年11月20日 (日)

やはり我が家は落ち着く

旅での習慣か朝6時に目が覚めた。
昨夜は暗くて判らなかったが、出発時は紅葉に彩られていた我が家の周りはすっかり葉が落ちて冬の気配。
丁度今日(日曜日)は町内会の清掃日で7時から公園や遊歩道の落ち葉掃きが始まった。今日は家内に任せて休養させてもらうことに。
朝食後に車の荷物下ろしや片づけをし、久しぶりにワンコの散歩に近くの公園まで出かけてきた。
午後からはとりだめた写真の整理に手を付けようと思っているが、大量に撮影したデータをいかに絞り込んで捨てるか考えるだけで気が重い。
マー、思い出を噛みしめながらゆっくりと整理することにしよう。
旅の思い出アルバムづくりの構想を練るのも楽しみの一つである。

Dsc04834_rDsc04833_rImg_20221120_121047_r

2022年8月27日 (土)

余命一年にして思うこと

還暦と同時に現役を退き第二の人生を迎えるにあたり、その後の我が人生の設計・目標を立てた。
それは、「80歳までは何とか生き延びよう!」「第二の人生を楽しいものにしよう」「そこまでは経済的にも自力で堪えよう」「願わくば痴呆症にならぬよう努めよう」と言ったところであった。
今日79歳の誕生日を迎え改めて今日までの19年間の振り返りと「最後の一年」の過ごし方について考えてみる。
今日までの19年間、病気一つすることなく趣味の写真と車中泊旅行を満喫できたことは何より幸せであった。
車中泊旅行は北海道の12回を含め延べ83回に及び、ほぼ日本列島の外周を制覇できたが渥美半島、知多半島、尾道―下関間、今治―善通寺間、八代―枕崎間が途切れている。
この一年で全てを埋めることは無理かと思うが出来るだけ埋めておきたいと願っている。
そのためにも健康第一と安全運転に気を付けて傘寿を迎えたいものである。
無事傘寿を迎えることが出来たら、その先の余生プランを改めて考えることにしようと思う。

2022年8月25日 (木)

秋の気配?

8月も終盤になって暑さも少し和らいできた。
夜が寝苦しくなくなったのは大いに助かる。
北海道の旅から戻って早三週間が経った。
写真の整理もぼちぼち進めていたが、根気と集中力が衰えて遅々として進まなかったが、やっと一段落した。
全行程を網羅した旅の記録用スライドショー(ブルーレイディスク)、YouTube・SNS用短編2編。
遅ればせながら短編を掲載します。

 

2022年7月20日 (水)

戻り梅雨あけず

戻り梅雨の方が本番よりはるかに長く梅雨らしい。
多分「梅雨明け宣言」が間違っていたのだろう。
近郊の山百合の名所が見ごろを迎えていそうだったので犬の散歩を兼ねて出かけて来た。
ちょうど最盛期で見事に咲きそろっていた。
通っている写真教室の別のクラスが撮影会に来ていた。
午後から大雨の予報が出ていたので、ポツポツ降り始めたころに早々に引き上げた。

2022年7月14日 (木)

今夏のイベント第1弾終了!

梅雨明け猛暑のあとの台風豪雨と長雨、異常気象下で始まった今年の夏。今後どのような夏になるのか予測不能である。
マレーシア駐在の長男一家が6日から13日まで夏休みで帰省していた。預かり犬は再会を大喜び!
途中で二泊三日で東北旅行に出かけて楽しんできたようで彼らには良い思い出作りが出来たことと思う。
幸いこの一週間は曇続きで猛暑に襲われることなく過ごせたのは助かった。
受け入れ側の後期高齢者夫婦にとっては、嬉しさ・楽しさはあるものの、それなりに体力も使ってやや疲労気味。
今日からまたワンコと老夫婦の静かな日常が始まった。

我が家の一大イベントは無事終了し、一服したら旅に出ようと思っているが、コロナが急速に息を吹き返してきて悩ましい所である。夫婦とも第4回目の接種は済ませたが、もう少し様子を見て決めることにしようと思う。

Dsc01966_r

2022年7月 4日 (月)

酷暑をいかに乗り切るか‼

今年もはや折り返し点を過ぎた。
それにしても梅雨明けと猛暑到来が早すぎる。
6月28日から2泊三日で姉の葬儀のため大阪に出かけてきた。前回は4年前の兄の葬儀だった。
コロナのことも気がかりではあるが、兄弟姉妹の葬儀には顔を出したかったので意を決して出かけた。
これで7人兄弟の上6人が天に召され末っ子の小生だけが生き残っている。
普段ご無沙汰ばかりしているので菩提寺に墓参りして墓前で両親に近況報告もしてきた。この次はいつお参りできることやら・・・。
とにかく大阪の3日間は暑かった。
仙台に戻ったら、こちらもつゆが明けて酷暑続き‼
昨日はワクチンの4回目接種を済ませた。
接種会場は閑古鳥が鳴くほど空いていて受付から接種完了までわずか5分。1回目の時の騒ぎがうそのようだった。
今週後半にはマレーシア赴任中の長男一家が一週間ほど帰省する。孫たちの元気な顔を見るのが楽しみだ。台風の影響で天気は良くなさそうだが暑さは少し和らぐか?
20日過ぎまでは何かと予定が入ってるが、それが済んだらいよいよ北海道旅行の準備に入りたいと思っている。
北海道も暑いのだろうな~~~。

2022年6月 1日 (水)

準備万端なれど

今日から6月。
コロナ禍の中なんだか落ち着かない日々を送っているうちに今年も半分を過ぎようとしている。
ウィズコロナが定着し始めて世の中もそこそこ動き始めたようだ。
家にいる間、来たるべき車旅に備えてあれこれ改良(?)を進めてきた。改良の方向性は車内で電化製品を気軽に使える環境づくりである。
昨年購入した1000Wポータブル電源を活用すべくIHコンロのほか多用途ミニグリルを新たに追加した。
ミニグリルはホットサンド、焼き肉、炒め物、たこやき等が作れる優れものだが、いかんせん基本おひとり様用でミニである。それでも使い方次第で高齢夫婦なら何とかなりそうだ。
使用する家電が増えると電源が心配になる。
そこで従来サブバッテリー専用で使っていたソーラー充電をポータブル電源にも引き込むべくソーラーケーブルに分岐パーツを付けて双方任意に充電できるように改良した。
恐る恐るの工事だったが思いのほか簡単にできた。
これで車旅の装備は万端整った(つもりである)が、6月半ば過ぎまでは我が家の雑用が片付かず、7月初めからは海外赴任中の長男一家が夏休みを利用して2週間ほど帰省する予定になっており、当分お出かけはできそうにない。
7月下旬から8月には久しぶりに北海道に出かけるつもりでいるのでそれを楽しみに、4回目のワクチンでも打ってじっと我慢の日々を送ることにしよう。

Img_20220601_124319Img_20220601_114437Img_20220601_114545

2022年5月 5日 (木)

排水管工事

雨水の排水管が詰まって水が溢れるようになっていた。
梅雨までには何とかせねばと思っていたが、排水管が太い木の根に接触していて手が付けられなかったが、庭木の移植を頼む機会にその木を掘り起こしてもらった。
管に穴をあけて様子を見たら、案の定パイプの継ぎ目あたりから木の根が入り込み管をぎっしり埋め尽くしていた。
思い切って屈折している継ぎ目を切り落として何とか詰まっていた根っこを引っ張り出した。(これでは水が流れないわけだ!)
44~5年放置しておいた結果である。
開けた穴と切り取ったパイプ部分をどう塞ぐか考えあぐねた末に、ホームセンターで「パイプ凍結防止カバー」を見つけ、これで何とかなるだろうとトライしてみた。
プロに頼めばン万円は掛かるであろう工事をわずか4百円程度で自力で治せたのだから「我ながら大したもの」と自画自賛。今後の補修も簡単にできる。
これでいつ梅雨の雨が降ろうと心配ない。

Img_20220502_161319Img_20220502_150139Img_20220502_161310Dsc01621Dsc01625

庭木の移植

実家を処分するにあたり思い出を残す意味合いもかねて実家の植木の一部を我が家に移植することにした。
この際、我が家の大きくなった植木を整理して気分一新を図ることに。
猫の額ほどの庭ではあるが、かなりすっきりしたようだ。

Dsc01599Dsc01605Dsc01618Dsc01638Dsc01639

より以前の記事一覧