2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月30日 (木)

写真展も無事終了

26日(日)に写真展も閉幕を迎えた。
コロナ禍を経ての4年ぶりの開催で、会員の入れ替わりもありやや不安もあったが、力作が揃って評判も上々。
ただし来場者数は前回の半数以下で寂しさも残る。
要因としてはコロナ禍、インフルエンザの流行など外出控えの他、近年の写真を取り巻く環境変化が考えられる。
少し前までは「写真」に関する特別感もあって「良いカメラで良い写真を撮って誰かに見せたい」思いがあったと思うが、最近はスマホ全盛で、インスタなどに載せて気軽に楽しむ傾向が強くなっている。
それだけ写真が一般化して「見に行く」よりも気軽に「スマホでお互いに見せ合う」スタイルが主流になっている為か????

 

展覧会が終わった後、準備段階から閉幕・撤収までをまとめた記録DVDを制作した。
今回は画質の良いブルーレイDISKも作り、動画も含めたスライドショーにまとめた。
今回も全会員に配ることにしているが、喜んでもらえるだろうか。(第5回に始まり今回の14回まで10作目になる)
Img_20231121_162008_rDsc07834_rImg_20231130_185753_r

2023年11月20日 (月)

明日から写真展

コロナ明け初のクラブ写真展が明日から始まる。
今回で14回目の展示会。
今日午後に総出で作品の展示作業を行った。
コロナ休会中に会員の入れ替わりもあり新たな気分での再出発となった。
展示点数も多く、中々見栄えのする展示になったと思っている。
明日からの来場者の反応が楽しみだ。
指導顧問の助言もあり、会員の了承を得て小生の「全国車中泊旅の記録」写真集(とりあえず北海道と九州編)もテーブルに置かせてもらう事になった。
明日は当番で午後からか一場に出向くことになっている。

Dsc07778_rDsc07744_rDsc07749_r

2023年11月 3日 (金)

プチ旅終了

旅の最終日、道の駅「あねっこ」を8:45に出発し、久しぶりの小岩井農場に立ち寄って、一路我がを目指して15:15に帰宅した。
秋晴れで周囲の紅葉が日に映えてとても綺麗だった。
小岩井農の有名な「一本桜」に立ち寄った。
随分前になるが桜の時期に撮影に訪れたが、その時は車を停めるのに苦労した。今は駐車場も整備されている。
岩手山を背景に秋の草原に佇む一本桜の木も趣がある。
帰路、道の駅「南部杜氏の里石鳥谷」で一休み。
駅全体がすっかりリニューアルされて見違えるようにきれいになっていた。駅脇の公園の紅葉が実に綺麗だった。
道の駅もリニューアルが進んでどこも綺麗になっているのには驚かされる。
車中泊旅行組には大変ありがたいことだ。
連休の初日で人出も予想されたので、ほかには立ち寄らず早めに帰宅することにした。
連日快晴で混雑にも合わず、連休前の快適な三日間の旅が楽しめた。

Dsc05593_rDsc05598_rDsc05617_r

2023年11月 2日 (木)

岩手・秋田の紅葉を満喫

昨夜、夜中に雷鳴と風雨で起こされた。
深夜零時から三十分余りの短い時間だったが、愛犬も怖かったのかしばらく吠え続けていた。
朝は雲はかかっていたが、8時ごろから青空もちらほらと見え始めた。
錦秋湖の道の駅から湯田駅の途中で湖を渡る鉄橋の絶景スポットを昨日見つけていたので、電車の通過時間を見計らって8:20分に道の駅を発った。
路肩の少し広まったところに車を停めて列車の通過を待った。8:45分ごろに一両の列車が通過するところを撮影できた。
撮影を終えて紅葉の綺麗な国道筋をすすみ、横手、美郷を経由して角館を目指した。
角館は思いのほか人出も少なく、武家屋敷の黒塀と紅葉の綺麗な街並みの撮影ができた。
角館をのんびり観光した後、田沢湖経由で雫石の道の駅「あねっこ」に宿を構えた。
道中の山々は紅葉も盛りで快適ドライブを満喫できた。
今宵の道の駅には温泉施設が併設されてい、てゆっくりとした一夜を過ごしている。
昨夜の「道の駅錦秋湖」も今宵の「あねっこ」も、休憩室が24時間利用可能で、パソコン仕事が楽にできるのは大助かりだ。
明日は小岩井農場に立ち寄って早めに帰宅する予定である。

Dsc05517_rDsc05554_rDsc05577_r

2023年11月 1日 (水)

連休前に紅葉狩り

秋晴れが続きそうなので思い立って岩手・秋田方面に旅に出た。
平泉金色堂は多くの中国系(台湾?)観光客で賑わっていた。紅葉は「見ごろ一歩手前」と言ったところ。
少し北に向かって北上の金ヶ崎武家屋敷街に向かった。
ここは今年の夏に初めて訪れた。
その中の一軒は立派な料亭となっていて「昼食でも」と思って立ち寄ったが、和服正装のご婦人方の団体貸し切りとなっていて食事は叶わなかった。
しかし二階の広間から望む窓越しの紅葉の撮影はさせてもらえた。
漆塗りのテーブルに映り込む紅葉の様は珍しく美しかった。写真に収めると何だか物足りない。
午後3時ごろに湯田の「ホット湯田」温泉で疲れを癒した。 ここはかの有名な「JR湯田駅の駅舎とつながった温泉施設」で、湯船に浸かりながら列車を待つことが出来るところである。
汗を流して「道の駅錦秋湖」に午後4時に到着。
ここで一夜を過ごすことにしたが、車中泊する車は他になさそう・・・。
明日は角館にでも行こうかと思っている。

Dsc05453_rDsc05479_rDsc05487_r

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »