2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月23日 (水)

長旅に備えて

まだ雪も溶けやらぬが、来るべき春のくるま旅に備えて「食生活の改善」にチャレンジした。

我が家のくるま旅では夕食は車内で摂り、原則外食はしない。
パックライスを温めて、カレーや中華丼などのレトルト食材をぶっかけて食べることが多い。オカズは途中のスーパーやコンビニ、道の駅で拾い集めたもので済ませている。

長旅になるとどうしても野菜不足になりがちで、栄養上も宜しくない。 そこで小振りなすき焼き鍋を調達した。 これがあれば鍋物や野菜のごった煮などが気軽に作れそうだ。

今日は天気も良かったのですき焼きの材料を仕入れて松島に出かけ、高台の駐車場で「真昼のすき焼きパーティー」と洒落こんだ。
狭い車内での調理ではあったが中々うまくできた。

これで栄養失調にならずに長旅もこなせそうだ。

4月になったらゆっくり四国めぐりに出かけようと思っている。

Dsc08386_r Dsc08388_r Dsc08408_r







2013年1月16日 (水)

日帰り温泉

大雪も一段落して今日は朝からいい天気。
しかしながら今朝ほどの冷え込みは仙台でマイナス5度近く、この冬の最低を記録した。
そんなわけで積もった雪はなかなか融けない。

気温は低いが、道路の除雪は進んでいるし天気も良いので久しぶりに温泉で体を温めることにしてプチドライブに出かけた。

寄り道をしながら昼過ぎに温泉施設に着き、近くの広場でカップラーメンを作って昼食。
産直売り場で新鮮で安い野菜を調達。(このところの冷え込みと積雪で、町のスーパーは品薄且つ値段が上がっている)

一休みしてから「加護坊温泉さくらの湯」で体の芯まで温まって帰った。 雪見露天風呂は何度経験しても応えられない。

Dsc08334_r Dsc08335_r Dsc08343_r







2013年1月15日 (火)

大雪

昨日の未明に降り始めた雪が今なお降り続いている。
太平洋沿岸に降る大雪は春を呼ぶ雪で、2~3月によく降るが、今からこれでは先が思いやられる。

昨日は町で写真教室があり、念のためと車を置いて出かけたが正解であった。
教室のあと、裸参りで有名な「どんと祭」の撮影に出かけようかとも思ったが、気力の衰えもあってカメラも持って行かなかった。(行けば「雪中裸参り」「天を衝くどんとの炎」・・・いい写真が撮れたかも)

薄日が差してきたが自然の雪解けを待つわけにも行かず、そろそろ雪かきを始めねば・・・。

Dsc08302_r Dsc08306_r Dsc08310_r







2013年1月10日 (木)

キャンピングカーモードに

松の内を過ぎた頃から寒さがぶり返している。
庭や公園の雪もしばらくは消えそうにない。
孫たちが帰ったあと、庭の片隅のブランコは、雪を乗せて退屈気に北風に揺れている。

昨日車検が終わった。
今日、午前中に車をキャンピングカーモードに戻した。「少し手直しを」とも思ったがこの寒さでは気力も萎え、とりあえず現状復帰にとどめた。

「寒中車中泊」も楽しそうではあるが、なんとなく一歩踏み出せないでいる。
旅に出かけられる日が待ち遠しい。

Dsc08301_r

2013年1月 6日 (日)

やっと初詣

暮れの30日から帰省が始まり七人が入れ替わり集まった。
二人暮らしの家にピークで九人が寝ることになり我が書斎も急遽寝室に模様替え。
家族全員が顔を揃えた正月を、怪我も病気もなく無事に過ごすことができた。

孫君たちは二日間スキーに挑戦し腕を上げたようだ。
今日の昼前の新幹線で、いっぱいの思い出と共に帰っていった。

バタバタで忘れていた初詣に近くの神社に寄ってきた。流石に6日ともなれば参詣客も峠を越え落ち着きを取り戻していた。
近くの沼に足を延して白鳥に新年の挨拶をして帰った。

今宵は正月休みの余韻を楽しみ、明日からは普段の生活を取り戻すべく気持ちの切り替えをせねば・・・。

Dsc03897_r Dsc03905_r Dsc08295_r







2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます。

快晴の穏やかな新年を迎えた。
今年一年、この青空のように明るい年であって欲しいものである。

午前中に一人が帰り、ごごは孫くん一家四人がやって来た。

孫くん、孫姫のために凧を作った。
小生が子供の頃遊んだ「扇だこ」で、近所の竹やぶで拾った枯れ竹で竹ひごを作り、障子紙に絵を書いて貼り付けたものである。
我が子が小さかった頃に一度作った経験を思い出しながら悪戦苦闘して一応形にした。

明日果たして空に舞ってくれるだろうか???

Dsc08261_r

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »