2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

嵐が過ぎて

昨夜は日付の変わるころに強風と強い雨に見舞われた。
昼間にタープを片付けておいて正解だった。
一夜明けると風もすっかり治まり雲も明るさを取り戻していた。大したこともなく一夜を送れたのはさいわいだった。
これから訪問を予定していた南富良野、芽室、十勝、日高地方は大変なことになっているようだ。
河川の決壊、道路の寸断、洪水被害。
とても道東方面には出かけられない。
数日様子を見て最終決定することにし、とりあえず北西方面の安全なに向かうことにした。
10時ごろには青空が出て暑い日差しも戻ってきた。
10:25、キャンプ場を後にしてピップスキー場、道の駅けんぶちへ。「けんぶち」で昼食を済ませ一休みののち、駅のパンフレットを見て近くの映画「じんじん」のロケ地を訪れた。ここにも美瑛のようなパッチワークの丘があった。
14:30に「けんぶち」を発ち、「道の駅ほろかない」を経て16:45に今宵の宿「道の駅ちっぷべつ」に到着。
幌加内は信州に次ぐソバの産地で一面に広がるソバ畑の間を延々とドライブ。時期的に遅いので「真っ白なソバ畑」とは行かなかったが、それにしても感動的な景色であった。7月頃に又見に来たいものである。

今夜はこれからの旅の予定を考え直すことにしよう。

Dsc06872_r Dsc06880_r Dsc06889_r




2016年8月30日 (火)

嵐の前の?

迷走台風が大船渡に上陸したらしい。
旭川は朝から夕方まで快晴だった。
今夜から荒れるということで、特に次に予定してる十勝方面は明日まで悪天候が続くらしいので、比較的荒れの少なそうな当地旭川に逗留することにした。
午前中はキャンプ場併設の無料パークゴルフ場(用具レンタルは300円)で汗をかいた。
昼前に切り上げて旭川の町に出向き、昼食と買い物を済ませてキャンプ場に3時に戻った。
風が出てきたので心配していたが、案の定タープが風邪で倒れていた。
通り雨の中タープをたたみ、今夜からは車中で過ごすことに。
奇麗な虹や夕焼雲を撮影したりしているうちに、空が一転掻き曇り、雨が降り出した。
今夜は荒れそうな予感がする。

Img_20160830_104828_r Dsc06847_r Dsc06863_r







2016年8月29日 (月)

いつもの美瑛観光

昨夜は降るような満天の星空だった。
高原で気持ちの良い朝を迎え、朝食を済ませて「いつもの美瑛」の観光に出かけた。
青空に程よく白雲の浮く絶好の観光・撮影日和。
時季的に畑の彩はやや落ちるものの、この時期ならではの風景が広がっていた。
何度訪れてもパッチワークの丘は美しい。
帰途、旭川で入浴を済ませて16:20にキャンプ場に戻った。
明日からは台風の影響が出始めるようで、快晴は期待薄のようである。
明日、明後日もここに居を構え、天気が回復してから次の場所へと移動することにしようと思っている。

Dsc06768_r Dsc06771_r Dsc06799_r







2016年8月28日 (日)

旭川21世紀の森キャンプ場で初キャンプ

今日も朝から抜けるような青空。
早く目覚めたのでいつもより早い朝食を摂り、7:30に「しんしのつ」を出発。
国道12号線を旭川にに向かってひた走る。
途中にあった道の駅にすべて立ち寄り次回以後の参考に。(結構良い道の駅があった)
29.2キロに及ぶ一直線道路はさすが日本一。
明治時代(?)に囚人を集めて作ったとか。
道は広く車は少ない。何ヶ月前だったか奈井江辺りでひき逃げ交通事故も発生した道路である。
11:10に旭川に到着。
夕べ寒かったのでユニクロでパーカーを調達。これほど涼しいのは「さすが北海道」と言ったところか。
食料も調達して12:30 に21世紀の森キャンプ場に到着し。昼食を済ませてタープの設営に掛かり14:00に設営を完了した。
このキャンプ場は旭川市営で無料で使える。
温泉まで無料で入れる。
昨年同様2連泊を予定している。
ひと風呂浴びてサッパリしたところで夕日を浴びながら日記をしたためている。
高原を吹き抜ける風は何とも心地よい。

Dsc06740_r Dsc06748_r Dsc06745_r







2016年8月27日 (土)

73歳の誕生日

余市で抜けるような青空の朝を迎えた。
ゆっくりと支度を整えて8:50に駅を出て小樽に向かった。
小樽の公園駐車場に車を停め、運河やガラス工房を散策。雲一つない晴天で日差しも強かったが、肌にあたる風は爽やかで汗をかくことはなかった。
北海道の夏も終盤を迎えているようだ。
公園で車の汚れを落として11:30に出発。
札幌在住の家内の知人に面会した後、今まで素通りだった札幌近郊のズッコケ観光に出かけた。

最初に目指したのは「白い恋人パーク」。
快晴の土曜日とあって辺りは凄い車と恋人たちであふれていた。「老夫婦などお呼びでない」と言った雰囲気で「車窓見物」で退散することに。

次に向かったのは「羊ケ丘展望台」。
ここでは「ペット連れ込み禁止」。
羊を放牧しているので口蹄疫予防のため禁止しているとのこと。(連れているのはシープドッグだといってもダメはダメ)

やむなく次の「北海道開拓の村」へ向かった。
ここは岐阜の「明治村」のように各時代の建物が数多く移築されており見応えがあった。「マッサン」のロケに使われた建物や風景に心惹かれた。
何より800円の入場料が65歳以上無料というのがうれしかった。
今日73歳の誕生日を迎えた身にとっては最高のプレゼントだった。

夜は「道の駅しんしのつ」で豪華な(?)誕生パーティーを開いてもらった。
いつまでも(とは行かないが)元気でクルマ旅を続けたいものである。

Dsc06683_r Dsc06695_r Dsc06727_r







2016年8月26日 (金)

雨を避けて西へ

天気予報に依れば道東は大雨になるらしいので日本海側を目指して走ることに。
8:10に鹿部間欠泉公園を発ち、国道5号線を北上。
道の駅黒松内、ニセコビュープラザを経て新しく出来た道の駅赤井川で昼食。
赤井川は「日本で一番美しい村100選登録の地」と言うことで近郊を巡り、キロロリゾートを経て小樽・祝津へと向かう。
祝津には立派なニシン御殿があるが、車で行く道が分からず少し外れた展望台から眺めることにした。
16:20に展望台を出て祝津のスーパーで食材を調達して「道の駅よいち」に今宵の宿を構えた。
道中、走行中には少し雨に降られたが、午後からは日差しも出て余市ではきれいな夕焼けさへ見られた。
気温もグッと下がり肌寒い。
夜中に寒さで目が覚めないこと祈っている。

Dsc06628_r Dsc06645_r Dsc06657_r







2016年8月25日 (木)

ドタバタの旅の始まり

道の駅小川原湖を8時に出発し、休憩しながら青空の下を北上して11:10に予定より早く大間港に到着。
フェリーは14:10出航なのでゆっくり休んで・・・と呑気に構えていたが、大変なことに気が付いた。
ハクをフェリーのドッグルームに運び込むときケージに入れるのであるが、うっかりケージを積み込むのを失念していた。(船倉に放置するのは可愛そう)
今までに無い大失態。
慌ててホームセンターに駆け込みケージを探すも適品なし。やむなく段ボールの箱とベニヤ板と結束ベルトとガムテープを購入し、センターの軒先で代用品を制作し、何とか無事にドッグルームに運び込めた。(やれやれ・・)

1時間半の船旅ののち函館でガソリンと食料を調達して17:30に「道の駅鹿部間欠泉公園」に到着。今年3月にオープンしたきれいな駅である。
近くの鹿部温泉で入浴し、夕食を済ませて北海道第一夜を迎えている。
天気が気になるところであるが、明日以後も大きな崩れはなさそうでほっとしている。

Img_20160825_122431_r Dsc06614_r Dsc06623_r







2016年8月24日 (水)

北海道に向けて出発

台風もひと段落したところで今年も北海道へのクルマ旅を開始した。
10:35に家を出て下道を花巻まで走り、14:40花巻ICから高速利用で三沢まで。
17:30、三沢の町のスーパーで買い物をして、近くの銭湯(と言っても350円で露天風呂・サウナもある立派なもの)で疲れを癒し、⒚:00に道の駅小川原湖で宿を構えた。
ここは静かで広く、小公園・水場も揃っていて犬連れにはもってこい。(我が家の定宿となっている)
今日は定休日で隣接の入浴施設は利用できないが、そうでなければ最高の駅である。
産直売り場も充実しているので帰途に再訪したい。

明朝ここを出て下北半島を北上し、大間14:10発のフェリーで函館に向かう。

2016年8月18日 (木)

モバイル通信費見直し中

「格安スマホ」が世に出てしばらくになる。
我が家ではモバイル通信機器としてスマホ1台(妻用)、ガラケイ1台(小生用)、モバイルルーター1台(車中泊用)を使用している。
3台で合計2万2千円/月ほど掛かっている。
かねてより家内は家計に占める負担の大きさに嘆きの声を上げていたが、中々節約対策に手を付けることが出来なかった。
やっと重い腰を上げて近くの「格安スマホ取扱店」に出向いて説明を受けた。
話を聞くにつれ次第に中身が分かってきた。
そこで、まず第一弾としてルーターを格安版に切り替えることにした。
従来と同等の機能が確保できるレベルのSIMに切り替えるだけで、月平均6千円以上かかっていたものが1千5百円で済むようになった。(もっと早くに切り替えればよかった~~)
これに味を占めてスマホも格安版に変えるべく調査研究を始めた。
相当安くなるようであれば、小生のガラケイもスマホに変えるよう妻から薦められている。(小生はルーターとガラケイがあれば何の不自由も感じていないが、「便利だ」とか「老化防止になる」とか盛んに発破をかけられている次第)
確かに世の中の流れとしては、「パソコンが出来ないと生きていけない」と感じた時代から「スマホがないと生きていけない」時代に変わりつつあるような気もする今日この頃ではある。

2016年8月11日 (木)

能登キリコをデジブックにしました

今日からお盆休みモード。
道路も列車も帰省客で大混雑の様子だ。
我が家には明日の夜に千葉の一家が帰省の予定。
三孫集結で賑やかになりそうだ。

先日出かけた「能登キリコ」の写真の整理を終えてデジブックにまとめた。
ご笑覧いただければ幸いである。

http://www.digibook.net/d/7305ef77b14b96c9358ca39609c67d43/?viewerMode=fullWindow

2016年8月 9日 (火)

東北にも猛暑到来

梅雨明け以来東北も晴れた日が続き、東北の夏祭りもほぼ雨に祟られることなく盛況に終わったようだ。
例年この時期は北海道へ旅に出かけることが多く、数年仙台七夕はご無沙汰していた。
昨日は写真教室があって街に出かけたので久しぶりに見物してきた。
最終日だが人出は結構あり、夕方になって一層賑わいを増していた。
毎年変わり映えはしないものの伝統美にしばし酔いしれた。

Dscf3639_r Dscf3643_r Dscf3645_r







2016年8月 1日 (月)

御陣乗太鼓

昨日は「名船大祭」を見物した。
輪島市名船地区は「御陣乗太鼓」発祥の地で、キリコ祭りでも本場の御陣乗太鼓を鑑賞できるということもあり観光バスも押し寄せる盛況ぶりだった。
「キリコ祭り」としては、前日に見た隣町の「水無月祭り」の方が趣はあったが、祭りの企画運営と賑わいの点では「名船」が上といえよう。
さすが本場の「御陣乗太鼓」は迫力があった。

今日は輪島から高岡、富山を観光して日本海沿岸を北上して「道の駅吉川杜氏の里」で泊まることに。

Dsc06295_r Dsc06303_r Dsc06317_r







« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »