2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 雨の日は雨なりに(第二段) | トップページ | 初キャンプ »

2011年6月 8日 (水)

いよいよ終盤戦

道の駅湯布院でかすかな霧雨に包まれた朝を迎えた。ここは車中泊のメッカなのかずい分多くの車が一夜を過ごしていた。青森、岩手ナンバーの車も見かけた。

朝食を済ませて湯布院の町を散策したが、駅前通は土産物屋などが並んでは居るものの、イメージしていた風景とはかけ離れていて”がっかり”した。
金燐湖付近の旅館は流石に立派だが、一泊4~5万円とは我々の手が届くものではない。 近年、黒川温泉の方が人気が高いわけが判った様に思う。

その後、九酔渓、夢の大吊橋、九州芸術の杜と巡り、再び道の駅由布院に戻って昼食を摂った。
芸術の杜は、榎木孝明、前田信三などのギャラリーが点在し見応えがあった。

午後は一路国東半島を目指す事にし、途中「温泉博士」での無料入浴を豪華リゾートホテルでし、杵築市の武家屋敷などを見て「道の駅くにさき」で車中泊。
杵築の歴史的景観は大したものと感心した。

明日は天気もよさそうで、国東攻めを終えればほぼ九州一巡りした事になる。後は「取りこぼし」と「再挑戦」を整理して締めのスケジュールを立てるつもりである。

写真①杵築武家屋敷通り ②酢屋の坂 ③杵築城遠望

Dsc00527_r Dsc00533_r Dsc00535_r

« 雨の日は雨なりに(第二段) | トップページ | 初キャンプ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の日は雨なりに(第二段) | トップページ | 初キャンプ »