2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月31日 (木)

初夏の陽気

朝から快晴。
「アサが来た」を見てから「道の駅きりら坂下」を出発し「道の駅志野・織部」へ。
駅の裏は美濃焼卸団地があり幾多の工房・卸業者が軒を連ねていた。その中の数軒に立ち寄って品定めしたものの結局何も買わず。(シブイ!)
その後「道の駅可児ッテ」を経由して犬山城に向かう。
桜は満開、駐車場も満杯! 辛うじてチョッと離れたところに駐車して頭に描いていた撮影スポットを探す。
探し当てて自己満足の一枚をゲット!
13時20分に犬山城を後にして明治村へ。
17年ぶりに訪れたが、とにかく広くて見るものが多い。別に明治村のパンフレット作るつもりはないものの、ひたすら明治の建物にシャッターを切らされた。
2時間余り滞在ののち、今宵の宿「道の駅昭和村」へ。17時に到着して隣接の温泉でゆっくり体を休め夕食を済ませて一息ついている。
それにしても今日は初夏並みの暑さでややお疲れモード。
明日からの旅程については天気と相談して決めたいと思っている。

2016年3月30日 (水)

観光初日

10時半に名古屋港に着岸。
ターミナル前の駐車場に着いたら、ナ・ナ・ナンと、わざわざ四日市から初対面のマイフレさんのお出迎えを受けて「びっくりポン!!!」
小生の日記を見てご夫妻で急遽お出ましいただいた由。恐縮の行ったり来たり・・・。
30分ほどご挨拶を兼ねてよもやま話に花を咲かせてお別れした。

11:30に名古屋港を出て高速で一路妻籠宿へ。
かねてより「是非」と願っていたところだけに「憧れの彼女」に会えた気分で大満足。
続いて馬籠宿に南下。
こちらは予想もしていなかった「坂道の宿」で、こちらも感激一入。
近くの温泉で汗を流して今宵の宿「きりら坂下」に向かう途中馬籠宿を通過。夕闇に包まれた街道に明かりが灯っていたので一時停車して夜景をカメラに収めた。

中々充実の一日となった。

明日は岐阜県内をそぞろ完工する予定である。

Dsc03999_r Dsc04056_r




旅の始まり

3月29日、10時半に家を出て仙台港に向かい、12:50発のフェリーで名古屋に向けて今年の初車中泊の旅が始まった。
太平洋の波はさほど強くもなく、快適な船旅をしている。
船内でのアトラクションもあり、21時間余の時間も楽しめそうである。
夕食のバイキングではつい張り切ってステーキ2切れを始めあれやこれやと欲張って、デザートのフルーツ、アイス、桜餅まで手を付けてしまった。今朝の朝ぶろの後体重を計ったら、折角努力して落としたのに2キロ近く増えてしまった。
この旅のうちに元に戻るだろうか?

今日も良い天気になりそうだ。
10時過ぎには名古屋港に入港予定。
途中、天気が崩れそうなので予定変更も覚悟して柔軟に対応することにする。

Dsc00102_r Dsc00125_r Dsc00144_r







2016年3月27日 (日)

春のクルマ旅目前

この土日は孫が遊びに来てお相手に明け暮れた。

明日は写真教室があり、それを済ませればいよいよ旅モードに入れる。

29日(火)に仙台から名古屋までフェリーで移動し、岐阜、三重、和歌山、大阪、京都、福井、滋賀を経由して岐阜に戻り、名古屋からフェリーで4月8日(金)仙台に戻る予定。 日程の関係もあり、今回は初めてフェリーで距離と時間を稼ぐこととした。

今回はかねてより行きたかった所を中心にスケジュールを組んだ。 「妻籠宿」「馬籠宿」「犬山城」「養老の滝」「丸山千枚田」「熊野古道」「那智の滝」「串本橋杭岩」「湯浅の街並み」「美山かやぶきの里」・・・ そのほかにも「陶器」「和紙」「織物」などの工房も見てみたい。 大いに欲張った計画となってしまった。

桜も見ごろのところも多いことと思うし、あとはお天気頼みと言ったところ。

望み通りの楽しい旅になれば良いと胸を膨らませている。

2016年3月 5日 (土)

ご愛敬

今日はぽかぽか陽気。
家の内装工事はほぼ完了しているが、壁紙などがきれいになると階段の手すりや柱の汚れや傷が気になる。
という訳で一両日ペンキ屋さんに変身して自前塗装に挑戦した。
マスキングテープも使ってそれなりに気を付けて作業はしたもののプロ並みにはいかないものである。ところどころはみ出しもあるがこれもご愛敬。
メリハリが出てすっきりした感じがする。

月曜日には庭師さんが来て、伸び放題のモクレン他の木の手入れをしてもらうことなっている。
こちらの方も自分で出来る範囲で生垣の山茶花や椿の枝打ちをしておくことにした。バッサリ切ったら庭も明るくなった。
普段から気になっていたが、打った枝の処分に困るので手を付けられなかったが、今回庭師さんが一緒に処分してくれるので思い切って切り落とした次第。(月曜は雨予報だが・・・)

Dsc03520_r Dsc03524_r Dsc03528_r







2016年3月 1日 (火)

雪で明けた弥生三月

暖冬と言われながら正月半ば以降は「立派な冬」。
各地でいろんな「観測史上初」の記録が頻発しているようだ。
我が家の家の工事が始まってひと月半ほどになるが、工事の入る日に限って寒さが厳しかった。先週はついに妻が風邪をひいてしまった。(今は元通り)
内装工事は2月29日で完了し、今日から最後の排水溝の清掃と補修が始まった。
工務店の話では3月8日には完工の予定らしいが、それもお天気次第。
軽い気持ちで家の補修を頼んだが、いやはや家をいじくるということは大変なことである。これを生涯最後の工事としたいものである。

Dsc03441_r Dsc03452_r Dsc03454_r







« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »