2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月28日 (金)

クラブ撮影会

暫く欠席していた撮影会に久々に参加した。
山形県の川西ダリヤ園と飯豊町の田園散居集落の撮影をした。
小雨交じりの天候であったが、花の撮影には好条件と言える。(直射日光はなく、花びらには水滴が)

ダリヤの撮影は初めてだったが、花の力強さには圧倒された。

黄金色に包まれた田園散居集落は、まさに「実りの秋」を実感させるに十分である。今年は大豊作のようだ。

来月は1泊で南会津と裏磐梯の紅葉撮影が予定されている。

Dsc01877_r Dsc01939_r Dsc01963_r







2012年9月26日 (水)

一日だけの秋日和

ここ数日小寒く雨勝ちの天気が続いていたが、今日は朝からスッキリと晴れあがり気温も25度を超えた。 日差しはあっても一週間前とは違って快適であった。
この天気も明日からは台風の影響で下り坂とか。

昨日、ディーラーへ行って改装車を見てもらい、この状態で車検を受けられるかチェックしてもらった。
「4ナンバー」で検査を受けるので2列目シートに座れる状態を確保しなければならないとのこと。
改装時にそのことは念頭に置いて作業をした積りだが、いざ言われて見ると心配になってきた。どうも1~2か所干渉して復元しないのでは?

恐る恐る畳んでいた2列目シートを元に戻そうとしたら、ぎりぎり何とか戻すことが出来た。
床板の一部を外すために数センチの切欠きが必要だったが、大きな改修なしに車検を受けられることが確認できてホッとした。

10月6日から北海道に出かける予定なので、細部の修正を重ねて「完成形」まで持って行くつもりである。

2012年9月24日 (月)

改装車試乗結果

「より快適な車中泊の旅を目指して」と猛暑と戦いながら取り組んだ成果を試しに二泊三日の試乗旅行をした。

ベッド・モード、リビング・モードの切り替えにより快適性は格段に向上した。
車内に散らかっていた荷物類も、収納場所を整備したことによりスッキリと整理できるようになった。

とは言え、就寝空間が若干狭くなったため寝るときに身の回りに置いておきたい小物類の置き場所や、照明灯の種類・設置場所などさらに改善すべき点もいくつか見つかった。

「次の旅」に備えて早速改修に取り掛からねば…。

昨日那須を離れる前に、道の駅の隣の「旧青木家那須別邸」を見学した。
明治時代に外務大臣などを歴任し、那須野が原で農場経営をした子爵青木周蔵の別荘である。
緑に包まれた白い館、洋風の内部、街道から玄関へ延びる杉並木。
往時の貴族の生活振りが偲ばれた。

Dsc01858_r Dsc01859_r Dsc01867_r







2012年9月23日 (日)

いつ以来? この涼しさ

小雨そぼ降る高原の朝を迎えた。
肌寒ささへ感じるこのしっとりとした感触はいつ以来のことだろう。やっと秋本番を迎える実感が湧いてきた。

那須高原の「道の駅 明治の森黒磯」は、森の中に静かに広がる旅人の心のオアシスとでいうような素晴らしいところである。
駐車スペースは二台ごとに芝生と木立で分けられていて、どこに止めても片側が芝生に接する構造で圧迫感がない。
手入れも良く行き届いている。すぐ隣の森の中にはいくつものテーブルとベンチが設置されていてピクニックには最高のところである。

その奥には歴史的建造物「青木邸」が、緑の木の間がくれに白い姿を覗かせている。9時開館なので帰りに見学しようと思う。

ここで出会った旅人曰く「天皇様繋がりの土地は、何処も整備がいいよねぇ」だと。

Dsc01848_r Dsc01850_r Dsc01851_r

2012年9月22日 (土)

那須で一泊

お昼すぎまで孫くん一家と遊んで2時頃に遊び疲れた体に鞭打って(?解放されてホッとて?)千葉を離れた。

那須高原の板室温泉の素晴らしい湯に浸かって「道の駅明治の森黒磯」に投宿。
ここは並みのオートキャンプ場には負けないほどの素晴らしい環境で、今後我が家の別荘地にしたい位である。
遅くなって写真に撮れなかったので詳しくは明朝の日記で紹介したい。

今宵は熟睡できるか?

2012年9月21日 (金)

寝心地

昨夜はこの夏初めて(?)の涼しい一夜を過ごせた。
ベッドの寝心地はと言えば、ベッドパッド自体の幅は前と変わらないが、サイドに家具を取り付けた分だけ就寝スペースの空間幅が窮屈になった。
従って夫婦間の溝が数センチ縮まったように感じた。(ううん???どういうこと???)
あと、「鴬張り」が多少気になるが、これは「リフォームの匠の腕の良さ」と認識することとする。

「道の駅はが」の産直コーナーは開店と同時に多くの地元客で大賑わい。過去に随分いろんな産直販売を見て回ったが、地元客が押し寄せる店は品物も良く値段も安い。ついつい予定外のものまで買ってしまった。

10時頃に駅を発ち、芳賀の街を見物した。多くの立派な社寺があり、往時より信仰心の篤い土地柄と見受けた。

千葉に向かう道すがら、益子の街に立ち寄った。以前一度サッと通過したことはあるが、暑さも和らいだので1時間あまり散策して益子焼きの茶碗を求めた。

午後5時半に孫君・孫姫の待つ(?、待っててくれたのかな?)千葉に到着。夜遅くまでお相手をしてヘトヘト。「我々の子育て時代もこうだったのか?」と、パパ・ママさんの奮闘振りに頭を下げながら、今夜はふかふかのベッドでゆっくり休ませてもらうことに。

Dsc01802_r Dsc01820_r Dsc01837_r

2012年9月20日 (木)

トライアル初日

千葉の孫くん宅には土曜日に行くことになっているので一日早く出発して改装車の使い勝手のテストをしている。
栃木県の「道の駅はが」に午後5時に到着し、隣接の温泉で体を休めた。
今日は曇りながら随分涼しくて露天風呂は快適そのもの。
ハクの散歩をして夕食の準備に取り掛かった。
車の使い勝手は中々のもの。食事の準備も食事も悠々である。 我ながら良く出来たものと自画自賛している。
食後に夫婦それぞれがパソコンを開いてメールチェックや家計簿、日記に取り組んでいるが楽な姿勢で作業をこなしている。

問題は、少し狭くなったベッドで安眠できるか否かである。
何やら心配やら楽しみやら・・・。

Dsc01786_r Dsc01793_r Dsc01794_r

2012年9月19日 (水)

久しぶりに強い陽射しを見ない一日

今日は彼岸の入り。
暑さの先が見えてきたようだ。
台風とその余波で関東以西は大荒れ模様。 東北地方は降ったり止んだりと一日中雨模様だった。 おかげで強烈な陽射しは免れたが蒸し暑さも厳しかった。

車の改装も細部の仕上げを終え試運転を兼ねた旅に出る準備が整った。
下北半島一周を計画していたが、敬老の日に孫君からインビテーションレターが届いたので予定を変更して明日から3~4日掛けて千葉方面に出かけることにした。

湿った空気が抜けて早く秋空が広がることを念願している。

2012年9月17日 (月)

ほぼ完成で~す!

連休中に何とか「ほぼ完成」レベルにこぎつけた。
先が見えてからの作業が思いのほか大変で、ずいぶん時間が掛ってしまった。
「暑さとの戦い」が続いたが、へこたれずにここまで来た。

あとは「ハクの乗車スペース」を確保してやらなければならない。

車の内装リフォーム:    17,387円
家具そのた備品の設置 : 20,673円
              〆て 38,060円

概ね予想通りの金額で完成できた。

これからは旅をしながら不具合点を見出して改良に取り組むことにする。

Dsc01761_r Dsc01764_r Dsc01766_r







2012年9月15日 (土)

キャンカーらしくなってきた

ベッド用に切り出したベニヤ板にスポンジマットを張り付けて、それに布張りを施してベッドパッドを完成させた。

スポンジは今まで使っていた三つ折りマットレスをサイズに合わせて切り刻んだ。
板とスポンジをボンドで接着し、やはり今まで使っていたベッドカバーとありあわせのハギレで包んだ。
妻の手も借りたので思いのほか簡単に、しかも綺麗に仕上がった。
車に仮置きしたらぴったりと納まりホッとした。

ベッドパッドを敷くと急にキャンカーの雰囲気が出てきた。 
午後からホームセンターとインテリアセンターを梯子して車内用家具を物色、何点か購入して帰った。
明日はさらに完成形に近づくことだろう。

①ベッドパッド作成中 ②ベッド仕様 ③リビング仕様

Dsc01753_r Dsc01757_r Dsc01759_r




 

2012年9月13日 (木)

遅々として進まず

車の改装作業が遅々として進まない。

とにかく日中は暑くて外で仕事をする気になれない。 そこで、日中はホームセンター巡りなどで資材調達とアイデア集めに努め、朝の内と夕方に作業することにしている。

それにしても9月に入ってからの暑さはなんだろう? 8月以上に厳しさを覚えるのは夏バテのせいなのだろうか?

何とかベッド下の部分の備え付けができた。
後部荷室、居住部分の概容が見えてきた。
「早く、はやく!」と気は急くが、「次のステップ」を考えながらの作業なので思うようには進まない。
せめて涼しくなってくれればいいのだが。

Dscf3145_r Dscf3148_r Dscf3152_r







2012年9月11日 (火)

車の改装①

いやいや全く秋風が吹かない。 真夏日記録更新中。

先日のキャンピングカー・ショーに触発されて車の改装に着手した。
昨日のうちに今迄のセッティングをすべて取り外しておいた。
ホームセンターの開店を待って第一段階の材料を手に入れ、大まかなカットをしてもらった。
炎天下での作業は厳しいので、近くのアウトレットの立体駐車場に出向き、日陰で車の形に合わせて寸法取りを済ませた。平日の開店直後の駐車場はガラガラだ。
家に戻って数年ぶりに電動工具を取り出して作業に取り掛かったが、工具は正常に動いてホッとした。
何しろ素人大工なので部分ごとに仕上げて、最終的に「モノ」にしたいと思っている。

今日はベッド下サイドの収納兼生活空間の収納ボックス置き台の製作に取り組み仮置きしてみた。 まだ部分修正が必要なようだ。

Dscf3133_r Dscf3137_r Dscf3140_r








2012年9月 9日 (日)

杜の都にジャズの響き

杜の都に本格的な秋の訪れを告げる「定禅寺ストリート・ジャズフェスティバル」が昨日・今日と開催された。

今年の参加団体は769、市内の中心部48のステージでジャズを中心とした音楽が鳴り響いた。
個人演奏からビッグバンドまで多くの聴衆を魅了していた。
去年は震災の影響で若干規模も小さかったようだが、今年は盛況で「十重二十重」の人垣ができ写真撮影もままならなかった。
どうもカメラを持つと音楽そのものを楽しむことを忘れてファインダーにばかり神経が行ってしまう。

来年からは「音楽」に集中して楽しむこととしよう。

Dsc01693_r Dsc01714_r Dsc01720_r







2012年9月 8日 (土)

キャンピングカーショー

秋晴れの晴天! 日差しは強く相変わらずの夏日。

「キャンピングカー・ショー2012東北」の案内状が届いていたので初めて見に行った。
軽からバスまで様々なキャンピングカーが勢揃い。まさに住宅展示場さながらであった。

どれも工夫を凝らし素晴らしい出来である。
我が家の車はハイエースバンを100%手作りで仕上げたもので、不自由な点は覚悟の上で工夫で乗り切っているが、やはりいいものを目にすると心が揺れる。
奥方お気に入りの1台を見つけたが、乗り換えるには200万円ほどの追い銭が必要だ。
毎年買い替えるほどの余裕もなく、会場で得たことをヒントに「さらなる改良」を加えるべく挑戦を重ねることにする。

また楽しみが出来た。
さて、明日から試行錯誤を重ねて頑張ろう!!

Dsc01682_r Dsc01687_r Dsc01685_r







2012年9月 3日 (月)

多少は秋の気配も

9月に入って朝晩少し涼しくなってきた。
とは言え日中は相変わらず暑く、今日で夏日の連続記録に並んだらいい。

今日からクラブのミニ写真展が始まった。
一番町商店街の三越別館5階の市民活動を支援する施設のロビーを使わせてもらった。初めての利用であるが、無料で会場、備品(展示用額縁)を貸してくれる。

今回は第1回と言うことで、自分のお気に入り作品をA4サイズで自由に展示することとした。
24人全員が展示、結構見応えのある展示が出来たと思う。

今後も続けて開催するかは、終了後に会員の意見を聞いて決めることになる。

気軽に手作り感満点の展示会を開くのもいいかもしれない。(会場に詰める義務もなく、手間も掛らない・・・というか・・・すべて「自由にどうぞ」と言う感じ)

Dsc01671_r Dsc01673_r Dsc01670_r







« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »