2018年6月 3日 (日)

一軒の本屋

この春、とある場所に一軒の本屋がオープンした。
本好きの家内が新聞かTVニュースで知ったらしい。
機会があったら是非行ってみたいと言っていたので昨日ドライブがてらに出かけた。
場所は福島県南相馬市小高区、そこは福島原発から20キロほどの所でその先(南)数キロで密閉された車以外は通行止めになっている。いわば現在人間の住める境界線に近いところである。
本屋の店主は芥川賞受賞作家の柳美里さん。
2015年に小高駅前通りに移住し自宅を改造して小さな本屋「フルハウス」を開店した。
本数の少ない常磐線を利用して通学する学生の時間つぶしの場としても利用でき、地域の人の憩いの場ともなるようにと「立ち読み自由」をモットーにしているとのこと。
自宅を改造したと言うだけあっておおよそ本屋とは思えない(せいぜい喫茶店かと思える程度の)佇まいであった。
店内は狭いが、店主の意思のくみ取れる品揃えとレイアウトで、こんなところにこんな洒落た空間があるのかと少し場違いな気さへした。
柳さんとほんの短時間だったが話ができた。
震災直後の2011年4月にこの地を訪れて何か感じところがあったようだ。
当時としては誰もが回避したがったであろう土地に住み着くことを選び、地域に貢献しつつ馴染んで行く彼女の生きざまに敬服する。
読書嫌いの小生ではあるが、一冊の本の「帯書き」にひかれて購入した。これを機に少しは活字に親しむこととするか。
別の話ではあるが、当時原発規制員会の委員長であった方も、退官後この近くに移住して「原発廃棄物処理」について住民ともども真剣に取り組んでおられる。
お二方とも身を挺して「原発事故後」に向き合っておられることに頭の下がる思いである。

小高地区は居住可能地域とは言えいまだに空き地・空き家が散見された。「真の復興」の実現される日が一日も早く到来することを望まずにはいられない。

_dsc3818_r_2 _dsc3819_r_2 _dsc3821_r_2







2018年5月 9日 (水)

GW旅の記録

4月27日から5月3日までの旅の記録をデジブックにしました。
今回の旅のねらい目は、新潟県長岡の「栃尾の油揚げ」、「モネの池」、「うだつのある街美濃商家街」でしたが、道すがら見どころ発見で楽しい旅が出来ました。

予定外の出費もありましたが、おかげで旅の間は事故も違反もなく過ごせました(トサ!)。

http://www.digibook.net/d/4e548337904bbe05aa443ba2fbccfd07/?viewerMode=fullWindow

2018年5月 4日 (金)

旅の終わり

明け方には雨も小やみになり、早々と食事を済ませて日本海沿いを北上開始。
雨は降ったり止んだりの繰り返し。風は結構強い。
「道の駅能生」で休憩し、柿崎ICから荒川胎内ICまで高速に乗り、あとは国道で山形経由で仙台へ。
買い物をして19時に無事帰宅した。

6泊7日、1,660キロの春の車旅も無事終了した。
お天気がイマイチなので後片付けには少し時間がかかりそうである。

今回も新たな発見もある楽しい旅ができた。

_dsc3720_r_r _dsc3724_r_r



5月2日、6日目の旅

快晴も昨日までで今朝は曇り空。
お天気も下り坂で気温も下がってきた。
「道の駅ななもり清見」を8:25に出発して高山の街並み散策に向かった。
車を高山城址公園の駐車場に停めて街へと下りた。
連休谷間の平日とあって人出はやや少なめとは言え上三之町は相変わらずの賑わいだ。修学旅行の生徒も大勢目に就いた。
「飛騨高山まちの博物館」は旧家の屋敷を改装して作られた綺麗な建物で、いくつもの蔵などを展示室にして祭り、文化、歴史などをわかりやすく紹介しており勉強になった。とりわけ「円空佛」コーナーには興味を惹かれた。
昼食を含めゆっくり4時間滞在して帰路に就いた。
途中「宇津江四十八滝」の標識が目に入ったので寄り道したら、素晴らしい渓谷だった。
緩やかな山の斜面を流れる渓流がいくつもの滝をつくり、しばらく進むと大滝も現れる。変化に富んだ地形であり新緑と滝との調和が実に素晴らしかった。
時間の都合もあり入口から5~6個の滝しか見なかったので次回はゆっくり滝巡りを楽しみたいと思う。
宿泊予定の「道の駅なめりかわ」近くの風呂は定休日ということで、山間の「みのり温泉」に浸かって駅に戻った。
どうやら雨が本降りになり風も出てきた。
明日は大荒れか?

_dsc3676_r_r _dsc3679_r_r _dsc3696_r_r







2018年5月 1日 (火)

折り返し点に到達

昨日は曇りがちの一日だったが昨夜から天気が回復し今日は快晴真夏日の一日となった。
ハクが未明から「クンクン」騒ぎ出し、水を飲ませたり散歩させたりでこちらはすっかり寝不足に。
8:15に出発して、まずは郡上八幡のお城と街歩き。
お城への細くて急な坂のドライブは冷や汗ものだった。
思いのほか立派で絵になるなお城で苦労が報われた気がした。
例の罰金を地元の信用金庫から送金して胸のツッカエを下してから美濃のうだつの街並みを見物した。全国各地に似たような街並みが保存されているものだ。
ココが今回の旅の終着地なので、帰路の最初に飛騨高山に向かって北上を開始した。道は「ライダーの聖地」とかで実に多くのライダーたちと遭遇した。
寝場所と風呂の選択に悩みながら今宵の宿は高山近くの「道の駅ななもり清見」に構えた。
明日からは天気が下り坂に向かうので、午前中に高山の街を散策してから帰りのルートを決めようと思っている。

_dsc3596_r _dsc3633_r _dsc3652_r







2018年4月29日 (日)

富山県から岐阜県へ

今朝は5時起床。
何と、駐車場はほぼ満杯で第二駐車場も含め約300台はあろうかと思われた。
今日は「富山湾サイクルレース」があると言うことでその関係者の車も有ったとは思うが、それにしてもこれほどの混みようは尋常ではない。
7時に出発して南砺市の「道の駅井波」近くの高台に上り、砺波平野の「散居集落」の絶景を眺めた。
まだ田んぼの水は半分程度しか入っておらず、全面に水が入ったころの赤く染まった夕景はまさに絶景であろう。次回はそのころを見計らって再訪したいものである。

_dsc3341_r _dsc3364_r _dsc3414_r









その後五箇山合掌造りの集落(相ノ倉、菅沼)に立ち寄って岐阜県に下り「道の駅桜の里荘川」に宿を構えた。
途中「白川郷」で大渋滞に遭い、30分以上タイムロスをした。(今回は白川郷は予定に入れていなかった。)
砺波からの庄川沿いのドライブは新緑とエメラルドグリーンの水と白山の残雪が目と心を慰めてくれて実に快適だった。(渋滞区間を除いて)
明日は今回の旅の最大の目的を果たしに更に南下する。

2018年4月28日 (土)

旅の二日目、セーフ!

昨夜泊まった道の駅は田んぼ地帯の中にあり、トラックなどもなく(と言うか、車は広い駐車場に数台のみ)安らかに眠ることが出来た。
朝ドラを見て8:40に出発。今回の旅の眼目の一つ、長岡市栃尾の油揚げを目指して南下を開始。
10時に道の駅栃尾に到着し、憧れの(?)揚げたて油揚げネギ付き(300円)を二人で仲良く分け合って食べた。
ジューシーでアツアツ、「これが・・・」美味!
仙台の名物「定義の三角揚げ」とは違った食感だ。
今夜の寝場所は「道の駅氷見番屋」と決めていたので11時には栃尾を発ったものの、途中あちこち寄り道していたら予想外に時間を食い半分ぐらいは高速を利用する羽目に。
GWの交通取り締まりには力を入れているのか数か所で検問・ネズミ捕りを見かけた。今日は何とかセーフ!!
氷見の道の駅に17時に到着。駐車場はほぼ満杯。
隣接の温泉で疲れを癒し「ますのすし」で豪華夕食を済ませた。
夜が更けても駐車場はキャンピングカーを始め多くの泊り車両で90%以上ふさがっている。車中泊ブームもここまで来たか!の感がある。
明日は飛騨から岐阜方面に向かう予定にしている。

_dsc3313_r _dsc3317_r _dsc3320_r








2018年4月27日 (金)

旅の初日は・・・

9時半に家を出発。
今日は平日のため高速道路は使わず頑張るう~~~。
ところがところが、宮城県から山形県に入る手前でスピード違反で捕まる。(トホホホホ~)
前の車と気持ちよく走っていたら急に前の車が捕まった。
脇を抜けようと思ったらこちらも呼び止められた。
21キロオーバーで罰金15,000円。
慇懃な交通警察官の物言いに腹を立てても始まらず、素直に罰を受けることにした。
高速料を節約しようと思ったのに何倍もの無駄遣いをしてしまった。(あれだけあればどこまで高速を利用できたかと思うと腹立たしい。)

新潟の北端「道の駅関川」で休んで日本海沿岸の南下を開始。
今宵は新潟港外の「道の駅花夢里にいつ」に宿を構えた。
泊り車は殆どなくひっそりとしている。
明日は長岡の豆腐屋によって富山方面に向かう。

_dsc3296_r _dsc3305_r _dsc3310_r







2018年4月26日 (木)

明日から当てなく出発

GWを控えてお天気も回復。
数日は初夏の陽気が希めそうである。
GWはかなりどこも混雑しそうであるが、北陸東海方面に当てもなくのんびり出かけることにした。
TVの旅番組で見たお店や風景、雑誌や写真集で見た撮影スポットなどを探しながら何箇所かは回りたいと思っている。
新緑も見ごろを迎えているだろうし、とにかく今年の初旅を楽しもう!

2018年4月 6日 (金)

超速で届いた桜

仙台でも例年より10日以上早く3月30日に開花した桜。
4月4日に満開を迎え、快晴に恵まれた5日に一日がかりで名所・穴場の桜を追いかけました。

http://www.digibook.net/d/3595e93f918bbe08ba0ca332c9c5fd11/?viewerMode=fullWindow

より以前の記事一覧