2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鎮魂花火大会 | トップページ | 特番の見過ぎか? »

2012年3月11日 (日)

何事もなく過ぎた

午後2時46分、何事もなく過ぎた。 安堵。

午後からなんとなく落ち着かず家に居る気がせず買い物に出かけた。
その瞬間に建物の中にいる気になれず、車に戻って追悼番組に見入った。 療養中の陛下のお言葉には胸を打つものがあった。

家に戻ってからはTVの特別番組を見ながら過ごしている。 未公開映像や逸話に接し、時に涙し、鼻をすすりながらこの一年を振り返っている。 米軍海兵隊の「ともだち作戦」の実態も初めて目にした。

信じがたい苦境に立たされた人、無条件に必死で救援の手を差し伸べる人、それに心から「ありがとう」と涙ながらに感謝の言葉を返す被災者。どれも心を打つ。

自身、これと言った被害も受けずに呑気に今日を迎えているが、番組を見るにつれて反省しきりである。せめてこれからの生き方を少し考え直さねばと思っている。

今朝の放送で心に留まった内容を一つ紹介しよう。
ある被災地の瓦礫を前に叫ばれた被災民(婦人)の言葉である。
「口先だけの”絆”はもういらない! 口に出すなら何でこの瓦礫を引き受けてくれないのか!」

改めてこの震災を国民すべてが我がこととして見つめなおす一日となることを切望する。

« 鎮魂花火大会 | トップページ | 特番の見過ぎか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎮魂花火大会 | トップページ | 特番の見過ぎか? »