2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月23日 (水)

シャッター通りのひな祭り

桃の節句を前に各地でひな祭りが行われている。
県北のとある町のひな祭りの様子が新聞の地方版に載っていたので、春の日差しに誘われて出かけてみた。

その町は、20年ほど前に仕事でよく訪れていたところであるが、当時に比べてその寂れ具合には愕然とさせられた。
メインストリートの半分近くはシャッターが下りていた。
「こんなことでは」と町おこしに商店・商工会・周りの農家などが力を合わせて5~6年前から「くりこま商家のひな祭り」を始めたらしい。

平日とあって観光・見物客はまばら(地元のおばちゃん・おばあちゃん以外ほとんどない)な状態だったが、メイン会場になっている大きな商家には「七段飾り」や「つるし雛」が会場いっぱいに沢山飾られていた。

町に活気が戻るのはいつの日か???

Dsc09973_r Dsc09979_r Dsc09993_r Dsc09985_r

2011年2月21日 (月)

試乗会

車の内装が出来たところで「ハク」の試乗会を実施した。

雪解けで汚れた体を午前中に綺麗にして、午後に試乗会を兼ねて近くを一回りした。

布張りのシートが抜け毛まみれになるのでシートカバーを取り付けた。

ハクは見慣れぬ車に戸惑いながらもすぐに何食わぬ顔で窓外の対向車に向かって吠えまくっていた。

何とか犬連れ旅も予定通り実行できる目途が立った。

Dscf1681_r Dscf1678_r

2011年2月13日 (日)

トライアル

「温泉博士」フリー入浴券に惹かれ、新車の走行テストと改造部分の使い勝手の確認を兼ねて高級リゾートホテル「ホテルリステル猪苗代」の日帰り入浴に出かけた。

この時期の猪苗代湖は「しぶき氷」で有名なので写真撮影にも挑戦した。強い西風に煽られた湖の水が湖畔の岩や木々にこびりついて見事な氷の造形を作り上げていた。

ホテルは磐梯山の隣の山麓にある立派な建物で、磐越道を走るたびに目にして「ホテルなのか? リゾートマンションなのか?」と気にかかっていたのである。 「バブルの殿堂」なのか。
ホテル前はゲレンデになっていて、3時ごろ到着した時は、連休をスキーで楽しんだらしい多くの団体客を載せたバスが何台も何台もホテルを後にしていた。

新車の運転は特に問題なかったが、強い横風を受けた時はセレナ以上に影響を受けるようだ。
改造結果については、ベッドスペースを確保したままで簡単な炊事や食事が出来る事を確認できた。

Dsc09960_r Dscf1659_r Dscf1639_r

2011年2月12日 (土)

基本工事一段落

三連休の頭二日は車の改造で明け暮れた。

構想はほぼ出来あがっていたが、いざ実際に取り掛かると頭で考えていたようには進まない。

あらかじめ準備を進めていたベッドの手直し、カーテンやテーブルの為の部材調達と加工・・・。
何度ホームセンターやインテリアショップを往復したことか。
カーテンのサイズ調整は家内の応援を得た。

試行錯誤を重ねての作業は中々はかどらなかったが、日暮れまでには何とか形が見えてきた。
あとは使い勝手を良くするための小物部品や電気系統の作業が残っている。

明日は天気も回復するようなので、骨休め方々試運転を兼ねて日帰り温泉にでも行こうかと思っている。

写真①カーテンレールの取り付け、②ベッドルーム、③多目的テーブル

Dscf1619_r Dscf1625_r Dscf1633_r

2011年2月10日 (木)

ついにやって来た

ついに注文の車がやってきた。

1年4カ月付き合ってくれたセレナ君から新任ハイエース君に番号の引き継ぎを終え、お昼にカーナビの取り付けにオートバックスへ。
午後5時過ぎに我が家に到着した。

運転席が一段と高くなり見通しが良くなった。
車体が重いせいかセレナより燃費の落ちそうなエンジン音がする気がするがどんなものだろう。

明日はいろいろ仕事が待ち構えている。
天気は良さそうだが、明日も寒さは厳しそう。

Dscf1615_r Dscf1618_r

2011年2月 9日 (水)

すぐそこまで・・・。

しばらく暖かい日が続いていたので今朝の冷え込みと雪は少々堪えた。

「車がディーラーまで届いた」との連絡があったので、矢も盾もたまらず午後一でディーラーに赴いた。

ナンバープレートの着いていない新車が駐車場の一角に止まっていた。カタログだけで注文したのでどんな車か気がかりだったが、先ずは納得できるレベルの車のようだ。

明日の昼前に引き取り、その後オートバックスでカーナビの取り付けを済ませて夕方には目出度く我が家に到着の予定。
これからベッドの取り付け、カーテンの設置、テーブルの製作・取り付けと忙しくなる。

早く完成させて、試運転を兼ねてどこかへ出かけたい。

Dscf1612_r_2 Dscf1610_r Dscf1614_r

2011年2月 7日 (月)

お小遣い

e-Tax  により所得税の申告をおこなった。

昨年はじめて苦労しながら挑戦して何とか処理できたが、今年になって改めて挑戦したが中々要領を思い出せず、予想以上に時間が掛かった。

すずめの涙ほどのお小遣いが戻って来る事になっている。

確かに出向いて申告することに比べれば、こちらのほうが便利ではある。

2011年2月 5日 (土)

山間の温泉地

鳴子温泉から峠を越えて山形県に入り少し走った所に「赤倉温泉」がある。
かねてより一度訪れたいと思っていた温泉地である。

峠の分水嶺近くとあって雪の量は尋常でなかった。もっとも道路は除雪が行き届いていて問題なかったが、雪下しの出来ていない家の屋根は2メートル近い雪に覆われていた。
TVでは新潟県の様子が放映されているが、ここもそれに近い状態のように思われた。町では災害対策本部を設置して備えたらしい。

立ち寄った温泉宿も、4階の屋根から雪が落ちて1階の廊下と露天風呂が被害を受けていた。一般の露天風呂が使えなかったので「お詫びのしるし」とかで「個室露天風呂」なるものを特別に使わせてくれた。
川沿いの温泉街ではあるが、あまり繁盛しているようには感じなかった。

Dsc09908_r Dsc09912_r Dscf1603_r Dscf1601_r

2011年2月 3日 (木)

季節の分かれ目

今日は節分。 冬と春の分かれ目である。
今日は全国的に気温が上がり「春近し」を思わせる陽気であったようだ。 当地仙台もなかなか融けなかった名残の雪も概ね融けたようである。

暖かさを覚える日差しに誘われて、午後から大崎八幡宮の節分祭に出かけた。
3時前に神社に着いたが豆まきは4時からと言う事で、時間つぶしを兼ねて近くのお不動様に結氷した滝を見に行った。昨日今日と気温が上がったためか少し水が流れ落ちていた。市内で見られる唯一の滝の結氷である。

明日は立春。 寒かった冬ともそろそろお別れか?

Dsc09827_r Dsc09887_r Dsc09902_r

2011年2月 2日 (水)

”Xデー” 決まる

昨日、車屋さんからハイエースの納車予定日の連絡があった。
2月20日ごろかと思っていたが「2月10日」とのことで思いのほか早くなった。
「改造計画」を色々練っているところだが、いよいよ具体的に決めていかなければならない。

現車セレナ君は1年3カ月で「30000キロ」に達した。月2000キロ平均とは結構働かせたものである。あと一週間でお別れとなる。
次のオーナーさんにも可愛がってもらえるよう「無傷・綺麗」な状態で、感謝・労わりと共に別れの日を迎えよう。それまでもう少しの間「仲良くしよーぜ!」

Dscf1588_r

2011年2月 1日 (火)

雪で明けた2月

今日から2月。
日本海側には遠く及ばぬが、今朝はこの冬一番の積雪であった。 雪かきを終えた頃から薄日が射し、暖かさを感じる日差しがあたりを眩く照らした。 今日は気温がかなり上がるらしく程なく雪も融けそうだ。

節分、立春と厳しかった寒さも和らいで、春の気配を感じる日もそう遠くはなさそうである。

豪雪に見舞われておられる皆様、火山の噴火・降灰に悩まされておられる皆様、お見舞い申し上げます。

Dsc09775_r Dsc09782_r Dsc09783_r

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »