2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月 9日 (火)

雨の中無事帰宅

「道の駅南魚沼」は国道から少し入った環境の良い所にあり、夜も静かで快適に過ごすことが出来た。
幸いにも朝のうちは雨も降っておらず、早々にワンコの散歩・朝食・車内の整理を済ませて8:20に出発した。
暫くはした道を北上し、魚沼市湯之谷の「道の駅ゆのたに」に立ち寄って地場産品をゲットして小出インターから高速道路に入り一路我が家を目指した。
間もなく雨が降り出した。雨は次第に強くなり、小止みになった所のサービスエリアでワンコを降しながら5時間ほどの雨中ハイウェイドライブを続けた。
スーパーで食材を仕入れて16:10無事帰宅。
雨は降りやまず、「取り敢えずのもの」だけ車から下してあとは明日に回すことにした。
(追記)
5日の日記に「写真データを消失した」旨書いていたが、家に帰って写真を見返していたら、別の日のフォルダーに誤って移動していたことが判明しホッとした。
遅ればせながら5日に訪れた松本城の写真を1枚追加掲載しておく。

今年初めての長期車中泊(7泊8日)ではあったが、幸いにも好天続きで快適な旅を続けることが出来た。
思い出写真の整理が楽しみだ。
Dsc00646_rDsc00657_rDsc00323_r

2021年11月 8日 (月)

今年の秋旅最終日

道の駅千曲川には「朝食カフェ里わ」があって7:30から営業している。今朝はそこで洋定食を注文した。おしゃれで気に入ったお店であるが、来年10月に道の駅が改築されるの伴い新しい店に入るとのこと。
9時過ぎに道の駅を出て、駅の観光案内看板にあった「北竜湖」に立ち寄った。静かな湖と紅葉が綺麗だった。
そのあと今回の旅の眼目でもあった「清津峡」を目指した。紅葉はピークを過ぎたところか。
お目当てのトンネルの水面に映る紅葉は風が強くて波立ちが激しくきれいに見ることは出来なかったのが残念だった。うわさに聞いた撮影スポットを目の当たりにできたことで良しとしよう。
午後2時に清津峡に別れを告げて新潟県六日町で入浴を済ませ、5時前に道の駅南魚沼に宿を構えた。
雲が出て風も強く、いよいよ天気の変わり目に差し掛かった模様である。
明朝出発する時間までどうか降らないでほしいと願うのみである。

Dsc00542_rDsc00612_rDsc00617_r

2021年11月 7日 (日)

予定変更して小布施へ

連日快晴の日が続き今日で5日連続。明日も晴予報がでているが、明後日から下り坂で火曜日は雨になりそうだ。
プランAでは10日(水)帰宅予定にしていたが、1日早めることにして白馬方面をあきらめて小布施経由にルート変更した。
安曇野の見どころの一つ「十ケ堰」(用水路)と付近の農村風景・道祖神などを見て回り、高速道で小布施に出た。
小布施は日曜とあって車も人もすっかりコロナ前に戻ったかの様子だった。(二つ異なるのは外国人がいないのとマスク)。
お土産を買って野沢温泉で入浴を済ませて道の駅「花の駅千曲川」に宿を構えた。
今宵も満天の星が期待できそうだ。
明日は清津峡の紅葉を見に行く予定である。

Dsc00441_rDsc00463_rDsc00506_r

2021年11月 6日 (土)

安曇野ギャラリー巡り

今日も好天に恵まれた。
安曇野は何回か来ているがあまりゆっくりしたことはないので今日はまだ見てない美術館と公園をめぐることにした。
朝一で盆地の東側にある「北アルプス展望公園」に行き、陽を浴びたアルプス連峰を眺めてきた。例年より雪が少ないようだった。
そのあと盆地の西側に回り、ジャンセン美術館と絵本美術館を廻った。美術作品もさることながら紅葉の林にたたずむ洒落た美術館の建物が絵になる。
美術鑑賞の後国営安曇野公園に立ち寄って秋の景色を満喫した。
その後穂高温泉郷の一角にある立ち寄り温泉で疲れをいやして再び道の駅ほりがねの里に戻ってもう一泊することにした。
秋は日が短いので欲張った旅は無理である。
しかし、今日は安曇野を満喫出来てよい一日だった。
明日は白馬に向かおう。

Dsc00367_rDsc00392_rDsc00424_r

2021年11月 5日 (金)

大失態!!!

夜中は満天の星。
夜は静かでよく眠ることができた。
朝の奈良井宿を散歩して9時半に出発し紅葉の中山道を折り返して塩尻経由松本へ。
松本城に立ち寄って紅葉に包まれたお城をゆっくりと見学した。修学旅行の子供たちも大勢楽しそうに見学していた。日常が戻りつつあるようだ。
松本から安曇野に向かい、ショッピングセンター近くで昼食を摂り、コインランドリーで洗濯をしている間に食料品などの買い足しをした。
入浴施設「あずみのほりで~ゆ」でゆっくりと体を癒し、道の駅「アルプスほりがねの里」に午後4時15分に到着。4泊目の夜を迎えた。
日記を書こうと思ってPCを立ち上げて写真を取り込もうとしたら大問題発生!!!
動きが異常なのであれこれ試していたら本日撮影したデーファイルが消えてしまった!!!
ガックリ!!! というわけで本日の写真は残念ながらナシに。

2021年11月 4日 (木)

中山道は黄葉真っ盛り

昨夜は静かに眠れた。
道の駅今井でゆっくりとして9時に中山道を目指して南下。
中山道の山々は黄色く染まって黄葉真っ盛り。
あまり人の多くない奈良井宿をのんびり散策して木曽福島まで南下。福島の高級旅館で独占日帰り入浴を済ませて再び奈良井宿まで戻り、夕方の宿場を散歩して奈良井に宿を構えた。
泊まり車はほかに1台(豪華キャンピングカー)のみ。
空には星がきらめき冷え込みがきつくなりそうだ。
明日は安曇野を目指予定。

Dsc00186_rDsc00212_rDsc00239_r

2021年11月 3日 (水)

紅葉を満喫して、そして・・・

快晴の朝を迎えた。
道の駅「雷電クルミの里」は国道沿いでトラックが多く、また緊急事態宣言解除で一般車中泊車両も大変多くうるさくて熟睡は出来なかった。(他人のことは言えないが・・・)
午前中に小諸の町を散策した。小諸城址は公園になっていて紅葉が見事だった。
小諸を出て茅野に向かう途中、白駒の池と身射ケ池に立ち寄った。
白駒の池は標高二千メートルを超える高地で先週(?)降った雪が一部に残っていて紅葉は終わっていた。
身射ケ池はピークを過ぎつつある紅葉が池に映り込んでほぼ期待通りの写真が撮れた。
身射ケ池の手前1キロあたりから大渋滞で小一時間のタイムロスをしてしまった。
諏訪湖の先で入浴を済ませて塩尻の道の駅小坂田公園に向かったら、なんと公園も道の駅も休業中! あわててほかの道の駅を探して10キロほど離れた「今井恵の里」に辿り着いた。
紅葉を楽しめたのは良かったが、思わぬハプニングにも見舞われ18:30にやっと落ち着き場所を見つけることができた。
明日は中仙道方面に足を延ばす予定である。

Dsc00038_rDsc00152_rDsc00172_r

2021年11月 2日 (火)

佐久まで一気に走る

9:10に家を出て高速道路で一気に佐久まで480キロを走破して「道の駅みまき」に16:10到着。御牧温泉で疲れをいやしてこの駅で泊まろうと思っていたが、駅自体があまりにも貧相なのとトイレが改修中で簡易トイレになっていたので諦めて少し離れた「道の駅雷電くるみの里」で泊まることにした。
ここは大きな駅であるが、トイレはここも改修中で仮設。(ガックリ! マー仕方ない)
あたりの紅葉は見ごろを迎えていそうで明日からが楽Dsc00020_rDsc00020_rDsc00025_rDsc00033_rしみだ。

2021年11月 1日 (月)

いよいよ明日から秋旅スタート!

このところ天気が安定してきた。
今日タイヤ交換を済ませたのでいよいよ明日から北信方面に車中泊旅に出かけることにした。
先ずは北信観光のスタート地点として小諸まで直行し、そこからのんびり気味の旅を楽しみたいと思っている。
紅葉の具合は未確認だが現地の状況に合わせて先に進むことにする。
北信には数度訪れているが見残しポイントも多々あるので新しい発見が楽しみである。
概ね一週間の予定でいるが、お天気次第でどうなることか?

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »