2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 知多半島制覇 | トップページ | 国道1号の移動は疲れる »

2022年10月20日 (木)

渥美半島も制覇!

夜の漁港の魚ひろば駐車場は静かだったが多少の興奮の性か深い眠りは得られなかった。
早朝から賑わうところかと思ったが思いのほか動きはなく、午前8時から仲卸が始まるとのこと。
中も見たかったが7:30にしびれを切らせて先を急いだ。
10:30に半島の中ほどにある田原市の道の駅「めっくんはうす」に立ち寄った。名前の由来をたずねたら、「めっくん」という御当地キャラの名前とのこと。種から芽が出て作物が育ち栄えるのにあやかって「芽君」というキャラを作ったらしい。町のど真ん中にある道の駅だ。
田原市は自然エネルギーへの取り組みに熱心らしく、近くの蔵王山展望台から三河湾沿いに広大な太陽光発電や多くの風車を眺めることができた。
その後太平洋側に抜けて「道の駅あかばねロコステーション」に向かった。この辺りは南国ムード満点で、ヤシの木が街路樹になっていたり、ロングビーチと名付けられた海辺では大勢のサーファーが楽しんでいた。夕焼け時はいい写真が撮れそうなので時間を計らって出直すことにした。
14:30に今回の旅の眼目の一つ、半島最南端にある「道の駅伊良湖クリスタルポルト」に辿り着いた。
道の駅は伊勢湾フェリー伊良湖港の建物で味もそっけもなく、景色も大したことなくガッカリ⁉
近くの恋路海岸と伊良湖灯台に足を運び、渥美半島制覇を成し遂げた。
伊良湖の温泉宿で汗を流し、帰りにロングビーチのサーファーの写真を撮って「めっくんハウス」まで戻って三日目の夜を迎えている。
明日は半島を離れて明後日からの名古屋、三重、奈良、大阪、兵庫の親類縁者巡りに備える予定である。

Dsc02979_rDsc03028_rDsc03047_r

« 知多半島制覇 | トップページ | 国道1号の移動は疲れる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 知多半島制覇 | トップページ | 国道1号の移動は疲れる »