2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

人間ドックを受けてきた

毎年この時期にドックを受けている。
去年は糖尿病の危険性が高く、今年の春から近くの医院と連携して体調改善に取り組んできた。
糖尿病の指標である「ヘモグロビンA1C」は危険域の6.7あったのが秋には安全域の6.2まで改善していたので今回のドックの結果を大いに楽しみにしていた。
ところがあにはからんや!今回は6.6(アッチャー!)

多分先週の「秋の房総クルマ旅」での運動不足と不節制やチョットした気の緩みがこの結果を招いたのだろう。
明日からまた節制に努めなければ…。

体重は61Kgが56.3Kgに、へそ回りは85cmが81.3cmにとかなりダイエット効果は表れている。
まじめに運動をすればヘモグロビンA1Cも徐々に下がってくるだろう。
来年のドックでは良い結果が出ることを信じて摂生に努めることにする。

2016年11月27日 (日)

房総の旅をデジブックにしました

房総の紅葉には少し早かったようですが、54年ぶりの早い初雪にも遭遇し、思いもかけない旅となりました。
快晴に恵まれた内房の景色、とりわけ江川海岸の夕焼けは感動モノでした。
旅のダイジェストをデジブックにしましたのでご覧ください。

http://www.digibook.net/d/a1c48f1f900ab49d264aa3a4b3cdfd57/?viewerMode=fullWindow

2016年11月25日 (金)

大満足で締めくくり

雨と雪に悩まされた旅も最後は快晴で締めくくることが出来た。
夜半に雨は上がり、未明に空を見たら満天の星。冷え込みも厳しかった。
昨日のうちに山を下りて正解だった。(今朝は山道は凍り付いていたことだろう)

今日は道の駅を巡りながら内房を北上。
いつも素通りしていた鋸山からの眺望は素晴らしかった。
映画「不思議な岬の物語」の舞台となった「喫茶店・岬」に寄ってコーヒーを飲みながら煌く海の景色を堪能した。
そこから木更津まで北上し、旅の主目的の一つ「江川海岸」の夕景を満喫した。
海中に並ぶ電柱が対岸の工場地帯に延びる光景は珍しく、日没からその後の空と海の色の変化は筆舌に尽くせない美しさがあった。夢にまで見た光景をモノに出来て大満足!

撮影を終えて幕張に住む長男一家を訪問し、久しぶりに
孫たちと楽しいひと時をすごした。
幕張で久しぶりにベッドで眠り、明日は我が家を目指す。

Dsc08038_r Dsc08057_r Dsc08090_r







2016年11月24日 (木)

夢の実現

朝の積雪も昼過ぎには道路がノーマルタイヤで走れる状態になり、駅から1.5Km先の旅の主目的である「濃溝の滝」に移動した。
雪のせいで観光客は至って少なく存分に撮影できる状態だったが、1台のカメラが不調なりスペアを取りに車に戻ったり、遅くなると道路の凍結の恐れもあったりで、凍える指先を気にしながら逸る気持ちと闘いながら数ショットをモノにした。
元々は朝日の射しこむ光景と、夕方の陽射しが射しこむ光景を思い描いていたが、図らずも雪景色を撮ることとなった。中々得難い瞬間で、これはこれで大満足。
作品作りは家に帰ってゆっくり取り組むこととする。

何とか道路凍結前に下界にたどり着け、今宵は鋸南の「道の駅保田小学校」に泊まる。
廃校になった小学校を見事によみがえらせた素晴らしい駅である。房総の定宿が一軒増えた感じだ。

明日は天気が回復するようなので内房を見物しながら次の目的地「江川海岸」を目指す。
さてさて、どんな感動が待ち構えている事やら…。

Dsc00895_r Dsc00901_r Dsc00902_r







覚悟をきめた

夜遅く降り出した雨が未明に雪に変わった。
仙台を発つ前から雪の恐れは言われていたところではあるが「大したことはないだろう、ましてや房総は暖かい所だし」と高をくくったのが大間違い。何しろ53年ぶりの11月の初雪とか。
タイヤはノーマルだし、迷った挙句タイヤチェーンは置いてきたし。
昼頃までは雪も続きそうで積雪も結構になりそうだ。
無理をしないで道の駅で道路状況が回復するまで籠城する覚悟を決めた。
幸い向かいにコンビニもあり、電池とガスボンベも余分に確保したので一日二日の籠城には困らない。

Dsc07961_r Dsc07962_r Dsc07967_r







2016年11月23日 (水)

超曇天の紅葉狩り

宇都宮でヤヤ寒の朝を迎え、8:35に出発して房総に向かった。
浦和まで下道を走り、浦和からアクアライン経由で養老渓谷の粟又の滝を目指した。
都内はほとんど地下高速で抜けられるようになっているのには驚いた。おかげで久しぶりの大東京の景色は目にすることがなかった。
アクアラインなるものを始めて走った。
すっかり「おのぼりさん」である。

一日中曇天で、とりわけ養老渓谷は超曇天。
午後2時ごろに着いたのだがライトを付けたくなるほどの薄暗さ。
さて、そんな条件で渓谷の写真が撮れるのだろうか???
あとは腕で勝負するしかない。

今宵は養老渓谷から君津に向かって少し走った「道の駅きみつ」に宿を構えた。
ここは今回の旅の眼目である「濃溝の滝」に近く、滝の近くに温泉もある。(1,000円はべらぼうに高いが仕方ない)

深夜から明日は雪の予報が出ている。
下手をするとここでしばらく足止めを食らうことになるかも。(タイヤ交換していない・・・)
運かよければ「初雪の濃溝の滝」をモノにできるかも。

お天気ばかりはどうしようもない。少しでも良い方に外れてほしいものである。

Dsc07917_r Dsc07923_r Dsc07934_r







2016年11月22日 (火)

とりあえず出発

今朝の「グラッ!」には驚かされた。
布団の中で携帯のワンセグTVを付けたら、ヤバヤバ・・・!
幸いにも大事に至らず何よりだった。

少し様子を見たのち予定通り旅を敢行することにした。
10:20に家を出て国道4号線をひたすら南下。
予定では太平洋沿いの常磐道(国道6号)を走るハズだったが、今朝の地震で4号ルートに変更した。
18:20の宇都宮の道の駅「ろまんちっく村」にたどり着き、隣接の温泉で疲れを癒していつもより遅めの夕食を済ませた。
明日は休日料金を利用して早めに千葉に入り観光をスタートさせることに。
寒波襲来で気温が下がり、雪が降るかも・・・とか。
やはりお天気は思わしくない旅となるのか???

まあ、何か思い出作りが出来ればいいのだが。

2016年11月21日 (月)

勝手に選んだ「房総三大美景」を求めて下見旅に

東北の紅葉は「お・わ・り」。

例年この時期には関東方面に出かけることにしている。
明日から「絶対に見たい!」と勝手に選んだ房総の三大絶景・美景を訪ねることにした。
しかし天気が思わしくなさそうでガッカリ。
まあ、今回は「下見の旅」と心に決めた。(晴れれば儲けもの)

その1 養老渓谷の紅葉と滝巡り
その2 秋の濃溝の滝
その3 江川海岸の夕景(夕焼けが絶対条件)
いずれも初挑戦である。

青空・夕焼けに出会えなければ、道の駅とほかの観光地を適当に巡って3~4泊ののんびり旅を楽しむこととする。

さて、どんな写真を撮れるやら。夢は膨らむ。

2016年11月 7日 (月)

明日から写真展

明日からクラブの写真展が始まる。
朝9時からみんなで会場設営を行なった。
前回までは小生が主体となって準備にあたったが、今回は一歩退いて楽をさせてもらった。
明日は朝から当番で会場に詰めることになっている。
今回も多くの来館者を迎えたいものだ。

Dsc07832_r_r Dsc07837_r_r Dsc07839_r_edited1








« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »