2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年6月18日 (日)

のんびり滝巡り

朝の内は快晴。日中は高曇り。
昨夜はトラックの音に悩まされて熟睡とはいかなかった。
9時前に出発してとりあえず近くの滝へ行こうと走り出したら、今日は鳥海山麓の自転車ロードレースが開催されていて一部道路が通行止めに。
やむなくルートを変更してまずは「元滝」へ。
世に滝の数はおおけれどこれに勝る滝はそうはあるまい。(趣味・好き嫌いの問題はあるが)
時期が遅くて山つつじは咲いていなかったが、何度見ても見飽きない滝(湧水群)である。
駐車場で昼食を済ませて昼寝休憩。
その後そこからほど近い「奈曽の白滝」へ。
ここはどうやら初めて立ち寄ったのか過去の記憶がない。
こちらは水量が多く「瀑布」と言ったところか。
駐車場から金峯神社の境内を抜けて滝つぼまで下りる石段は急で結構長くいささか参った。

もう一箇所回る予定をしていたが、寝不足と疲労で観光は早めに切り上げて、午後4時に「道の駅東由利」に到着した。
温泉併設でおまけにスーパーマーケットまであって実に便利な道の駅である。
トラックも少なそうで、かつ駅ビル裏にも駐車場があるので今夜は静かに眠れそうである。

さて、明日は明日の風に任せよう。

Dsc09992_r Dsc09984_r Dsc00010_r








2017年6月17日 (土)

思い立ってのクルマ旅

今週末は孫君が遊びに来ないというので、2~3泊の予定で急遽旅に出ることにした。
かねてから酒田の港のにある海鮮料理屋に行ってみたいと思っていたので日本海を目指した。
途中、羽黒山に立ち寄った。
鬱蒼とした杉の大木に囲まれたいかにも”羽黒山”といった霊験新たかな空気に包まれていた。
出羽三山神社はものすごく大きな茅葺の社殿で目を疑ったほどであった。
三時間近くを羽黒山で過ごして酒田港へ。
海鮮市場の二階の「とびしま」の海鮮料理は値段がすこぶるリーズナブル(高くても1500円程度)で料理は抜群。
「数量限定」と特別料理にはありつけなかったが、千円のお刺身定食は、中身充実で満足のいくものであった。
また来たくなるような店は大いに繁盛しているものだ。
今宵は「道の駅象潟」で泊まることに。

明日は近郊を気の向くままに走ってみる。

Dsc09918_r Dsc09925_r Dsc09953_r







2017年5月24日 (水)

GWの旅のデジブックを作りました

ゴールデンウィーク前半に出かけた上越・北信クルマ旅をデジブックにしました。
今や当時の若々しい新緑も色濃くなっていることでしょう。

一区切りつくと、また旅の虫が騒ぎ出します。
来週あたりにプチ旅にでも出かけようかな~。

http://www.digibook.net/d/a695ab9fa00c9495bba6292213d7fd07/?viewerMode=fullWindow

2017年5月20日 (土)

新設道の駅探訪

夏日続きの初夏の陽気に誘われて昨日は福島に新しく開設された「道の駅くにみ」へ行ってみた。
5月3日にオープンしそろそろ人出も一段落したかと思って出かけたが、広大な駐車場は満杯状態で入場に車列が出来ていた。
食堂、産直、土産物売り場のほかに保育園も顔負けの乳幼児用プレイルームや屋外公園があり、屋根付き休憩スペースや広い休憩室も設置されていた。
トイレは素晴らしく奇麗で高速道路のSAを越えるほど。
単なる道の駅ではなく地域の交流施設として設計されているようである。

駅で食材を調達して近くの山にある半田山自然公園に向かいそこで昼食とあたりの散策をした。
この公園は大きな溜池を中心に遊歩道を巡らせて、春には桜、秋には紅葉を楽しむ行楽地になっている。
この季節はツツジと新緑が池の水に映えて実に心地よかった。
帰路、福島・宮城県境の峠にある万蔵稲荷神社に立ち寄った。
参道は赤鳥居のトンネルで絵になる。

車改装の試運転を兼ねたプチドライブだったが、不具合が一箇所見つかり、帰宅後早速修正を試みた。

今日からは青葉祭りが始まる。
伊達政宗誕生450年ということで例年より盛大な祭りになりそうだ。

Dsc09565_r Dsc09590_r Dsc09598_r







2017年5月 3日 (水)

渋滞に巻き込まれながら早めの帰宅

夜明けが早くなったせいか今朝は4時過ぎに目が覚めた。
ハクの散歩を兼ねて喜連川河畔を散歩し、早めの朝食を済ませた。
新装なった道の駅の館内をゆっくり見て回ろうかとも思ったが開店が9時ということで今回は諦めて7時に出発した。
那須まで国道を走り「道の駅明治の森磯」で一休みして「GW帰省ラッシュの前に」と那須ICから東北道に乗って北に向かった。
途中何か所もの渋滞に巻き込まれながら、何時もより1時間余り時間を要して仙台にたどり着いた。
スーパーで買い物を済ませて15時ちょうどに帰宅した。

今回は前半は以前に通ったコースだったが新しい発見もあり、後半のコースは新たな景色に感動続きと満足な旅が出来た。

これから写真の整理をして改めて旅を振り返りたい。
デジブックにもなるべく早くまとめたいと思う。

2017年5月 2日 (火)

快晴の志賀高原はサイコー

快晴の朝を迎えた。
北の空気に入れ替わったのかやや冷たさを覚える朝の空気は目覚めを促してくれる。
ゆっくり朝食を済ませて9時過ぎに湯田中温泉の道の駅を出発。
幸い渋峠から草津までの292号線の通行止めは解除されており、志賀高原ルートを快調に走ることが出来た。
高度が上がるにつれて残雪が多くなり、スキー場では春スキーを楽しむ光景も見られた。
志賀高原丸池、横手山ドライブインからの見晴らしは素晴らしかった。
北アルプスの連山が端から端までくっきりと見えた。
雲一つない青空に光る連山の残雪は実に美しい。
「国道日本最高地点」を過ぎて草津温泉に向かった。
草津温泉は多くの観光客でごった返し、駐車場も確保できなかったので「湯畑」の脇を車で通ってそのまま次の地点へ移動した。
「道の駅六合」で昼食と休憩を済ませ、「道の駅八ッ場」に立ち寄る。
橋の上から下流方向を覗くと、ダムに沈む村の跡の整備作業が大詰めを迎えているらしかった。

帰路の予定の日光ルートを止めて、新装なった「道の駅きつれがわ」へ向かうことにした。
午後の睡魔に襲われながら前橋まで下り、「道の駅よしおか温泉」で一休み。(ここは前回泊まった時に「空の旅人さん」が面会に来ていただいたところ)
15:25に前橋を発って18:00に「きつれがわ」に到着。
駅舎はすっかり模様替えして立派になっていた。
早速温泉で疲れを癒してチョッと遅めの夕食を摂った。
駅の閉店間際に「半額商品」を手に入れることが出来たので、ちょっぴり豪華な夕食になった。

明日は帰路に就くことにしているが、GW後半の初日だけに下り道路は混雑・渋滞が予想される。
まあのんびり帰ることにしよう。

Dsc09446_r Dsc09459_r Dsc09479_r







2017年5月 1日 (月)

予報通りのお天気

予報通り夜明けごろからポツポツと降り出した。
朝食は7:30から開けている道の駅のお洒落なカフェレストランで優雅にチーズオムレツセットで済ませることにした。(車中泊有史以来初の出来事)
予報では午後3時までは雨と言ことで、山へ向かうのを遅らせるため小布施の町に寄ることに。
北斎館、高井鴻山記念館、おぶせミュージアム、岩松院と小布施にまつわる美術鑑賞をたっぷりと楽しんだ。
高井鴻山は北斎のスポンサーとして活躍した小布施の豪商かつ美術家。
おぶせミュージアムでは中島千波の花の絵画。
岩松院では北斎直筆の見事な天井画に見入った。
そうこうしているうちに雨は上がり日差しも見られるようになった。天気予報ピッタシカンカン!
午後3時に小布施を発って草津温泉に向かって走り始めた。
途中、中野市の「道の駅やまうち」に立ち寄ったら、白根山付近は火山ガス濃度の上昇で通行止め(迂回路あり)との掲示があり、今日はこの駅で泊まることに。
すぐ近くの湯田中温泉「楓の湯」(湯田中駅に密着・300円)で汗を流してゆっくりと夜を迎えている。
夕方から気温が下がって肌寒い。
明日は快晴の天気になるようだ。

Dsc09386_r Dsc09392_r Dsc09416_r







2017年4月30日 (日)

初夏の二日目

快晴の朝、8:30に出発して二年前と同じルートで「荻ノ島茅葺の里」を経由して松之山の棚田群(蒲生の棚田、儀明の棚田、星峠の棚田)に回った。
二年前より雪解けが早く、ほとんど残雪は見られなかった。
棚田を過ぎて、今回の目的地の一つ「美人林」へ。
ブナ林の根明けを期待していたが、雪は残っておらず眩いばかりの新緑で心が洗われた。
美人林から野沢温泉に向かい、「ふるさとの湯」で早めの入浴を済ませて15:30に今宵の宿「道の駅千曲川」に到着した。
河川敷の菜の花畑は満開で見事だ。
今回は日没時の撮影に挑戦した。
夕焼けを期待していたが、晴れすぎたせいかチョッと残念な結果に終わった。

今日は快晴・25℃を超す暑さで閉口気味だった。
明日の予報は芳しくないが、良い方にずれてくれることを期待しながら一夜を過ごそう。

Dsc09304_r Dsc09322_r Dsc09378_r







2017年4月29日 (土)

晩春・初夏の旅を開始

GWに突入と共に今年初の本格的クルマ旅を開始した。
一昨年も通ったコースだが、日本海側に抜けて新潟県柏崎の奥の「道の駅じょんのびの里高柳」で第一夜を迎えている。
午前中は快晴で、福島の吾妻小富士に現れる「種まきうさぎ」もくっきりと見えた。
午後から曇り初め、予報通り日本海沿岸を南下するにつれて雨になった。
午後4時半ごろにここに着いたときは雨が降っていたが、こちらも予報通り5時半ごろには雨が上がり、日差しも出てきた。
明日は夏日になるらしい。
明日は松之山方面に向かい「美人林」を見てから長野県に抜けて「道の駅千曲川」を目指す。

Dsc09273_r Dsc09276_r Dsc09282_r







2017年4月 1日 (土)

初めての一人旅も無事終了

昨日から寒くなり隅田川の桜もほころび程度だった。
昨日は一日中歩き回ってへとへとになりぐっすりと眠った。
朝8時に車を出して、雨交じりの中常磐高速を経て午後3時に帰宅した。
写真の整理に取り掛かったが一筋縄では行きそうにない。
まあ焦らずこなすことにしよう。
今回は100%マイペースの旅だったので写真撮影も存分にできたが、食事に関しては多少問題点が残った気がしている。食事のバランスを考えるのは結構厄介なことが分かった。
新しい旅のスタイルもよいものだ。

より以前の記事一覧