2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月23日 (日)

「スーパーオセン」は安い

何年か前マイフレさんの日記で「スーパーオセンは安い」という記事を見た。

当時は温泉巡りに凝っていたので「スーパー温泉」かと思っていたが、記事の内容から岩手県の「オセン」という名のスーパーマーケットのことだとわかった。

なぜかその記事が頭を離れなかったのだが、ある日「あさイチ」でその激安スーパーが取り上げられた。 以来一度行ってみたいと思っていたが、今日思い切って出かけてみた。

北上から秋田に向かって走ったところの湯田温泉の町中にある片田舎のスーパーだった。 産直品をはじめ生鮮魚介・肉・惣菜・日用雑貨に至るまで品揃えもすごい。 何よりも値段の安さに驚かされた。 ピーマン3袋100円、(立派な)弁当250円、野菜・果物・鮮魚も激安・・・。 なぜこのような山間の田舎でこんな商売が成立しているのか不思議である。

日曜ということもあったのかもしれないが、多くの人出で賑わっており、みんな両手に持ちきれないほど買い込んでいた。 我々も250円の弁当で腹を満たし、レジ袋4個もの買い物をしてしまった。 旅のついでに寄って損のないところである。

Dsc00273_r Dsc00268_r Dsc00270_r







2015年8月15日 (土)

終戦(敗戦)記念日

TVは終戦特集目白押し。 番組の内容はいずれも中々充実しているのではないか?

これから日本はどちらの方向に進んで行くのか?

数日の特別番組を見ながら、改めて平和のありがたさを思うと共に戦のない世界を望まずにはいられない。 年に一度この時期に「平和」について考えるのは意義深いことである。

2015年8月13日 (木)

北海道ガーデン巡りのDigibookを作りました

今日は一日雨模様。

暑さも一休みといったところで体も動きやすい。

気になっていた北海道旅行の記録整理に、今回の旅の眼目の一つ「ガーデン巡り」のDigibook作りに取り組んだ。 次回の旅では別のガーデンも訪れたいと思う。

今回の旅では大阪と北海道でガーデンづくりに励んでおられるマイフレさんにずいぶんお世話になった。どうもありがとうございました。 

 

http://www.digibook.net/d/6984e753b159a254b1edb3a07dcc3c17/?viewerMode=fullWindow

2015年8月11日 (火)

Windows10へのアップグレードに挑戦

北海道旅行の記録の整理の前にとWindows10へのアップグレード作業に着手した。
悪戦苦闘の末何とかアップグレードはできたものの、DVD再生やユーチューブなどの動画再生で音声が出ない。
ネットで調べたらこれらのトラブル事例がたくさん出ていた。解決方法も確立していないようだ。
いわゆる「初期不良」というヤツカモしれないが全く困ったものだ。
しばらく我慢するしかないのかとあきらめ半分の気持である。

明日からは旅の記録の整理に取り組むことにしよう。

 

2015年8月 8日 (土)

北海道三週間の旅の終了

予定より1日早く北海道に別れを告げ、三週間・4,045Kmの旅を無事終了した。

昨日(7日)は函館フェリーターミナルの駐車場で朝を迎え、午前中に最近オープンした「蔦屋函館店」に出掛けた。 さすが最新店舗だけあってその広さもさることながら店の造り、展示方法、取扱い商品ともにその前にできた仙台店をはるかに凌駕していた。 色々な発見もあり客を飽きさせない新しい店舗のあり方を示しているように感じた。

14:30発の船に間に合うように昼過ぎにターミナルに戻った。 防波堤外の沖合わずかのところに先日火災を起こしたサンフラワー号が消火作業のために曳航されて停泊しているのが目に入った。間もなく鎮火見込みで見た目には平静を装っていた。

出航後まもなくすぐ近くを航行し、(不謹慎かとも思ったが)カメラのシャッターを切った。 海はうねりがあり、少し気分が悪くなった。

定刻午後4時に大間港に着岸、道の駅小川原湖に午後7時に到着して最後の夜を迎えた。

今朝(8日)は霧雨の煙る冷ややかな天気で暑さも一休み。 道の駅で激安産直品を仕入れて高速道で一気に南下して15:30、早めに自宅にたどり着いた。 割合涼しかったので、休まず荷物を片づけて旅を締めくくった。 これからは写真の整理が一仕事である。

Dsc00033_r Dsc00049_r Dsc00056_r







2015年8月 7日 (金)

函館に着いたあ~

8月6日(木)
昨夜は蒸し暑く寝苦しかった。

道の駅清水の郷京極に着いたのが昨夕だったので周りの状況が分からなかったが、今朝駅の周辺を散策したら実に素晴らしい環境の駅であることを発見した。
「清水の郷」と言うだけあって、駅の脇には湧水が豊富である。
冷たい水面からは一面に靄が立ち込めて、近づくとまるで冷房を掛けたように涼しい。
一服の水墨画を見ているような光景が広がっていた。
多くの人がペットボトルやタンクをもって水を汲みに来るらしい。

9:35に道の駅を発って洞爺湖方面に向かった。
昨年利用した「財田キャンプ場」に立ち寄って11:15に「道の駅壮瞥」到着。
ここのトウモロコシは絶品である。
昼食を済ませて12:50出発、噴火湾沿いの国道をチンタラチンタラと南下する。
ここと言って見るところもなく15:22「道の駅森」に到着。函館まであと僅か。
途中の「ちゃぷりん館」で入浴を済ませて午後6時前にフェリーターミナルに到着。
予定より1日早く函館に戻ったので、帰りの便を1日繰り上げることにした。

ターミナルに「車中泊用P」があったのでここに泊まることにして夕刻の函館の見物に出掛けた。
人気も少なくなり、ライトアップされた赤レンガ倉庫群が水面に映えて綺麗だった。

明日はもう少し市内見物をして午後の便で北海道に別れを告げる。

Dsc09969_r Dsc00020_r Dsc00003_r







2015年8月 6日 (木)

お世話になりっぱなしの一日

8月5日(水)

昨夜は風が強く蒸し暑かったが、今朝は青空が出て湿気もなく清々しい朝を迎えた。
産直市場の開くのを待って少し買い物をして9:05に「しんしのつ」を出発。

今日は午前・午後と分けて知り合いの人を訪問することになっている。

午前中は妻の知り合いのお宅を訪問し、2時間ほど休ませてもらった。
お昼ごはんまでごちそうになり、お土産までいただいた。
ご家族の歓待を受け、あっと言う間に時が過ぎ、再会を約束して別れを告げた。

午後は大阪の方で毎年春から秋まで札幌の娘さん宅を拠点に北海道で花畑を作っておられるマイフレさんと初めての面会。
郊外の山間にある川魚料理や(釣り堀もある)で待ち合わせ、オショロコマの刺身と塩焼き、ヤマメのから揚げをごちそうになった。
北海道ならではのごちそうに大感激。
お花畑はこの店のすぐ脇にあり、現在進行中。
何れは桜や幾種類もの花々で一帯を埋め尽くすと言う計画を聞かせてもらった。
花が咲くようになった頃、ぜひとも再訪したいものである。
そのあと近くの滝のすずらん公園を案内してもらった。札幌近郊の見どころもたくさん教えてもらったので、次回は札幌を中心にゆっくり回りたい。

お世話になった方が、本当にありがとうございました。
旅の終わりに心にいつまでも残る思い出が出来ました。

今夜は道の駅名水の里京極で旅を振り返りつつ安らかに眠ります。
それにしても今日は札幌で34度超え、仙台は36度越えとか。とにかく日中は暑かった。

Dsc09950_r Dsc09952_r Dsc09954_r







2015年8月 4日 (火)

旅も大詰め

占冠の朝は霧模様で涼しく明けた。
同宿した札幌の車に犬が2頭居てハクとも仲良くなりしばらく遊んでいた。
1頭はドレスを着たような姿の綺麗なトイプードルの「花ちゃん」。
もう1頭は北海道に5頭しかいないと言うハンガリー原産のまるでモップを身にまとったような黒い「クリフくん」。
大変大事にされているらしく見事な2頭であった。

9:15に占冠を発って、8日に予約を入れている帰りのフェリーに間に合うよう札幌方面に車を走らせた。
次回の旅に備えて、車中泊に良さそうな道の駅の偵察を兼ねて夕張、マオイの丘、恵庭に立ち寄って今宵の宿「道の駅新篠津」に15:15到着。
ここは以前に一度訪れたことがあり、温泉併設で札幌にも近く外せない駅である。

明日は午前中に家内の知り合いに、午後は小生のマイフレさんと会う予定があり、その後南下を始めることにしている。

旅もいよいよ大詰めを迎えた。

Dsc09927_r Dsc09932_r_2

2015年8月 3日 (月)

道の駅ライフの再開

快適なキャンプ生活とも別れを告げ、テントを畳んで9:15にポロシリキャンプ場を後にした。
帯広の町で買い物をして日勝峠を超えて道の駅占冠に15:00到着。
車中泊に良さそうなのでここで泊まることにした。
街道沿いの割に静かで混雑もなく快適に一夜を過ごせそうである。
台湾からの観光客と日台親善を図ることもできた。
明日からの予定はこれから考えることとして安らかな夜を送りたい。

Dsc09903_r Dsc09905_r Dsc09910_r







2015年8月 2日 (日)

初パークゴルフに挑戦

いよいよ北海道にも本格的な夏が訪れたのか連日の晴天である。
キャンプ場で清々しい朝を迎え、木陰にテーブルを出して優雅な朝食を楽しんだ。
ここでのキャンプライフが快適なので連泊の手続きをして9:45に帯広の町の方角へ車を走らせた。
キャンプ場の管理人に教えてもらった「ヌップクガーデン」に立ち寄って4度目の庭園鑑賞をした。オーナーの趣味のせいか和洋折衷の一風変わった庭園だった。
次に砂糖大根に関するPR館「ビート館」へ。
奥方が興味を持って入館したら、滅多に来館者が無いのか館長さんが実に丁寧に対応してくれたらしい。奥方は「大いに参考になった」と感激の様子。
隣のイベント広場の木陰で昼食を摂り、近くのショッピングモールで食材を仕入れて14:30
テントに戻った。

キャンプ場でパークゴルフの道具一式を無料で貸してくれ、近くのコースで無料プレーが出来ると言うので、時間もあるので「初パークゴルフ」に挑戦した。
起伏もある36ホール本格コースで人影もまばら。夫婦でのんびりと18ホールに挑んだ。
クラブ1本で遊べるのは気軽でよい。
そこそこの運動にもなるし、結構ハマるかも。
北海道旅行の楽しみが一つ増えた気がする。

Dsc09868_r Dsc09877_r Dsc09887_r







2015年8月 1日 (土)

PCのバッテリー切れ

パソコンのバッテリーがアップアップ状態だったがついに30日に限界にきて思うように日記も書けなかった。 クルマのバッテリーからいろいろ電気を取っているのでPCの充電も思うようにできなかったようだ。

という訳で、今日はオートキャンプ場に飛び込んで、補助電源・PCほかにしっかり充電して今後の旅に備えている。

昨日(31日)は道の駅厚岸で朝を迎えた。 体調を崩していた妻殿も回復の兆しを見せていたので、軽い朝食を済ませてしばらく様子を見た後9時過ぎに出発して「霧多布湿原」まで足を延ばした。 途中綺麗な海の景色(涙岬、立岩)をみて湿原に到着。 前回は夕方で気忙しく覗いただけだったが、今回はひと気のない湿原をゆっくりと散策した。

規模は釧路湿原とは比べ物にならないが、雰囲気としてはこちらの方が好きである。

霧多布を昼前に出て厚岸に戻り昼食を済ませて再び道の駅忠類に戻った。

今朝(8月1日)は快晴で暑さが心配されたが、雲も出て心配したほどのことは無く快適な一日だった。

9時30分に駅を出て、近くの中札内周辺をドライブした。 十勝平野の田園風景はスケールが大きく、麦の収穫がピークを迎えている。

今夜は中札内のポロシリキャンプ場で久しぶりに電源を気にせずのんびりと夜を迎えている。 ここのキャンプ場は電気・シャワー・洗濯機使い放題で3000円と納得の値段と言えよう。 環境抜群、オートサイド独り占め状態である。

Dsc09784_r Dsc09817_r_2 Dsc09845_r







« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »