2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月30日 (土)

マスクと申請書

やっと我が家にも例のマスクと10万円の申請書類が届いた。
マスクはまだ開封していないが見るからに「カワイイ」。
どう見ても子供用?
折角頂いたので家内は「ほどいてガーゼに戻して作り直そうか」と言っている。
「申請書」は記入ミスがあると受取が厄介らしいので説明書と首ったけで記入を終えた。
書式は自治体によって異なるらしいが、仙台市版にはどうも腑に落ちない点がある。
「世帯主(申請者)欄」に氏名、印、申請日、電話番号を記入することになっているが、*印で「世帯主氏名を世帯主本人が自署した場合押印は不要です。」と書かれてる。
世帯主である小生が自署したが、役所はこれが世帯主本人が自署したかどうかをどのように判断するのだろうか?
妻が代わって小生の名前を書いたとしても筆跡を判断する資料など添付の義務はなく判断できないではないか。
役所に確認してから発送しようかとも考えたが月曜まで待てば支給時期が遅れることを考えて「押印なし」で本日発送した。
「意味わかんねー」とはこんなことをいうのではないだろうか。
小生が勘違いしてるのだとすれば、どなたかご教示いただければ幸いです。

2020年5月25日 (月)

新規開店「雄勝観光物産交流館」

数日前のTVで石巻の北の雄勝(おがつ)に観光物産館がオープンしたことが紹介された。
雄勝は硯の有名な産地で、雄勝石で作られた石瓦が東京駅の屋根に葺かれている。
物産館には商店も併設されていたが、寿司屋と魚屋のほかは開業準備中だった。
準備が整えば「道の駅」の申請をするらしい。
ちょうど昼時だったので寿司屋で「三色丼」(マグロ・サーモン・アナゴ)を食べたがなかなかの絶品!
周りは復興工事進行中で震災後9年を経てやっとここまで来たが港町らしい賑わいが戻るにはまだまだ時間が掛かりそうだ。
帰りに女川みなとマルシェに立ち寄ったが、コロナの影響で半分以上の店は休業中。5月30日(土)には全店開業するらしく、開店準備に勤しむ人影が見られた。
隣県にも足を延ばしたいがいつになったら叶うことやら・・・。
Dsc05485_rDsc_0806_rDsc05489_r

2020年5月20日 (水)

美術鑑賞

外出自粛が解除されて2週間。公的施設も随分オープンされている。
朝から雨で退屈なので午後から県の美術館に出掛けた。
家内の好きなウイリアム・モリス展が開催されていた。
駐車場には結構車が停まっていたが、館内はソーシャルディスタンスが十分とれる状況で安心した。
我が家には家内が昔手に入れた生地見本帳や端切れ布がある。カーテンや家具のカバーなどで日常目にしているので親しみを覚えた。巷でまともなものを手に入れようとすると随分高価なものらしい。
Dsc_0578_rDsc_0572_rDsc_0576_rDsc_0580_r

2020年5月14日 (木)

蔵王の雪の回廊を見に

数日前のTVニュースで蔵王エコーラインの開通を伝えていたことを思い出し、あまりにも天気が良いので蔵王を目指して出発した。
山麓は里と同様に新緑が綺麗だった。
今年は雪が少なかったせいか中腹までは路肩にも雪は全くない。
コマクサ平の少し先でやっと雪壁が現れた。
時期的に少し遅かったこともあるとは思うが雪の量は前に見た時とは比べ物にならな程少ないようだ。
お釜付近には見物人がそこそこいた。
雪解けが進みお釜の水はきれいなエメラルド色に輝いていた。

2020年5月 8日 (金)

急な規制解除に戸惑いか?

宮城県では殆どの規制が解除されて二日目を迎えた。
五月晴れに誘われてプチキャンプに出掛けた。
目的地にしていた鳴子ダム上流の公園はまだ封鎖されていたので更に山に向かい吹上高原キャンプ場に向かった。
そこでもキャンプ場も温泉も休業中。
予想以上に早く解禁されたため封鎖解除・開業準備が追い付かなかったのだろうか?
キャンプ場の駐車場は利用可能だったので駐車場でプチキャンプすることにした。
数組の訪問者がいて木陰やベンチでランチタイムを楽しんでいたが、広大なキャンプ場は無人状態。
快晴の下の残雪が見られる山、散る桜、満開を迎えつつある八重桜、新緑がまぶしい木々・・・。高原ならではの素晴らしい景色が広がっていた。
そんな景色を独り占めするのは勿体なく申し訳ない思いに駆られた。
時折梢を渡る風の声を子守唄に昼寝をしたり、キャンプ場を散歩したりしてひと時を過ごしてきた。

Dsc05328_rDsc05340_rDsc05341_rDsc05357_r

2020年5月 6日 (水)

GW最終日の杜の都

街に出掛ける用があり、ついでにGW最終日の様子をカメラに収めてきた。
こんなにガラーンとした街の様子は見たことがない。
震災の時とはどこか違った感がした。
宮城県は明日から県外への移動など一部を除いてほとんどの規制が解除される。
解除前夜の街の様子を記録スライドショーとして紹介する。

2020年5月 5日 (火)

少し先が見えて来た?

空気も澄み切った快晴の「こどもの日」。
ここ数日はおとなしくしていたが「お出かけ虫」がうずき出し、午前中に体をほぐしてから綺麗な空気を吸いに車を走らせた。
いつも行く近郊のスキー場は駐車場が封鎖されていて穴場スポットにたどり着けなかった。それならと近くのダム湖畔に向かったら駐車場は封鎖されていなかったがいつもより多くの車が停まっていた。
新緑がまばゆく輝く高原の木陰で家族連れがひと時の解放感を満喫しているようだった。
我々は車内で昼食を済ませてTVを見たり散歩したりして2時間ほど初夏を楽しんできた。
帰りにホームセンターとスーパーに立ち寄ったら、こちらのほうは「蜜」に近い状態だった。
宮城県はここ一週間は感染者の発生がなく罹患者も16名まで減っているとのことで5月7日からは自粛レベルをかなり引き下げる模様だ。
調子に乗って気を緩め元も子もなくなることが無いよう引き続き慎重な行動をとることが一層重要になる。

Dsc_0567_rDsc05215_rDsc05212_r

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »