2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月27日 (月)

遅まきながら新年会

昨夜来の雪も大したことなくホッとしている。
午前中に車から荷物を下し旅の後始末。

午後からは今年初めての写真教室とクラブ行事のため町に出掛ける。
クラブ行事終了後、遅まきながら新年会が予定されている。
このところ呑み会の日は午前様が続いている(癖がついた?)が、今日はできれば二次会にも参加せずに早く帰るつ・も・り。

雪は相変わらず舞っているが、陽射しも出てきたので外出には支障なさそうだ。

2014年1月26日 (日)

初車泊無事終了

トラックのアイドリングにも悩まされず、夜半の雨も上がって青空の清々しい朝を迎えた。
日の出前にハクと手賀沼のほとりを散歩して、沼の朝模様を写真に収めた。

9時半に道の駅沼南を発って、手賀沼公園に立ち寄ってから蔵造りの駅舎の「道の駅さかい」に向かった。
しばし休憩して、江戸川向こうの関宿城を覗き、「道の駅にのみや」へ。
「にのみや」は二宮尊徳ゆかりの土地に建つ駅で、この辺りは日本一のイチゴの産地でもあるそうだ。

13時半に「にのみや」に別れを告げて、矢板から高速道に乗って我が家を目指した。
かくして今年初めての旅は9か所の道の駅を巡って幕を閉じた。

今日は朝から暖かく時には冷房を入れるほどだったが、午後から風が強くなり、強風に煽られながら北上するにつれ気温も急激に下がってきた。
18時過ぎに帰宅したころから雪が降り、見る見る辺りは白銀に包まれた。
今は小降りになっているが、明日の朝が心配だ。

Dsc00626_r Dsc00678_r Dsc00691_r







2014年1月25日 (土)

7つの駅を制覇

羽生SAを9時前に出て、道の駅羽入-童謡の里大利根ーきたかわべー古河ー五霞ー庄和を経て、今宵の宿手賀沼ほとりの「しょうなん」に午後5時前に着いた。
それぞれの駅で土地の名産を口にしたり夜のおかずの調達をした。

「こが」は昨年7月にオープンしたばかりで、広くて全てが綺麗、かつ大型車ともある程度分けられているので泊りには最高の駅と言えそうだ。
「しょうなん」は道を挟んでスーパー銭湯があり、駐車場は全て小型車用になっていて、安らかに眠れそうな気がする。ここもお薦めか?(結果は明日の日記に書きます。)

渡良瀬遊水地に寄ったら、野鳥観察の人たちが大勢望遠鏡を覗いていた。
何時もカメラマンしか見ていなかったが、趣味には色々あるものと改めて感じた次第である。

Dsc00611_r Dsc00621_r Dsc00600_r

2014年1月24日 (金)

初旅

この週末は小春日和が続くと言うことで、今年初の車旅に出かけた。
今回の目的は、昨年末に新装オープンした東北道上り線の羽生PA視察と、埼玉・茨城・群馬の道の駅巡りにした。

午後1時半に家を出て東北道を南下。途中のSAで休みながら午後6時半に羽生に到着。
江戸情緒満点の建物で、鬼平犯科帳の舞台を再現している「新型」のSAである。
建物の中は江戸の街並みになっており、天井は時間を置いて朝・昼・夕と色を変えた空が映し出される。
ちょっとしたテーマパークだ。

今夜はここに泊まって、明日は近辺の道の駅巡り。
手賀沼の駅で泊まって日曜には帰途に着く予定。

Dsc00581_r Dsc00585_r

2014年1月21日 (火)

安物買って一苦労

家内のPCには「Officeソフト」が入っていなかったのでAmazonで安いのを探して購入した。
Word, Excel, PowerPoint だけの中国からの並行輸入品である。

送られてきたのはキーコードだけ書かれた名刺程度のカードだけ。取説も何も入っていない。
???だいじょうぶか???

PCのメールを開いたら、ダウンロード、インストール、認証などについての説明がPDFファイルで届いていた。
説明に従って作業を進めたら、何とかインストールまでは無事に進んだ。
「認証」はインターネットではなく電話認証が必要とのこと。ただしそのためには中国の連絡先に電話しなければならない。(そんなバカな!)

説明書によれば、日本の販売業者が代行して「認証番号」を聞いてメールで教えてくれるとのことなのでそのように依頼した。
二日後に「認証番号」が届き、早速認証手続きを始めたが「この番号は無効です」ときたもんだ!!
「アッチャー、やられたか~?!」

色々悪戦苦闘の末、Microsoft Japan の電話番号にたどりつき、そこで認証番号を確認したら、業者から連絡を受けた48ケタの数字の一つに間違いがあったことが判明した。
購入して5日目にしてやっと完全インストールに成功したという次第。
(業者のミスがなければこんな苦労をせずに済んだのに・・・ついてない・・・)

安物探しの好きな小生ではあるが、1万円を捨てずに済んでホッとしている。

2014年1月15日 (水)

お正月気分ともお別れ

今日は小正月。 「女正月」とも言われ、暮れから正月にかけて大忙しだった奥方たちの労をねぎらう日でもある。 昔は奉公に出ていた娘たちが休みをもらって親許に帰らせてもらえたようだ。(いわゆる「藪入り」)

昨日14日は各地の神社で「どんと焼」が行われた。
宮城県では「裸参り」の行われるところも少なくない。一番有名なのは、全国放送でも紹介される仙台の大崎八幡宮である。
市内の会社や団体が数人から数十人のグループで、白鉢巻きにさらしを巻いて三々五々神社に参詣する。日暮れ前から深夜まで、総勢3000人がお参りしたらしい。

小生は、田舎町の風情を求めて登米市佐沼の裸参りに出掛けた。
こちらは町のメインストリートの北の端の羽黒神社から南の端の津島神社までの約1キロを、手に松明を掲げて大名行列さながらに整然と隊列を組んで行進するのである。
5年ぶりに訪れたが、ちょっと他では見ない裸参りである。

行進が始まるまでの間、「まちの駅」では甘酒のふるまいやカラオケ・歌手のステージショー等々余興もあり、いかにも田舎町の風情があって楽しいどんと祭だった。

Dsc00374_r Dsc00432_r Dsc00501_r







2014年1月12日 (日)

渡り鳥のメッカ

夜半の放射冷却で冷え込みが厳しく、ハクの水入れが底まで凍った。

日が昇るにつれて暖かさを感じるようになった。
お正月を過ぎて陽射しの強さも増し、日も大分長くなったようだ。

昼前に家を出て、県北の伊豆沼に向かった。
そこは冬の渡り鳥のメッカで、日本に渡ってくる雁の7割が来ると言われている。白鳥も大量に渡って来ているらしいが、ほとんどが餌場に散っているようだった。

このところの冷え込みで水面は結氷し、白鳥は沖合に閉じ込められていた。
波打ち際には風に打ち寄せられた氷が重なり、綺麗な自然の造形を見せてていた。

これからが「冬本番」ではあるが、気持ちの上では「春も間近」の感である。

Dsc00217_r Dsc00228_r Dsc00233_r







2014年1月 7日 (火)

消防出初式

年が明けて早一週間を過ぎようとしている。

お天気がよく暖かかったので、久々に出初式を見に出掛けた。
抜けるような青空の下、火消しの梯子乗りや消防車の一斉放水に、改めて新年の気分を味わうことができた。

町のど真ん中の広場での催しのため、梯子乗りは周りのビルの日陰になり、期待通りの写真が撮れなかった。
一方、一斉放水では霧状に広がった水の幕に綺麗な虹が現れ、期待以上のシャッターチャンスに恵まれた。

明日は車検を受ける。
代車にプリウスを貸してくれることになっており、ハイブリッド車の初体験をする。チョッと楽しみ。

Dsc00099_r Dsc00147_r Dsc00214_r







2014年1月 1日 (水)

穏やかな年明け

雪もなく、日差しに包まれた穏やかな年明けの一日だった。

ゆっくりとお節をいただき、年賀状に目を通してのんびりと午前中を過ごした。

午後は、腹ごなしを兼ねて近くの神社へ初詣に。
田舎の小さな神社ではあるが、年々初詣客は増加の一途をたどり、お参りも思うに任せない。
5列縦隊に並んで拝殿まで一時間以上かかる始末。遠目に手を合わせて今年の無事を祈って失礼することにした。

初詣に出かける前に千葉の長男から「あけましておめでとう。行ってきま~す」とメールが入った。
長男一家は(孫君たちともども)転勤で今日台湾に向かった。 空港からメールをくれたらしい。

長男は、小生が駐在していた台北で丁度40年前の1月2日に誕生した。いわば「40年ぶりの里帰り」と言ったところ。これも縁と言うものか。
土地柄、人柄も知れた所なのでこれと言った心配はないが、孫君たちが早く環境に馴染んで楽しい生活を送ってくれればと念じている。
彼らの生活が落ち着き、土地に馴染んだ頃を見計らって、ジジ・ババも懐かしの地を訪れたいと思っている。

Dsc00042_r Dsc00047_r Dsc00046_r







アケ・オメ2014

幸多き年でありますように。

_r

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »