2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

日本の祭りの原風景

夜の9時ごろになってキリコが三々五々神社前に顔を見せた。 五基が揃ったのは有に9時半を過ぎていた。
神社前の通りで勇壮に走り回り、腹の底に響く鐘太鼓の音は自然と心体を奮い立たせるものがあった。
神事の後各町内の神輿を先導して町内を練り歩きながら海辺に向かう。
神事を済ませて広場に結集し、キリコと神輿が乱舞する姿は迫力満点。
全てが終わったのは午前0時半過ぎだった。

この祭りも往時は能登一・二のキリコ祭りと言われたらしいが、今は過疎化でキリコの数も3分の1以下になったらしい。
いわゆる「観光客」と言えるのは我々ぐらいで殆どが地元の人たちだ。
何だか子供のころを思い起こさせる温かい夏祭りだった。

Dsc06087_r Dsc06106_r Dsc06161_r







2016年7月30日 (土)

輪島市南志見地区の水無月祭り

昨日は16:20に家を発って高速道路をひた走り。
20時に磐越道「阿賀野川SA」で夕食を済ませて更に北陸道の「米山SA」まで走っで車中泊。
今朝は7:00にSAをスタートして富山県の「小杉IC」で下りて輪島を目指した。
途中「雨晴し海岸」に立ち寄ったが、盆栽岩の背景に立山連峰は望めなかった。
12:50に輪島に到着。
先ずは「キリコ会館」で立派なキリコを鑑賞。
輪島塗工房を覗いたり、食材の調達をしたり、早めの入浴を済ませたりして本日の目的地「輪島市南志見地区」に17:55到着。
祭り本番の開始は午後の10時ごろからとのことであるので、神社の近くの公共施設の駐車場にベースを構え、祭りの準備状況を視察したり、夕食を摂ったりとのんびりと過ごしている。
祭りの終了は深夜0時を過ぎるので、その様子は明日の日記で報告の予定。

Dsc05954_r Dsc05964_r Dsc05972_r







2016年7月29日 (金)

能登へ!

昨日で東北を除いて梅雨明けとなった。
ここ東北も一両日中に明けそうで、毎日暑い日が続いている。

つい最近知ったことであるが、能登では7月から9月にかけてほとんど毎週末に各地の集落単位でどこかで「きりこ祭り」が開かれているらしい。
観光情報のホームページで見る限り、夏の夜祭として興味をそそられる。
来週末からは何かと予定が立て込んでいて出かけられそうにないので今日の夕方から出かけることにした。
今回は、7月30日(土)、31日(日)、8月1日(月)の祭りを見物することにする。
人出のほども分からず、田舎の祭りとあって駐車場もあるのかどうか?

旅と祭りの様子は日記で報告します。

2016年7月26日 (火)

スロー&高速シャッター

昨日は写真教室の移動教室でみちのく公園に出かけて「スローシャッターと高速シャッター」での撮影について実習があった。
主に噴水の撮影を通してそれぞれの効果を試してみた。
「スローシャッター」については、F値を絞り込むとともにNDフィルターを駆使して光量を落とし、ISO感度も落として(値を小さくして)数秒から10秒以上かけて撮影してみた。
「高速シャッター」については、ISO感度を1600以上に上げてシャッタースピードを数千分の1で撮影してみた。

今まで渓流や滝の撮影でスロー撮影する機会は多かったが高速で撮影することはそれほど多くはなかった。
超高速で切取った世界は、肉眼では見えない世界が映し出されて新しい発見が出来た。
これからは撮影地の条件に合わせて「遊び感覚」も交えて色々挑戦してみたいと思う。

写真① ISO100、スローシャッター3秒
写真② ISO3200、1/6000秒

Dsc05913trim_r_2   Dsc05930trim_r







2016年7月18日 (月)

男鹿半島一周の旅

男鹿半島一周の旅を終えて昨日の午後6時に帰宅した。
日本海側の方がまだマシとの天気予報を信じて出かけたものの、一昨夜から雨になり、予定を短縮して帰ることにした。

16日は秋田道錦秋湖SAを7時過ぎに発ち、高速道路で男鹿半島ICまで走り抜けた。
道の駅天王で一時間ほど休憩して八郎潟干拓地の中の一本道を北上し、道の駅おおがたに立ち寄って昼食を仕入れたのち半島へと向かった。
昼前に「なまはげ館」に到着し、昼食と昼寝を済ませて午後1:30からの「なまはげの実演」を見物した。
屋外の舞台での実演は、以前写真撮影会で出かけたときに見たことはあるが、移築された旧家の中に入り、座敷で演じられる様は迫力満点で見応えがあった。観客の中の子供たちが恐れおののく姿が場の雰囲気を一層盛り上げていた。
午後2時過ぎに「なまはげ館」を出て半島の突端「入道岬」へ。ここは予想に反して広大な草原が広がっていた。
3時に入道岬を発ち、男鹿水族館(入館せず)、五社堂(鬼の作った999段の石段に阻まれて途中退散)、ゴジラ岩を経由して6時前に「道の駅天王」に到着。
併設の温泉で疲れを癒して夜を迎えた。
時折薄日を差したものの、あいにくの曇り空で「青い海」と「日本海の夕日」を楽しむことは出来なかったのは残念だったが、まずまずの行楽日和の一日だった。

夜半から降り始めた雨が早朝には結構強くなり、ハクの散歩に苦労した。
予報では天気の回復は望み薄だったので帰ることにし、9時の産直売り場開店を待って買い物を済ませ、海沿いの道の駅巡りをしながら酒田まで南下。酒田から高速道路を利用しながら寒河江まで走り、そこからは下道で東根経由で帰った。

今日の仙台は「梅雨の晴れ間」の強い日差しが照り付けて暑い。
旅の後片付けと孫の守りで暮れそうである。

Dsc05604_r_r Dsc05629_r_r Dsc05655_r_r







2016年7月15日 (金)

急に思い立って

梅雨の雲が少し明るくなったので昼前から久しぶりに山形の産直センターへ買い物に向った。
トンネルを抜けて山形に入ると日差しもあり、太平洋側とはまるで別世界。
B級のサクランボをしこたま食べて昼休みをしていたら、息子からメールが入り「今週末は家族でお出かけします」とのこと。
このところほぼ毎週末孫君が来てお相手をしていたが、今週は孫守りから解放されることに。
そこで急遽「車中泊の旅に出よう」ということになり、家に取って返してバタバタと旅支度。
午後5時過ぎに家を出て東北・秋田道を走って6時半過ぎに「錦秋湖SA」に到着。今宵はここで泊まってあすの朝に秋田で高速を降りることに。(休日割引を受けるため)
ここは温泉に隣接しているのでひと風呂浴びようと思ったら、なんと!入浴受付は6時半で終了。(トホホホ・・・)
仕方ないので夕食を済ませてオールスター野球を見ながら日記を書いている。
明日からは男鹿半島を中心にゆっくり観光しようと思っている。(あーした天気になーれ!)

2016年7月 1日 (金)

今年も早や半年が過ぎた

今日は真夏を思わせる暑い一日だった。
九州地方は地震に続く梅雨の豪雨で本当にお気の毒なことである。 お見舞い申し上げます。

我が家の今年前半を振り返ると、これと言った事件・事故もなく過ごすことが出来たのは何よりと思っている。
トピックをあえて挙げれば
①孫が一歳を過ぎて、やや手が掛かるようになってきた(可愛さは増したのだが・・・)
②台湾に赴任していた長男一家が6月に帰国した(まだ会っていないが)
③ハクの脚にデキモノが出来て医者通いに明け暮れた(ほぼ治った模様でエリザベスカラーを外した。このまま落ち着いてくれればいいのだが)
④小生の糖尿病予防への取り組みに若干成果が見えてきた。(油断大敵)
⑤そんなこんなでクルマ旅にあまり出かけられなかった。

梅雨が明けたらクルマ旅に出かけたいとウズウズしている今日この頃である。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »