2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

予想通りの結果

先日受けた人間ドックの結果が届いた。
全体としては予想通りの結果でまず一安心。

的中した予想
・ どうも最近お腹のポッコリが気になっていたが、「腹囲測定値が基準値以上です」(丁度85㎝の限界値)、「内臓脂肪の蓄積があります」「メタボリックシンドローム予備群」(前回は非該当)
・ 毎回指摘されている「食道裂孔ヘルニア・逆流性食道炎」(毎回引っかかって胃カメラを飲まされる。子供のころから牛のように反芻することがあり、自分ではこれは体質と思っている。今回もまた多分精密検査の結果「経過観察」となるのだろう)
・ 毎度ながら「糖代謝に異常が見られます。6か月後に再検査を受けてください」とのこと。一昨年は近所の内科で再検査を受けたが異常なく、昨年はサボった。 今年は一応受けることにしよう。

肺のCT検査では「明らかな肺がんや活動性炎症を疑う所見を認めません」と言う事で一安心。

まあ細かい点では色々書いてあるが、気に掛けることもあるまいと(勝手に)思っている。
とにかくもう少し真面目にジムに通って「脂肪燃焼」に励むことにする。

2013年11月28日 (木)

白内障

3月(?)に眼科で「白内障が出てますね、まだ手術をするほどではないようですが・・・」と言われて以来、どうも右目が気になっていた。
最近とみにカスミが気になり、久々に眼科へ行った。
最初の検眼の時、若い女性看護師(検査官?)に「3月から来てないの?だから悪くなるのよ」といさめられつついっぱい検査を受けて、結局手術を受けることにした。
人気の眼科と言う事もあるのだろうが、手術は来年2月25日に決まった。(本当はもっと早く受けたいが)

経験者の話によれば、「世の中が変わって見える」ほど良くなるらしい。

「目にメスを入れる」と言うのは怖い気がするが、医師を信じて明るい未来にかけることとしよう。
(もっといい写真が撮れるようになるかな~??)

2013年11月26日 (火)

写真展の打ち上げ

昨日は写真教室のあと全員で「反省会」を開催。
みんなで写真展を通じて感じたこと、来場者の反応、次回(第10回)に向けての改善点などを話し合った。

堅苦しいことは早々に切り上げて、ドドッと「ご苦労さん会」になだれ込む。
2時間ほど呑んで食って喋って・・・和気あいあいのうちにお開き。
あとは有志で二次会・三次会。

肩の荷が下りてホッとしたのか、調子に乗って梯子して呑みすぎ・・・。 帰り道のことはうろ覚え。
でも、寝る前に水をいっぱい飲んでおいたので二日酔いの苦しみはなかった。
「もう歳なのだから無茶するな」と言われても、「歳だからわけがわからくなる」のである。
困ったものだ。

2013年11月23日 (土)

いろはモミジ

仙台では数少ない「いろはモミジ」の名所が我が家から車で5~6分の所にある。
仙台市の指定木になっている賀茂神社のモミジだ。
今年も見事に色づいて、連日カメラマンが後を絶たない。 この土日は、七五三参りの家族連れも見られると思う。

今朝、鳥居の影が参道と重なる時間を見計らって写真を撮ってきた。
あまり気づかないのか、その時間帯に影を狙うカメラマンはほとんどなく、綺麗に紅葉したモミジにレンズを向けていた。

ここ数日午前中は快晴に恵まれ、絶好の行楽日和が続いている。

Dsc09536_r Dsc09564_r Dsc09573_r







2013年11月19日 (火)

撮影会

クラブ撮影会で福島県「喜多方蔵の街」と裏磐梯「曲沢沼の残照」の撮影に出掛けた。
秋晴れに恵まれ、寒さを感ずることなく撮影に没頭できた。

「蔵の街」の撮影には苦労したが、喜多方ラーメンはあっさりとして美味だった。

裏磐梯に向かう途中、太陽が雲に隠れて気がもめたが、日没前には晴れ上がって夕日が晩秋の山肌を赤く照らし、見事な残照と映り込みが目の前に広がった。

写真展の疲れも吹っ飛ぶ楽しい撮影会となった。

Dsc09418_r Dsc09450_r Dsc09504_r








2013年11月18日 (月)

写真展終了

昨日午後4時で写真展が終わった。

天候に恵まれたこともあるが、会員みんなが積極的に知人に声掛けした結果、過去最高の来場者を迎えることができた。
2000人には届かなかったが、1930人を数えることができた。

来場者の反応は上々で、「素晴らしい、感動しました」、「心が洗われました」、「体調を崩して落ち込んでいましたが、気が晴れ、元気を貰いました。ありがとう」など身に余る言葉をずいぶん掛けられた。

みんなの努力が報われた気がする。
来週「反省会」を開いて、1年半後の「第10回」に向けての改善点などを話し合うことにしている。

2013年11月14日 (木)

まずまずの前半

今日で写真展の前半を経過した。
来館者数は連日300人超。
最終日(17日、日曜)には2,000人にどこまで近づくだろうか。

クラブのOB・OGの人に案内状を出しておいた。
足腰の衰えや体調不良で退会された方が多かったが、半数以上の方が会場に顔を見くださった。
久しぶりにお互いに顔を合わせて楽しそうに昔話に花を咲かせたり、近況を話し合ったりしておられた。

とにかく機会を見つけて外出されることが何よりではないかと思い、毎回案内状を出している。

Dsc09346_r Dsc09362_r Dsc09367_r







2013年11月11日 (月)

写真展会場設営

明日から一年半ぶりにクラブの写真展が始まる。
今日は全員参加して会場の設営を行った。

会場は仙台市中心部の東北電力グリーンプラザで、毎回多くの人々の来館・来場を得ている。

日頃の努力の結果がどのような評価を受けるか、楽しみでもあり、不安でもある。
多くの来場者を迎えて、後日みんなで美酒に酔いたい。

Dscf3405_r Dscf3408_r




2013年11月10日 (日)

気まぐれな天気

昨日とは打って変わって雨交じりの鬱陶しい一日。
退屈しのぎに久しぶりに映画を観に行った。
昨日から上映されている「清州会議」。
日曜の上、109シネマズは10日は入場料1,000円と言う事もあるのか9割方座席は埋まっていた。こんなことは初めてだ。(いつもは平日鑑賞で、ガラガラ)

昨日は快晴の秋晴れで、名残りの紅葉を求めて山形(東根市)方面へドライブした。
その様子をデジブックにしたのでご覧あれ。

http://www.digibook.net/d/0cc48d9ba11e8ad523afb3302dd67d01/?viewerMode=fullWindow

2013年11月 6日 (水)

人間ドック

毎年「秋の恒例行事」となっている人間ドックを受けてきた。
昨年は8年ぶりの「大腸内視鏡検査」を受けたが、今年は5~6年ぶりに「肺のCT検査」を受けた。
帰り際の「内科問診」の時にモニターを見ながら医師の説明を受けたが、幸いにも問題はなさそうで一安心。さらに専門医が精査して結論を出すらしいので最終報告を楽しみに(?)待つこととする。
併せて内臓脂肪の検査もしたらしく、胸の上部から下腹部までの輪切り画像が動画のごとく連続して映し出された。
医師ははっきりとは言わなかったが、どうも腹部の脂肪層の面積が大きいようで、帰り際に「特に心配するところはないようですが、もう少し痩せましょう。運動は続けてください。」とポツッと一言。

毎年「脂肪肝(の疑い?)、血糖値、腎臓結石、逆流性食道炎・・・」など同じ項目について指摘があるが、今年は最終結果でどのような指摘をされるのだろうか?

それはそれとて、早くバリュームを外に出したい。

2013年11月 3日 (日)

イヤ~~~、勝っちまったよ~~

7割がた諦めていたが、シャットアウトで勝利。
見事日本一を勝ち取った!
おめでとう!東北楽天ゴールデンイーグルス!

優勝の原動力は、若手先発投手陣の(シーズン中にも見たことのないような)頑張りと、普段通りの打撃陣の活躍だった。

最後は田中が締めるという予想(希望)通りの展開となり、今年のプロ野球はめでたく閉幕。

さ~て、明日から夜の時間をどうして過ごそうか・・・。

気が抜けた

昨日は快晴秋晴れの一日だった。
家の周りのケヤキや桜が見事に色づき、実に綺麗だ。

昼食を兼ねて近くの山にドライブし、紅葉に燃える山を眺めながらミニキャンプを楽しんだ。

これからの車中泊に備えて注文していた「ガスボンベ式ヒーター」が届いた。
小型で運転席と助手席の間のボックスの上にちょうど収まり、具合がよさそうである。

夜は日本シリーズに見入ったが、残念ながら田中が打ち込まれ、今日の最終戦まで持ち越された。
なんだか気が抜けて、今日は「勝っても負けてもどっちでもいいや~」という気分である。

負けたとはいえ、リリーフ陣の力を最終戦まで維持させようと申し出て、160球の完投を成し遂げた田中の心意気は大したものである。多分、田中は「今僕にできることは、追加点を許さず完投することだ!」と思ったに違いない。

田中の気持ちにこたえるためにも、今日は総力戦で勝ちに行ってほしい。
そして、もしリードして9回を迎えたときは、最後を田中に締めさせてやりたい。
もし、本当に来シーズン大リーグに移るとすれば、良いはなむけにもなることだろう。

Dsc09253_r Dsc09260_r Dsc09266_r







2013年11月 1日 (金)

最高のシナリオ

昨夜の日本シリーズは球史に残る名勝負。

原は先発にエース内海を立て、星野はリードできていた5回で1ヒットで抑えていた辛島をスパッと替えて6回から則本を投入。
則本は前回同様に村田にやられて2点のリードを守り切れなかったものの、「強い気持ち」で同点で乗り切り延長戦へ持ち込んだ。

結局、西村の乱調(気持ち負け?)と楽天の「魂」で楽天が再度リードして、10回裏を見事三者凡退で抑え大手を掛けた。

正直なところ。9回に同点にされたときは「万事休す」かと思った。

レギュラーシーズン終盤に調子を落としていた選手もシリーズに入って調子を取り戻し、チーム状況は最高と言っても過言ではないと思う。

明日からは仙台に戻って「最後の締め」を迎える。
ここまで来たからには、「見せましょう、楽天の底力を!、見せましょう、田中の底力を!、見せましょう、東北の底力を!」

田中君、君にそこまで負わせるのは申し訳ないが、ここまで負けなかったのだから、ついでにもう一つ勝ってくれ! 打撃陣には最低でも1点は取らせるから・・・・。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »