2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« | トップページ | いよいよ大詰め »

2011年8月 4日 (木)

快晴に恵まれて

昨日泊まった「道の駅オホーツク紋別」は、地元の一大リゾート地の真ん中に位置し、海沿いの広大な公園、流氷科学館、健康増進プール施設などなどに取り囲まれていた。公園の端には巨大な「カニの爪モニュメント」が天を突くように立っている。
正直言って「仕分けの対象」になるものもいくつかあるように思えた。(道の駅は絶対必要!)

7時半に出発して海岸沿いの「原生花園」を二つ見て、少し内陸側に寄り道しながら知床半島へ向かった。

海岸から入ったところの「女満別」界隈は、美瑛の丘もアッと驚くほどのパッチワークの世界が広がっていた。これには小生も「アッ!」と驚いた。

世界自然遺産の「知床」はさすがにすばらしかった。半島半ばの知床五湖までしかマイカーでは行けないので其処で折り返して羅臼に出た。
道の駅の目と鼻の先に国後島が見える。とても外国(?)とは思えない。明日の朝は天気がよければ「国後島から昇る朝日」を撮りたい。(目が覚めればの話ではあるが)

写真①サロマ湖、ワッカ原生花園 ②女満別メルヘンの丘 ③沼と知床連山

Dsc02023_r Dsc02042_r Dsc02134_r

« | トップページ | いよいよ大詰め »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | いよいよ大詰め »