2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月24日 (月)

秋の連休も終わった

「ブラッと旅」から昨夜8時に戻り、今日は午前中から写真教室。 バタバタの一日だった。

旅の二日目(11月22日)は、「道の駅きつれがわ」を9時過ぎに発ち「道の駅ばとう」によって「馬頭広重美術館」に立ち寄った。 広重・北斎の幾多の版画が集められており、美術館の建物も中々のもので想像以上に素晴らしかった。ちょっと立ち寄るつもりが1時間以上滞在することになった。

それから銚子の犬吠埼灯台を目指したが、昼食休憩に車を止めた大洗海岸がこれまた素晴らしく、サーフィンを楽しむ若者(いや、若者ばかりではない)の写真を撮ったりでここでも思いのほか時間を費やした。

午後3時半に犬吠埼に到着し、30分ほど海を眺めたり灯台の写真を撮った後、マイフレさんから教えてもらった「夕日スポット」へ移動。 「秋の日はつるべ落とし」で焦る気持ちを抑えながら犬吠埼から南下。 外川漁港に着いたら夕日が目に入った。(まさか太平洋に面した所から夕日が見えるとは思ってもいなかった。) マイフレさんから教えてもらったところとは違ったようだが綺麗な夕日をカメラに収めることが出来た。(マイフレさん、ありがとう)

夕日を撮って、翌日の帰りに備えて「道の駅いたこ」に着いたのは午後7時。 食事を済ませて「日記」も書かずに一日が終わった。

最終日(11月23日)は、9:30に出発し、佐原の街並みを見て「道の駅しもつま」「道の駅しもつけ」を経由して矢板ICから東北道へ。 なんと!、福島で交通事故のため通行止め。 手前の二本松で国道に下り、白石までした道を走り、丁度午後8時に家に着いた。 2泊3日、838キロの旅も無事終わった。

Dsc06133_r Dsc06154_r Dsc06160_r







2014年11月21日 (金)

唯々移動

10時前に家を出て、朝の混雑を避けて高速道路で白石まで。
白石からは「した道」をひたすら南下。
福島県二本松の「道の駅あだち」で昼食休憩。
安達太良山も雪化粧をしていた。
昼食を済ませて国道4号線を南下。
ほとんど枯葉になった晩秋の那須高原を通過し大田原市の町を経て午後3時45分に「道の駅きつれがわ」に到着。
しばし駅の周りを散策し、夕焼けの写真を撮って「日本三大美肌の湯」で体を休める。
この駅には一度泊まったことがあるので喜連川温泉には入ったはずだが、さっぱりその時の情景を思い出すことが出来ない。 連れ合いも「思い出せない」と言うので、ひょっとすると他で入浴を済ませてきたのか、それとも二人そろってボケたのか。
何れにせよ今日の温泉は兎に角快適だった。(忘れることは無いだろう・・・多分???)

明日は近くの広重美術館を見て犬吠埼を目指すつもり。

Dsc06001_r Dsc06002_r Dsc06017_r







2014年11月17日 (月)

「あの世の住まい」を確保した

来年は親父の亡くなった歳を迎える。

幸いにも今は元気そのものではあるが、そろそろ終末期のことも考えておいた方が良い歳を迎えていると言う事か。

人間いつかは死を迎える。 「骨は海に撒いてくれ」「樹木葬にしてくれ」・・・。 いろんな考えがあるようだが実際に海に撒いたり樹木葬を行うのは遺族の仕事になる。 「先祖代々の墓」に入る事が決まっている人は別として、残された者が「お骨をどうするか」はシンドイ仕事である。 また、一方では「お墓の守り」が大きな社会問題にもなっている。

さて、どうしたものか????

先日、仙台市の市営墓苑の利用申し込み受け付けがあった。 家内とも相談の上「とりあえず二人だけが入れる墓地だけも確保しておこう」と言う事になり、ダメモトで申し込んだら「角地」の良い所が当たった。(来世の住まいも抽選か~、やっぱり角地がいいかな~) 子供たちに話したら「確保しておいた方が良い」とのことでもあったので、今日お金の支払いを済ませた。

子・孫の代で果たしてこの地に住んでいるかどうかは分からず、墓守までは期待しない。 とりあえず「お骨」の納め場所について子孫に迷惑を掛けないように場所だけは確保しておこうと言う事である。

墓苑にはいくつかのタイプがったが、こじんまりとした芝生タイプのものにした。 部屋のスペースに若干の余裕はありそうなので、子孫が希望すればあの世での再会も大歓迎。

これでいつでも死ねる。 安心して(管理料を払いつつ)「死ぬまで元気で遊びまくろう」と思う。

2014年11月 8日 (土)

「産直」に燃える

天気がよく家にいるのも勿体ないと言う事で、晩秋の景色を見ながら久しぶりに山形の産直売り場へ出かけた。

東根市の「よってけぽぽら」はいつ行っても大繁盛である。 季節の果物、野菜、弁当などの加工食品、土地の土産物、スウィーツ等々品数・量とも豊富さにおいてはどこにも引けを取らないのではないか。 今はラフランスの最盛期で贈答用の宅急便出荷に大忙し。 周りの畑には、真っ赤に色づいたリンゴがたわわに実っている。

握り飯とおかずを買い車の中で昼食を済ませ、ラフランス、リンゴ、柿、ミカン、白菜、ネギ、きのこ等々しこたま仕入れた。 とにかく新鮮で安い!

なぜかいつもここに来ると燃える。

Dsc05971_r Dsc05976_r Dsc05980_r







2014年11月 4日 (火)

台湾旅行のダイジェスト(デジブック)

台湾旅行のダイジェストをデジブックにしました。
旅の一部ですがご覧いただければ幸いです。

http://www.digibook.net/d/ae85af33a0da8a09350aa1001bcefc15/?viewerMode=fullWindow

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »