2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月29日 (水)

絶好の避暑地

真夏日の連続記録に迫らんばかりの勢いで暑い日が続いている。
明日も32度の予想でこの先1週間は30度越えになりそうである。

昨日はスポーツクラブで凌いだが、続けて通うだけの気力もなく思案に暮れた。

「そうだ! 豊齢カードだ!」
仙台市では65歳になると市の文化施設や動植物園などを無料で利用できるパスをくれる。
今年から妻も手に入れたので「天文台に行こう」と言うことで、初めて訪問した。
数年前に新装なった立派な天文台である。
展示室を覗いた後プラネタリウムに向かった。
「織姫と彦星」をテーマに「今夜の星空」の説明を受けながら、ゆったりとしたリクライニングシートに身をあずけた。 「涼しいところで昼寝でも」と思っていたが、何十年ぶりかのプラネタリウムに魅せられて、つい睡眠を忘れてしまった。

展示室とプラネタリウム共通券は1,200円だが、パスのおかげで無料。 何か申し訳ない気がした。

満天の星に天の川、宇宙のロマンに浸りながら最高の避暑が出来た。

Dsc07371 Dsc07370


2012年8月24日 (金)

厳しい残暑

全国的に残暑が厳しいようだ。
当地(仙台)もご多分に漏れずお盆明けから三十数度の日が続いている。
所により夕立の降っているところもあるらしいが、我が家辺りはサッパリ降らない。
最近少しましにはなったものの、夜になっても一向に涼しさを感じることはない。

「こんな時は避暑に限る!」と昼前からスポーツクラブに出かけた。
家を出るまでは億劫で中々踏ん切りがつかないが、腹を決めて出かければ車のエアコンが心地よく、2時間ほど体を動かしてシャワーを浴びると体がシャキッとする。
スポーツクラブはショッピングモールの一角にあり、シャワーを浴びた後冷房のよく効いたスーパーでショッピング方々ふらついているのが至福の時。
日も傾き始めたころ家路につき、TVを見ながら缶ビールを「プシュ!」。 これまた至福の時。

いやはや何と贅沢な(?)時間の使い方か。

延び延びになっていた「山陰くるま旅」の記録スライドショーDVDをやっとのことで仕上げた。
これを仕上げると「次の旅」の虫が騒ぎ始める。
さて、どうしたものか・・・。
カレンダーと睨めっこしながらあれこれ思い悩むのも楽しみの一つである。

2012年8月15日 (水)

昨日、仙台での短い夏休みを過ごして孫君一家が千葉に帰った。
6歳のお誕生会、カブトムシ園に行ったり、花火をしたり、バーベキューをしたり、こちらでできたお友達と遊んだり・・・それなりに充実した日々を送れたことと思う。

明日からは一家で那須へキャンプに出かけるとかで、それも大いに楽しみにしてる様子だった。

「嵐の後の静けさ」の中、写真の整理やデジブックつくりに取り組んでいる。

「東北三大ねぶた」をデジブックにしたのでご覧あれ。

http://www.digibook.net/d/afc4c37bb0d8a44d396529a673ddfd41/?viewerMode=fullWindow

Dsc01539_r Dsc01585_r Dsc01597_r







2012年8月12日 (日)

お客さま

昨日孫君たちが帰省した。
8か月ぶりの再会である。

静かだった我が家が急に活気づいた。

車旅の疲れも癒えぬ間に新たな一週間が始まった。

Dsc01525_r Dsc01521_r

2012年8月 8日 (水)

ねぶた見物

8月5日(日)午後から青森ねぶた見物に出かけた。
5日は青森近くの道の駅で泊まり、6日は青森市内の下見をして夜の祭りに備えるつもりだった。

5日午後5時には弘前の手前の道の駅碇ヶ関に到着。地元の人に話を聞くと、「今からでも弘前ねぷたは見られるよ」とのことで「弘前ねぷた」も見ることに。
涼しい夜風を受けながら予定外のねぷた見物をした。扇型の綺麗な山車が夜空に輝いた。

道の駅弘前で夜を明かし、6日午前中は黒石田舎館村の「田んぼアート」を見物。
ここも予定外だったが、かねてより見たかったので寄り道した。
古代米や世界の各種稲を植えて田んぼに巨大絵を描いている。ちょうど見ごろのようで実に素晴らしいアートが田舎の田んぼに描き出されていた。
実に精密な出来栄えで驚いた。

青森ねぶた本番までたっぷり時間があったので、棟方志功記念館で棟方アートに浸り、続いて郊外の「ねぶたの里」に回って歴代秀作ねぶた見物のほかいくつかの体験実習などねぶたの勉強をした。

午後6時ごろ町なかの駐車場に車を入れてねぶた本番開始に備えた。
さすが「青森ねぶた」は迫力が凄い!
4車線道路を埋め尽くすほどの巨大ねぶたが次々巡行し、太鼓、鐘、笛の響きに合わせて跳人が踊る。

一度は見ておくものだと実感した。

早めに引き上げて、道の混まないうちに道の駅浪岡で宿泊準備。
夜も更けるにつれて、最後まで見たのであろうねぶた帰りの車が駐車場を埋め尽くした。

7日(火)は八幡平を経由して「蒸けの湯」温泉の露天風呂に浸かって帰宅した。

2泊3日の小旅行だったが思いのほか充実した旅が出来た。

Dsc01276_r Dsc01339_r Dsc01440_r



「山陰車旅」の記録の完成

やっと「山陰旅行」の最終編(④)をデジブックにできました。

何よりも期間を通して「暑さ」には閉口しましたが、見どころ満載、予定外訪問、予定変更(省略)などなど気ままに動けるのが車中泊の旅の醍醐味(?)です。

思い出いっぱい汗一杯の楽しい旅が出来ました。

http://www.digibook.net/d/8ac5875b915da405258029043ddc7c43/?viewerMode=fullWindow

さて、次は・・・いつ・・・どこへ・・・
まだまだ夢はふくらみます。

2012年8月 5日 (日)

山陰の旅の記録第3弾

暫く涼しい日が続いていたがまた蒸し暑さが戻ったようだ。

小生の書斎(作業場?)は西日が当たり夜になっても涼しくならず、旅の記録の整理が進まない。
やっと石見銀山から蒜山高原までをデジブックにまとめ上げた。

http://www.digibook.net/d/a994af33901ea44d3582ab9001debd41/?viewerMode=fullWindow

最後まで完成してからにすればよいものを、「青森ねぶた」を見たくなって午後から出かけることにしてしまった。
明日の青森は雨模様の様だかとにかく行ってみよう。

2012年8月 4日 (土)

東北の夏祭り

東北の夏祭りが佳境を迎えている。
青森ねぶたを皮切りに秋田の竿灯、山形の花笠、福島のわらじ、そして6日から仙台の七夕。
その他にも各地で多彩な夏祭りが繰り広げられている。
今年は震災後2度目の夏と言うことで、どこも復興に向けての力強さがみなぎっているようだ。

山陰ツアーの疲れと暑さバテでおとなしくしていたが、このところ気温も少し下がり、夜は涼しい日が続いている。 やはり東北の夏は関東以西とは比べ物にならないほど過ごしやすいことを実感しているこの頃である。

元気を回復すると、また虫が騒ぐ。

まだ見たことのない「青森ねぶた」にでも出かけようかと思案中だ。まあ、この土日は避けて・・・。

山陰の旅の第2段(天空の城~出雲大社)をデジブックにまとめたので公開します。

http://www.digibook.net/d/f244af9ba1588c41a140a904c5d6bd13/?viewerMode=fullWindow

2012年8月 1日 (水)

旅の記録第一弾

全国的に猛暑に襲われているようです。
九州は又もや台風の影響で大雨も心配されます。
暑いときは無理せずエアコンを掛けたり、スーパーや映画館、図書館などの涼しいところに避難して体調維持に努めましょう。

暑さのため旅の記録の整理も進みませんが、とりあえず「第1部」をデジブックにしました。

http://www.digibook.net/d/9b14a3f7a09aac0ca14033321dc4fc07/?viewerMode=fullWindow

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »