2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 渡り鳥のメッカ | トップページ | 安物買って一苦労 »

2014年1月15日 (水)

お正月気分ともお別れ

今日は小正月。 「女正月」とも言われ、暮れから正月にかけて大忙しだった奥方たちの労をねぎらう日でもある。 昔は奉公に出ていた娘たちが休みをもらって親許に帰らせてもらえたようだ。(いわゆる「藪入り」)

昨日14日は各地の神社で「どんと焼」が行われた。
宮城県では「裸参り」の行われるところも少なくない。一番有名なのは、全国放送でも紹介される仙台の大崎八幡宮である。
市内の会社や団体が数人から数十人のグループで、白鉢巻きにさらしを巻いて三々五々神社に参詣する。日暮れ前から深夜まで、総勢3000人がお参りしたらしい。

小生は、田舎町の風情を求めて登米市佐沼の裸参りに出掛けた。
こちらは町のメインストリートの北の端の羽黒神社から南の端の津島神社までの約1キロを、手に松明を掲げて大名行列さながらに整然と隊列を組んで行進するのである。
5年ぶりに訪れたが、ちょっと他では見ない裸参りである。

行進が始まるまでの間、「まちの駅」では甘酒のふるまいやカラオケ・歌手のステージショー等々余興もあり、いかにも田舎町の風情があって楽しいどんと祭だった。

Dsc00374_r Dsc00432_r Dsc00501_r







« 渡り鳥のメッカ | トップページ | 安物買って一苦労 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 渡り鳥のメッカ | トップページ | 安物買って一苦労 »