2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ひとまず「これで終わり?} | トップページ | 思い立って旅に出る »

2014年3月11日 (火)

区切り

あれから三年目の14時46分は静かに過ぎた。
今日は「その時」をスポーツクラブのヨガレッスンの最中に迎えた。
全員で1分間の「瞑想」の時間を持った。
あぐらを組んで目をつむり胸元で合掌。

その間、取沙汰されている「東南海トラフ」が暴れるのではないかという不安を感じながら、3年前に太極拳の最中に発生した強烈な揺れや、とるものもとりあえず外に飛び出して、雪の舞う駐車場で肩を寄せ合いながら鎮静するのを祈っていたことが鮮明に思い出され、とても「瞑想」どころでは無かった。

TVは震災特集番組で占領されている。
瓦礫が無くなったことの他は、実質的な復旧・復興は遅々として進んでいないことを改めて実感する。
今日を一つの区切りとして、被災者の暮らしに明るさの見える日が一日も早く訪れることを祈らざるを得ない。

午前中、眼科へ行って術後2週間目の診察を受けた。 経過は順調で、次は1か月後に診察を受けることになった。
こちらも今日で一区切り。


« ひとまず「これで終わり?} | トップページ | 思い立って旅に出る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もう3年ですね。新沼謙治がラジオで話しをしていました。同じ震災を経験したものどうしが、頑張ってねというのは、励ましになるが、被災地でないところから、短期間やってきて「頑張って」と言われると、どうにもしっくりこないと。人の気持はそういうものだと思います。
いかに短い時間でも、気持ちを共有することが、一番心がけねばならないことだと教えられました。

投稿: そよ風君 | 2014年3月13日 (木) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとまず「これで終わり?} | トップページ | 思い立って旅に出る »