2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月29日 (水)

観光無き一日

夜中にバラバラと音がして一瞬焦ったが、5分ほどで雨は上がりその後は降らずに済んだ。
忠類で朝食を済ませ、手洗い洗濯、クルマ拭きなどして9時40分に出発した。
洗濯物の乾燥のためコインランドリーを探したが近辺には見つからず、キャンプ場に飛び込んで乾燥機を借りて乾かした。
「さらべつカントリーパーク」のキャンプ場は設備・整備・環境とも素晴らしく、値段もリーズナブル。
次の機会には利用したいところである。
そのご道の駅浦幌を経て太平洋に抜け、白糠町で買い物を済ませて「道の駅丹頂の里」に3時半に到着。眠気も出てきたので無理をせずここで泊まることにした。
向かいに温泉もあり申し分ない。
泊クルマも今のところ10台程度で静かである。

明日は道の駅摩周温泉によって根室方面に下る予定。

Dsc09695_r Dsc09697_r Dsc09701_r





2015年7月28日 (火)

三か所家のガーデン鑑賞

道の駅南ふらので久しぶりに日の出を拝むことが出来た。 売店の開くのを待ってメロンのデザートを食べて9時に出発。 途中で寄り道をしながら三か所目のガーデン「十勝ヒルズ」に向かった。

かねてより一度寄ってみたかった「星のリゾート・トマム」。 いつも高速道路から山間に建つタワービル(36階建て)は元気なのか廃墟なのか気になっていた。 ゴルフ場・温水プール・雲海レストランでそこそこ元気に頑張っているようだった。

帯広の手前で以前に立ち寄ったことのある「菓匠柳月」の駐車場わきのテーブルで、柳月で買ったカップケーキのデザートと共に昼食。

14時15分に「十勝ヒルズに到着した。 ここは地形をうまく使った構成で、高原ならではの借景と共に庭造りがされていた。 3か所ともそれぞれの個性を持った庭園である。 3:20に庭園を去り、今回で3度目の道の駅忠類に宿を構えた。 ペット連れにはちょっと肩身が狭いが、温泉有りの無料キャンプ場で、道東では外せない。

明日はやや雨模様だが気ままな旅を続けよう。

Dsc09628_r_2 Dsc09638_r Dsc09677_r







2015年7月27日 (月)

久々の夏日

ぐずついた天気もやっと終わり、午前中から暑い日差しが出て真夏日となった。
雲の出ている裡に、冷蔵庫の結露対策にと昨日150円で調達したプラ段でちょっとした工作をした。効果抜群で庫内の品が濡れなくなったようだ。
乾いたタープを畳んで11時に三連泊したキャンプ場を後にした。
旭川市内のクラフト工房に立ち寄って小物を買い、美瑛に南下した。何度も目にする景色ではあるが、毎回少しずつ変化がみられる。
名だたる観光地は中国系観光客に占拠され、日本人は肩身の狭い思いをするほど。名だたる観光地は中国系観光客に占拠され、日本人は肩身の狭い思いをするほど。

上富良野の温泉で汗を流して19:00に道の駅南富良野に到着。
ラベンダーの香り包まれながら久しぶりに道の駅で夜を迎えている。

Dsc09578_r Dsc09586_r Dsc09600_r





上富良野の温泉で汗を流して19:00に道の駅南富良野に到着。
ラベンダーの香り包まれながら久しぶりに道の駅で夜を迎えている。

2015年7月26日 (日)

ガーデン見学二日目

時折霧雨の降る涼しい朝を迎えた。
ゆっくり朝食を摂り、管理事務所にポータブルバッテリーの充電を依頼して9時30分に出発、「大雪森のガーデン」の見学に出掛けた。
道中何台もの観光バスとすれ違った。開門と共に入場して見学を済ませた団体客なのであろう。

10時45分にガーデンンに到着して約2時間半ゆっくりと鑑賞した。
自然の地形を活かした庭造りは見ごたえがあった。
ガーデン・コンペも行われていて、作家たちの個性的な庭造りにも興味を惹かれた。

会場近くのレストラン(の駐車場の隅)でカップラーメンの昼食を済ませ、買い物に旭川の町まで足を延ばし、午後5時25分にキャンプ場に戻った。
テントが待っているので「我が家に帰る」気分で車を走らせた。

今日は時折雨が降ったが、幸いなことに車を降りるころはいつも止んでいて濡れることは無かった。
明日もはっきりしない天気の様だが、何より涼しいのがありがたい。

雨でなければテントを畳んで、三連泊したキャンプ場に別れを告げる予定である。
行先は天気次第・・・。

Dsc09534_r Dsc09550_r Dsc09554_r







2015年7月25日 (土)

昨日のキャンプ場に戻り

8:50に「旭川市21世紀の杜キャンプ場」を引き払ってイングリッシュガーデン・上野ファームに向かった。
途中「町に近い所のゼロ円キャンプ場をチェックしよう」と言う事になり、二ヶ所を偵察したが、オートキャンプの出来るところはなく、環境的にも「21世紀」に勝るところは無かった。
という訳で、ガーデンファームを見物した後「大雪の湯」に浸かって買い物を済ませ、16:50今朝出たキャンプ場に戻った。
(キャンプ場の温泉は石鹸使用禁止である)

ここをベースにのんびり・ゆったりの観光をすることにして2連泊する予定である。よって、ゆっくり生活できるようにタープを立てた。

今日は時折雨がパラつき蒸し暑つかったが、さすが夕方になると涼しくなってきた。

Dsc09512_r Dsc09521_r Dsc09525_r





2015年7月24日 (金)

今日も暑い一日

キャンプ場で快適な朝を迎えた。
8時ごろから陽射しが出て暑い一日が始まった。
田pを畳んで10時前に出発し、朱鞠内湖に向かった。
朱鞠内湖は島影と湖岸線が美しい人造湖である。木陰でヤキソバを作って昼食を摂り、しばらく休憩して午後1時に湖を後にした。
道の駅なよろで休憩し、名物のイチゴ大福を食べた。しっかりとしたお餅を使っており腹持ちもよい。
今宵は「いごっそうさん」お薦めの旭川市21世紀の森キャンプ場で過ごしている。
サイト・自転車・温泉まで何もかもが無料という考えられないようなキャンプ場である。
雨の心配もなく快適な夜を満喫している。

明日からは奥殿のたっての希望で「ガーデン街道めぐり」のスタートである。
あまり暑くならないことを祈る。

Dsc09462_r Dsc09472_r Dsc09493_r

23日:突然の猛暑

昨夜は雨も降らず、楽天が大量得点していたので9時に就寝、今朝は3時過ぎに目が覚めた。
空が白んで来たら久しぶりに束の間の朝焼けを拝むことが出来た。

昨夜はPCのバッテリーとポータブル電源に不安を感じたので、8:10に「けんぶち」を発ち国道40号線を北上して格安オートキャンプ場(電源・水道付きオートサイト2000円)のある道の駅ピンネシリ(漢字で敏音知と書く)を目指した。
途中道の駅名寄(ゴミOK、コインランドリーありで、車泊多し)に立ち寄って、町のスーパーで買い物を済ませて北上開始。
道の駅びふか一休みしてピンネシリに昼前に到着した。
早速キャンプ場を偵察したが、アブの大群に襲撃され「ここは不適」と退散する羽目に。
来た道を取って返して「道の駅びふか」のそばのキャンプ場を目指した。
ここはピンネシリより500円高いが、環境・施設ともに超一級(?)。 びふか温泉が目の前にある。
強烈な日差しの下でタープを張り、洗濯とバッテリーの充電を開始。
今宵は電源の心配もなく、ゆっくりとキャンプ生活を楽しんだ。(ちょっと多めのビールと焼き肉)

明日は朱鞠内湖を観光して南下を始める。

それにしても今日は暑かった。

Dsc09436_r Dsc09441_r_2 Dsc09448_r




22日:雨模様の移動日

余市で目が覚めたら駐車場は満杯。今朝土地の人から得た情報により穴場のスポットに移動して朝食をとり8時に出発。
札幌郊外で買い物をして273号線を北上し、道の駅つるぬま、北竜で休憩して16時5分に道の駅けんぶちに到着。
とても綺麗で温泉ホテルも近くにありここで泊まることにした。
道中雨が降ったり止んだりだったが夕方になってほぼ上がったようだ。
夜中にパラつくかもしれないが、今夜はハクを外のテントに寝かせることにした。
あすは何とか快方に向かって欲しいものだ。

2015年7月21日 (火)

曇りのち雨

夜中に少しパラついたが明け方には止んで朝の仕事は順調に片づけられた。

道の駅島牧の近くにある賀老高原の無料キャンプ場に足を延ばし、洗濯と洗車をした。
そばには渓流があり滝もあるが、滝に向かう道には「ヒグマの生息地・熊に注意!」の看板があり、近くのつり橋から渓流を撮ってそそくさと車に戻った。

10時に島牧を出て、4年前に泊まった寿都の道の駅に立ち寄った。
11時に寿都を出て余市へ。
今夜から明日にかけて雨になりそうだが、余市の道の駅は雨除けになりそうなところもいくつかあるので宿はここと決めて小樽に向かう。

このころからポツポツ来始め、小樽運河を散策するころは土砂降りとなった。
早々に余市に戻り、銭湯で疲れを取って夜を迎えている。
付近に適当な道の駅がないこともあり、駐車場は泊り車で8割方埋まっている。

明日の天気が気がかりだが、今は小康状態である。
明日は天気を見ながらなるべく北を目指すつもりである。

2015年7月20日 (月)

第一日目

5時起床、6時50分大間出航、8時20分函館入港。

仙台で治ったはずのハクの手の湿疹の様子が変なのでネットで函館の動物病院を探して9時前に連れて行った。休日でも頑張る良い先生で、注射と1週間分の薬を処方してもらった。(ずいぶん良くなったようだ)。 その後トラピスト修道院を訪問して日本海に抜け、「道の駅もんじゅ」、夷王山を経て国民宿舎あわび山荘で入浴を済ませて「道の駅よってけしまぬき」で第一夜を迎えた。

途中日本海に沈む夕日を小一時間撮影した。 天気が回復してくれてラッキーだ。 明日以後の天気は北ほどよさそうなのでこのまま北上する予定。

Dsc09309_r Dsc09325_r Dsc09364_r







2015年7月19日 (日)

大間フェリーターミナルで明朝の出航待ち

今朝は久々に朝日と共に目覚めた。
夏の日差しは強い。
8時前に荷物の積み込みを終えたが、首から上は汗まみれになった。
顔を洗って8時30分に出発。 一路「大間フェリーターミナル」を目指す。

東北北部は曇り空で時折小雨が降った。
途中サービスエリアや道の駅で休憩しながら午後5時前に大間に到着。
大間温泉海峡保養センターでゆっくりと入浴し、買い物を済ませて午後6時5分にフェリーターミナルに到着した。
ターミナルビルは午後9時半まで開いていて、外には24時間使える綺麗なトイレも完備している。
明日6時50分の船待ちの車がたくさん泊まっているかと思ったが、時間の早いせいもあるのか今のところ貸切状態。
ターミナルビルの真ん前に車を止めてゆっくり夕食を済ませ、ターミナルビルの待合室でPC仕事をこなしている。(完全貸切)

外は海霧につつまれてヒンヤリと寒い位である。
仙台は34度だったとか、16度の世界で避暑が出来た。

いよいよ明日から北海道の旅が始まる。
天気もよさそうで楽しみだ。

写真1 道の駅七戸 : 文化村に併設された素晴らしい駅

写真2 道の駅七戸の裏庭

写真3 大間フェリーターミナル

Dsc09280_r_2 Dsc09282_r Dsc09283_r







2015年7月17日 (金)

のろのろ台風に惑わされ

明日(7月18日・土)に出発して19日の船で北海道に渡るべくフェリーの予約を入れていたが、のろのろ台風のためお天気が読み切れず最終的な予定を立てるのを躊躇していた。 早く台風が抜けて欲しいが何とも苛立たしい。

現在の予報では20日(月)からは東北・北海道の天気が安定しそうなので、フェリーの予約を20日に変更し、出発を1日遅らせて19日(日)とすることにした。

今日は寝具・テントほかの大きな荷物の積み込みと保存食材の調達を済ませた。

明日はハクのシャンプーをし、衣類・食材・その他の生活物資を積み込んで出発に備えることとする。

昨年は「富良野へそ祭り見物」を目的の中心に据えたが、今年は「これ」と言った目的は設けていない。 適当にキャンプ場も利用して天気と相談しながら「行き当たりばったり」ののんびりツアーをしたいと思っている。

九州・中四国・近畿・東海に大きな被害をもたらした台風ではあるが、仙台ではまだそれらしき影響は出ていない。 予報では大きく崩れそうにはないものの、どのような形で台風が終息するのかいまだに落ち着かない気持ちでいる次第。

被害を受けられた地方の皆様、お見舞い申し上げます。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »