2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2021年10月14日 (木)

十和田湖で一泊プチキャンプ

先日アウトレットをぶらついていたらアウトドアショップで手軽でバーベキューにも焚き火にも使えそうなギアを見つけて買ってみた。
早速使い勝手を試しに十和田湖畔のキャンプ場に出かけて来た。
紅葉には少し早かったが湖を眺められる林間のサイトはなかなかのものだった。
電源付きオートサイトで1,700円ほど。入場料(二人1,000円)を含めても2,700円程度で利用できるのはリーズナブルであろう。
コンロの火起こしについて何通りか試したが、練炭の周りに着火剤または新聞紙と枯れ枝を置いて着火するのが発煙も少なく簡単なようだ。
バーベキューのあと、残り火に拾ってきた枯れ枝などをかぶせると焚き火も結構楽しめた。
今月下旬から信州方面へ一週間程度の車中泊旅行を計画中であるが、どこか適当なキャンプ場を見つけたらキャンプも楽しみたいと思っている。

Dsc_0445_rDsc_0436_rDsc_0439_rDsc09623_rDsc09676_rDsc09678_rDsc09638_r

2021年9月27日 (月)

二泊で切り上げ

昨夜は満天の星空で少し冷え込んだ。
朝は雲一つない快晴で日差しが暖かく感じられた。
9時に道の駅を出発し近くの青葉湖、世増ダム(ヨマサリダム)を見て中山間地の里山風景を楽しみながら久慈に出た。
久慈から松島まで三陸道を経て午後6時に帰宅した。
三陸道の奥松島以北は無料共用区間で大いに助かる。
本日の走行距離は404Kmと近年まれな長走行となった。
クルマの要改善点も見つかったので少し工夫を加えて次の旅に備えよう。

Dsc09372_rDsc09389_rDsc09397_r

二日目・三陸海岸巡り

静かなキャンプ場で朝を迎えた。
夜は曇り空だったので冷え込みはなく安らかに眠れた。
のんびりと朝食を済ませて黒崎の海岸・灯台・北緯40度塔などを見てからキャンプ場に戻り、片づけを済ませて11時前にキャンプ場を後にした。
黒崎から車で10分ほど離れた北山崎に立ち寄り。
昨年秋に夜明けの岬を取りに来たところである。
今回は第1展望台から階段を下りた第2展望台まで足を延ばした。聞きしに勝る急階段を千段以上下りたとこにあり、北山崎の断崖を間近に見ることが出来た。
その後海岸美を楽しみながら青森県八戸市近くの種差海岸に立ち寄った。
広大な芝生広場の先に太平洋を駆け来る白波が岩に砕ける景色はなかなかの見ものであった。
八戸市街の銭湯で入浴を済ませ、八戸から30分ほど南下したところの「道の駅なんごう」で二日目の夜を過ごした。
車中泊車両は他になくひっそりとした一夜となった。

Dsc09302_rDsc09319_rDsc09346_r

2021年9月26日 (日)

近場で車中泊

天気が良さそうなので2~3泊程度の車中泊の旅に出かけた。
昨日9時過ぎに出発して357Km北上し、岩手県三陸海岸の久慈の南、黒崎まで来た。ここには国民宿舎とオートキャンプ場があり、国民宿舎の絶景風呂から太平洋を眺め、キャンプ場でまったりとした時間を過ごした。
このオートキャンプ場は林間にあり、よく整備されている割に2,000円はリーズナブルである。
泊り客はそこそこいるが、おひとり様やシニアがほとんどでマナーもよく静かである。
今朝は曇っているが午後からは晴予報。
昼までキャンプ場でのんびりして午後から海の景色でも楽しみながら次の予定を考えるとしよう。
Dsc09272_rDsc09281_rDsc09285_r

2021年9月 4日 (土)

撮影スポットの下見

先日フリーな時間が出来たのでかねてより行ってみたいと思っていた鳴子温泉近くの潟沼に出かけて来た。
道路事情や現地の様子が分からず家族では出かけていなかったが、向かってみると道路も現地の状況も予想以上に問題なく、今後のお出かけスポット、撮影スポットとして良い場所であることが分かった。特に秋は素晴らしいだろう。

2021年7月18日 (日)

三日目・最終日

今日も快晴猛暑の一日。
帰宅ルートをいくつか考えた末、避暑を兼ねて津軽富士(岩木山)8合目までドライブすることに。
1,247メートルの8合目駐車場展望台からは昨日訪れた津軽半島の平野と海岸線、日本海、さらには北海道の山々まではっきりと展望できた。日差しは強いもののさすがに肌をなでる風は下界より涼しかった。
山を下りて弘前城近くの武家屋敷街を見学した。
余りの暑さで車から降りるのも憚られ、通りには全くひと気がなかったので碁盤の目状の屋敷街を車で巡り、車窓見学をさせてもらった。一般公開している武家屋敷が数件あるようだがその他は一般住宅で、どこの家も立派な生垣か木の塀に囲まれていて往時を偲ぶには十分な街区になってて見学し甲斐があった。
昼前に弘前を離れ、近くの「道の駅いなかだて」で昼食休憩をして13:30に出発、黒石インターから高速道路で一路我が家を目指し17:30に無事帰宅した。

梅雨明けと共に酷暑の夏となり、予想外に暑さとの戦いにはなったが、とにかく今年初めての車中泊旅行は思い出に残る旅となったのは間違いない。
反省点もいくつがあるが、それはそれで次回に活かそう!
Dsc08981_rDsc08998_rDsc09027_r

下北半島「発見の旅の旅」

夜は疲労とWiFiの調子が思わしくなく、18日帰宅後の日記アップになってしまった。
17日夜は暑さもあって眠りが浅く、5時ごろには起床した。
快晴の強い朝陽と共に気温も急上昇してきたので早い朝食を済ませて6:45に道の駅天王を出発し北上を開始した。
海沿いに出てからは綺麗な海岸線の撮影をしながら昼頃に鰺ヶ沢までたどり着いた。
木陰を見つけて1時間ほど昼食休憩を取り、旅の目的地「津軽半島西岸」の湿原地帯を目指した。
観光地としては(多分)マイナーな地であまり知られていないと思うが、南北を貫く「メロン通り」沿いには無数の沼が散在し湿原もある。日本海からの風を受けて立ち並ぶ風車群も凄い。
ベンセ沼脇のベンセ湿原に立ち寄った。
コロナ禍の影響で手入れが行き届いておらず見通しの悪い所も多かったが、湿原には百合の花が出迎えてくれた。(ベストシーズンは6月上旬のニッコウキスゲらしい)
湿原を出て更に北に向かい、高山稲荷神社に向かった。
なぜこんなところに立派な稲荷神社があるのかは浅学故不明であるが、ここの見どころは「千本鳥居」。
上り下り二百余段の石段を猛暑下で往復するは苦労ではあったが一度見てみたいと思っていた「千本鳥居」は見ごたえがあり、苦労の甲斐があった。
午後3時過ぎに酷暑の神社を後に南下して、寄り道しながら入浴も済ませ、18:20に「道の駅もりた」に宿を構えた。
一日中雲一つなく、日差しは肌を刺し、体感温度35度は下らないと思われる酷暑との戦の一日だった。

Dsc08854_rDsc08915_rDsc08946_r

2021年7月17日 (土)

ワンコ連れ旅の再開

東北も梅雨明けした昨日、ワンコ連れ車旅の試運転を兼ねて下北半島の旅に出かけた。
10時に我が家を出発し、山形経由で酒田から日本海沿いに北上し、いくつか道の駅を経由して秋田の「道の駅天王」で車中泊。
新しい旅ともワンコ「エルマー」は車大好きで機嫌よく車中で過ごし、夜もおとなしく眠ってくれていた。
どうやら車中泊の旅を今後も楽しめそうである。
ワクチン接種後2週間を経過しているので、注意しながらも少しずつ行動範囲を広げたい。
今日は下北半島の隠れた名所を巡る予定である。

 


 


Dsc08836_rDsc08846_rDsc08849_r

2021年5月11日 (火)

蔵王ドライブの動画を掲載

先日の蔵王ドライブの様子をスライドショーにしてYoutubeに載せました。
前半はスチール写真、後半は動画で構成してみました。
練習中なので満足なものは出来ていませんが、もし時間が許せばご覧ください。10分近く掛かりますのでお含みおきのほど・・・。

2021年5月 7日 (金)

GW明けに蔵王へドライブ

STAY HOME のGWも終わり退屈しのぎに昨日蔵王へドライブに出かけた。
快晴の一日で久しぶりに晴れ晴れとした気分に浸ることが出来た。

新緑と残雪の蔵王
https://zuiso.net/topic/detail/42527

より以前の記事一覧