2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月31日 (日)

占冠から富良野、美瑛へ

雲も厚くなってきたので8:05に占冠を出発。
北の方がお天気が多少とも良さそうということで富良野経由美瑛へと向かった。
しばらく走っても天気が崩れる気配がない。予報をチェックすると一日伸ばしに雨マークが後ろにずれているではないか。この分では当面雨の心配はなさそうだ。
富良野の街中のコインランドリーで洗濯を済ませ、富田ファームへ。
ラベンダーは盛りを過ぎていたが日曜とあって人出はそこそこ多かった。アジア系外国人の姿が見えないのが前の時とは大違い。
美瑛の新栄の丘で昼食を摂り、親子の木などにサッと挨拶し、町の銭湯で汗を流して道の駅「びえい白金ビルケ」に丁度4時に到着。今宵はここで泊まることに。
明日も天気は持ちそうだ。

Dsc02427_rDsc02425_rDsc02399_r_20220731173901Dsc02384_rDsc02376_r

北海道の虫は強い!

昨夜はWi-Fiがうまく繋がらず日記を書くことができなかった。
虫刺されの跡がかゆくてたまらず、4年前に家内がかかった皮膚科が恵庭にあるので急遽恵庭に向かった。皮膚科で飛び入りで夫婦そろって診察を受けて薬を処方してもらった。これで何となく安心ではあるが果たしてすぐに良くなるものか?
午前中は医者通いでつぶし、道の駅恵庭でパンを買って近くのめぐみの中央公園で昼食休憩を取った。
道の駅えにわは花壇の整備がされて以前とは様相を異にしていた。
午後は往年の映画「幸福の黄色いハンカチ」のロケ地を見に夕張へと向かった。きっと寂れているのだろうと思っていたが、公園となって500円の入場料できれいに管理され、見学客は途切れることなく三々五々訪れていた。
圧倒的に我々世代が多いものの若年層にもそれなりに支持されているようだった。
宿を道の駅占冠に決めて、近くの温泉宿でエゾ鹿丼の夕食も済ませて7時過ぎに道の駅に着いた。
お天気がそろそろ下り坂に入るようなので、今後の旅程を考えよう。

Dsc02347_r_20220731095701Dsc02355_rDsc02365_r

2022年7月29日 (金)

11年ぶりの「積丹ブルー」

8時20分に積丹半島巡りの旅に出た。
2011年に一度廻ったコースである。
変化にとんだ奇岩を楽しみながらまずは神威岬へ。
今回も天候に恵まれて積丹ブルーの中に広がる神威岬は神々しくも美しい。
少し北の島武意海岸のブルーも素晴らしい。
昼食を余市の道の駅近くのスポーツ公園で摂ってい時に、車のシガーソケットの異常を発見し、小樽のホンダで見てもらったらソケットからのタコ配線による負荷オーバーでソケットが焼けたことが判った。交換部品の在庫がないということで修理不能。(残念!)別のディーラーにもあたってみようとは思うが、下手をすればこのまま帰宅するハメに・・・。
余計な時間を使ったこともあり、今宵の宿は「道の駅とうべつ」に構えた。
明日以降の予定は改めてゆっくり考えよう。

Dsc02275_rDsc02277_r_20220729204101Dsc02316_r

2022年7月28日 (木)

今宵は初道の駅泊まり

キャンプ場で清々しい朝を迎え、ゆっくりと涼風に包まれた時間を満喫し、10時に今日の旅を開始した。
おなじみの「道の駅黒松内」で休憩し日本海側に出て、ちょうど昼時に寿都の鰊御殿のソバ屋を見つけたので地元の名物ソバで昼食を済ませた。
泊原発の先にある泊鰊御殿を見学した後、今宵の宿「道の駅オスコイかもえない」に入る前に入浴を済ませ、まだ時間も早かったので積丹半島を少しドライブした。
夕焼けも間近い午後6時に道駅に到着し、日没まで海に沈む夕日の撮影をした。幸い天気に恵まれて、久しぶりに日本海に沈む夕日と夕焼けを撮影できた。
明日は積丹巡りして小樽方面を目指す予定。
Dsc02134_rDsc02139_rDsc02214_r

2022年7月27日 (水)

早速キャンプ!!

昨夜は久しぶりの車中泊で熟睡とは行かなかった。
7時のフェリーで8時半に函館上陸。
ドッグルームは我が家のワンコ一匹だけで家に居るのと変わらぬ環境でのんびりできた。
函館から七飯の道の駅「なないろななえ」と森町の道の駅「You・遊・森」でゆっくりと休んで長万部のキャンプ場に12時に到着した。
長万部公園のフリーサイトキャンプ場であるが、環境抜群で道路わきに駐車が出来てオートサイト並みの使い勝手が大いに気に入った。町営キャンプ場で一人一泊600円もありがたい。
川のせせらぎ、蝉の声が耳に心地よい。
心配した天気も快晴になってきて大いについている感じ。
明日からの旅にも希望が湧いてきた。
Dsc02043_rDsc02050_rDsc02088_r

2022年7月26日 (火)

旅の初日はひた走る

二年ぶりの北海道クルマ旅。
9:10に出発してサービスエリアと道の駅で休憩を取りながら458キロを一気に北上。17:00に大間に到着。
スーパーで食材を調達し、寒さしのぎのジャンパーを洋品店で手に入れ、大間温泉で疲れをとって大間崎キャンプ場に宿を構えた。
海霧に包まれて薄ら寒くクルマで寝るのには丁度よさそうだ。
明日は6時にはキャンプ場を発ってフェリーターミナルに向かい7時過ぎに出港して8時半には函館に上陸の予定。

Dsc02031_rDsc02024_rDsc02033_r

2022年7月25日 (月)

我慢も限界?

コロナ第7波は止まるところを知らない勢いだ。
もはや数字に一喜一憂することもなくなりつつあるが、このままでウィズコロナの生活がうまくいくのか不安は隠せない。
4回目のワクチンも打ったし、ワンコの混合ワクチンの中にコロナも含まれていることも分かったので感染予防に気を付けながらいよいよ明日から北海道に向かうことにした。
二週間予報によれば、北海道も曇ベースでお天気はあまりよくはなさそうであるが、天気に合わせてキャンプも織り交ぜながらのんびりクルマ旅を楽しもう。
数年前の夏の北海道旅行は天気に恵まれすぎて酷暑に悩まされた経験がある。曇ベースならば涼しい北海道の夏を楽しめそうである。

2022年7月20日 (水)

戻り梅雨あけず

戻り梅雨の方が本番よりはるかに長く梅雨らしい。
多分「梅雨明け宣言」が間違っていたのだろう。
近郊の山百合の名所が見ごろを迎えていそうだったので犬の散歩を兼ねて出かけて来た。
ちょうど最盛期で見事に咲きそろっていた。
通っている写真教室の別のクラスが撮影会に来ていた。
午後から大雨の予報が出ていたので、ポツポツ降り始めたころに早々に引き上げた。

2022年7月14日 (木)

今夏のイベント第1弾終了!

梅雨明け猛暑のあとの台風豪雨と長雨、異常気象下で始まった今年の夏。今後どのような夏になるのか予測不能である。
マレーシア駐在の長男一家が6日から13日まで夏休みで帰省していた。預かり犬は再会を大喜び!
途中で二泊三日で東北旅行に出かけて楽しんできたようで彼らには良い思い出作りが出来たことと思う。
幸いこの一週間は曇続きで猛暑に襲われることなく過ごせたのは助かった。
受け入れ側の後期高齢者夫婦にとっては、嬉しさ・楽しさはあるものの、それなりに体力も使ってやや疲労気味。
今日からまたワンコと老夫婦の静かな日常が始まった。

我が家の一大イベントは無事終了し、一服したら旅に出ようと思っているが、コロナが急速に息を吹き返してきて悩ましい所である。夫婦とも第4回目の接種は済ませたが、もう少し様子を見て決めることにしようと思う。

Dsc01966_r

2022年7月 4日 (月)

酷暑をいかに乗り切るか‼

今年もはや折り返し点を過ぎた。
それにしても梅雨明けと猛暑到来が早すぎる。
6月28日から2泊三日で姉の葬儀のため大阪に出かけてきた。前回は4年前の兄の葬儀だった。
コロナのことも気がかりではあるが、兄弟姉妹の葬儀には顔を出したかったので意を決して出かけた。
これで7人兄弟の上6人が天に召され末っ子の小生だけが生き残っている。
普段ご無沙汰ばかりしているので菩提寺に墓参りして墓前で両親に近況報告もしてきた。この次はいつお参りできることやら・・・。
とにかく大阪の3日間は暑かった。
仙台に戻ったら、こちらもつゆが明けて酷暑続き‼
昨日はワクチンの4回目接種を済ませた。
接種会場は閑古鳥が鳴くほど空いていて受付から接種完了までわずか5分。1回目の時の騒ぎがうそのようだった。
今週後半にはマレーシア赴任中の長男一家が一週間ほど帰省する。孫たちの元気な顔を見るのが楽しみだ。台風の影響で天気は良くなさそうだが暑さは少し和らぐか?
20日過ぎまでは何かと予定が入ってるが、それが済んだらいよいよ北海道旅行の準備に入りたいと思っている。
北海道も暑いのだろうな~~~。

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »