2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月30日 (金)

久しぶりの大雪

昨年暮れに降って以来まとまった雪の降ることは無かったが、今日の午後から湿った雪が降り始めて日暮れ前には結構な積雪となった。 夜に入っても止む気配はなく一晩中降り続きそうな気配だ。 午後からスポーツクラブに出掛ける予定だったが、下手をすると帰りに団地への坂が上れなくなるのでは・・・とビビッて、Gyaoで映画を一本見て過ごした。(エネルギー消費量としては上下大違い)

明日の朝は雪かきでしっかり運動量を回復することとしよう!(とは言え考えただけでもゾッとする。)

 Dsc06571_r_r Dsc06573_r_r Dsc06580_r_r








 

2015年1月19日 (月)

こんなこと初めて

お年玉付き年賀はがきの当選発表があった。
毎年数枚は「切手シート」が当たっていたが、なんと今年は「ぜ~んぶハズレ」。
こんなことは初めての経験である。
今年は「運頼み」の生活はやめて、地道に・真面目に・こつこつと日々を送ることにしよう。

昨日は天気も良く、車も「キャンピングカー・モード」に戻してあるので南部の亘理町方面にドライブに出掛けた。
亘理は津波で大きな被害を受けたところであるが、イチゴハウスもあちこちに見られるようになっていた。
浜近くは跡形もなくなった「元住宅地」の荒涼とした光景に変わりはない。
海岸沿いには高い防潮堤が延々と続き、海の景色は見えなくなってる。
それでも漁港とその隣の復興ふれあい市場、温泉施設は立派に営業を開始し、近郊の人の復興拠点となっているようだ。
日曜とあって結構な人出で賑わっていた。
名物の「ほっき飯」と「さけイクラ弁当」を買って、車の中で昼食を摂った。
ふれあい市場には新鮮な野菜や魚介が安値で販売されており、すぐに買い物籠がいっぱいになった。
「いまだ復興の道遠し」を感じたドライブであった。

Dsc06558_r Dsc06560_r Dsc06566_r







2015年1月 3日 (土)

静寂が戻った三が日最終日

暮れの26日に台湾の孫たち一家4人が帰省した。

その後順次帰省客が増え、家族9人全員が顔を見せると言うにぎやかな正月を送ることが出来た。

孫たちは2年ぶりに雪に触れ、スキーやそり遊びに興じて久しぶりの仙台での冬を楽しんだようだ。

彼らは今朝の新幹線で仙台を発ち、東京で少し遊んで羽田発夕方の飛行機で台湾に向かった。 今頃は台北に到着していることと思う。

今の我が家は老夫婦二人の時間が戻り、なんだか気が抜けたようで何事にも力が入らない。

上の孫(お兄ちゃん)は、仙台に着いた翌日から熱を出し、ひどい口内炎に罹ってろくに食事もとれず、高熱が続いて「休日急患診療所」に飛び込んだりと実に可愛そうな日が続いたが、幸い2日にはほぼ回復してそり遊びもできるようになってホッとした。

それに引き替え妹は元気そのもの。静かなのは昼寝の時だけといった調子で、みんなに「元気のおすそ分け」を振り撒いてくれた。

そんなわけで「波乱万丈」を予感させる2015年の三が日も終わろうとしている。 この一年も、家族みんなにとって幸多き年であることを祈っている。

Dsc06387_r Dsc06517_r Dsc06531_r







« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »