2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月26日 (土)

雨中の撮影会

台風の影響で二日かとも雨交じりの撮影会となった。

奥会津の山々は見事な紅葉・黄葉に包まれていた。

雨にしっとりと濡れた紅葉の美しさを改めて実感できた。

取り急ぎ3枚を紹介しておく。

Dsc08900_r Dsc09028_r Dsc09075_r







2013年10月24日 (木)

なやましや~~~

明日から1泊2日で奥会津方面にクラブの撮影会で出かけることになっている。

あいにく台風27・28号接近中で「雨覚悟」の撮影会となること間違いない。
雨に備えて、大枚払ってレインコート式ポンチョを買った。
「雨の紅葉も絵になるよ」なんて日頃は言っているものの、やっぱり雨では気持ちがなえる。

何とも悩ましい天気模様ではあるが、ダメなときは早々に旅館に入って温泉でも楽しむこととしよう。

2013年10月22日 (火)

ついにやった~~~!!!

楽天イーグルス、ついに日本シリーズ進出決定!

10年前に近鉄が解体し、主力はオリックスに取られ、残党で結成した新球団。
球団立ち上げ時は、ホリエモン率いるライブドアか、三木谷率いる楽天か、どちらがオーナーになるかで仙台は盛り上がった。
小生は(というより大部分の人が)ホリエモンを歓迎した。
楽天に決まった時はがっかりしたが、今にして思えば「ホリエモンに決まっていたらどうなっていたのだろう???」と微妙である。

第1期監督の田尾を1年でクビにし、第2期の野村をあんな形で辞めさせ、後釜にヒルマンを据えた。
大方のファン(特に東北人)の気持ちを逆なでするような事ばかりやってきた三木谷ではあるが、9年目にしてリーグ制覇にこぎつけ、日本シリーズ進出を決めたことは素直に喜びたい。

定年を迎えて仙台の家に戻り10年が過ぎたが、
「わが60代は楽天球団と共にあり」と言った感がある。

さー、「アンチ・ジャイアンツ」を自負するわが身としては、何とか巨人にヒトアワ噴かせてやってほしい。(Gキチさん、ごめんなさい)

2013年10月17日 (木)

ヤッタ~~~!!!

田中の完封でまずは楽天1勝(いや、2勝)。
これからが修羅場???

今日で歯の治療も完了。
ひと月半前に奥から2本目の歯が欠けた。
虫歯ではなく、固いものを噛んで歯の内側半分がえぐれるように欠け落ちた。
15年ほど前に、反対側の奥歯が同じように欠けて治療をしたことがある。
歯医者に言わせると、歯そのものは固くて虫歯になりにくいそうだ。
「歯茎もきれいなので、これからは1年に1~2度歯石を取りに来ればよい」とのお告げ。
2度目の歯医者通いも無事終了。

歯磨きも適当だし、寝る前に甘いものを食べたりしているのに、歯で悩むことが少ないのは「親のおかげ」と感謝している。

さて、明日の楽天は?

2013年10月14日 (月)

旅はいいもの

満天の星が輝いた昨夜はぐっと冷え込んだ。
「本州最極寒の地」を標榜する岩手県北部山間地は、早くも零度(地元住民談)を記録したとか。

日の出前に付近を散歩し、のどかな中山間地の風景を楽しんだ。
朝食を済ませて近くの「くずまき高原牧場」に向かった。
丘陵の放牧地には、羊、乳牛、馬が秋の日差しを受けて食事に余念がない。 何とものどか光景に心癒された。観光牧場としての機能も備えているようには思われるが、そこはそれ、東北の奥地とあって「俗化」には程遠い感じがした。

くずまき高原を後に、昨日見過ごした「丹藤川」のビュー・ポイントを経由して再び岩手山の焼け走り溶岩流に足を延ばした。
一昨夜に初冠雪した山頂には白いものが見え、快晴の天候に恵まれて、色づいた山肌や黒い溶岩流が見事な景色を見せてくれた。

昼前に高速道に乗り、途中で道の駅で仕入れた昼食を食べて、3時過ぎに帰宅した。

Dsc08795_r Dsc08808_r Dsc08846_r







今回の旅も、予想を超えて収穫の多い旅になった。

2013年10月13日 (日)

しらかば~~、あおぞ~ら・・・

昨夜の雨は、ほんの通り雨で、夜中は満天の星空になった。
9時に眠りつき、4時前に目が覚めた。
国道沿いで市街地にも近く、素晴らしい道の駅とあって、朝には結構な泊組みがいた。
朝、庭園美術館を散歩していたら、きれいな虹が彫刻の上に現れた。
7時半に「道の駅石神の丘」を発って、丹藤川渓谷沿いに走り、道の駅「三田貝分校」を経て平庭高原に昼過ぎに着いた。
ここは今回の主目的地で、青空の下に広がる白樺林をゆっくりと散策した。紅葉も始まっていてなかなかのものだった。
近くの山荘前ではイベントもあり、あこがれの「豆麩汁」にありつけた。
山荘の温泉で温まって「道の駅くずまき高原」にたどり着いた。
山の中の静かな駅で、どうやら泊り客は他にはなさそう。 ちょっと心細い気もするが、静かな一夜を送れそうである。
明日は近くの牧場を見て、昨日立ち寄った「焼け走り溶岩流」にもう一度立ち寄って、早めに帰宅する予定。

Dsc08684_r Dsc08703_r Dsc08736_r







2013年10月12日 (土)

岩手山溶岩流

昼前にゆっくりと我が家を発って東北自動車道を西根インターまでひとっ走り。
天候は荒れ気味で、強風、雨、青空が不規則に繰り返した。
午後3時過ぎに「道の駅にしね」に着いたころから天気は急速に回復に向かい、気温がぐっと下がってきた。

西根の観光スポットに「焼走り溶岩流」というのがあった。すぐそばに入浴施設「焼走りの湯」もあるというのでそちらに回った。
見てびっくり! 200年前に噴火した岩手山中腹からの溶岩流が、真っ黒に辺り一面を埋め尽くしている。国の特別天然記念物だそうである。

「焼走りの湯」は、きれいで広く、見晴らしもよく快適な温泉だ。

体を温めた後、「道の駅石神の丘」で宿を構えた。
ここは施設も整っており、休憩室は24時間利用可能。おまけに給茶機まで備えられている。
産直コーナーやレストランも立派である。
町立の「石神美術館」が併設されていて、芝生広場もきれいな素晴らしい駅である。

明日は平庭高原の白樺林と辺りの紅葉を見に行く予定。

あれっ??? 強風が吹き出し雨音が聞こえてきた。 これからどうなるの???

Dsc08658_r Dsc08670_r Dsc08664_r







初参加

昨夜は会社のOB/OG、現役の有志の集まりに初めて参加した。
数年前から月一で集まって親交を温めているとか。
先月、たまたま旧友から声をかけてもらえ昨夜の参加となった。
総勢16~17名のメンバーのうち、10名前後で呑んだり食ったり旅したりと楽しんでいるようだ。
小生も仲間に入れてもらえることになり、また一つ楽しみが増えた。

そんな訳で昨夜は久しぶりに遅くまで呑んで歌って・・・、今朝は喉がイガイガする。

さて、この連休は何とか天気も持ちそうなので、紅葉を求めて岩手方面のクルマ旅に出掛けることとしよう。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »