2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月30日 (木)

歳の瀬に風邪

ここ数日来風邪気味で気分がすぐれない。
インフルエンザも流行しているので心配と言えば心配ではあるが、熱も筋肉痛もなく咳と鼻水程度なので外出をなるべく控えて家で暖かくして休養に努めている。

このところ何年も風邪ひとつひかず元気そのものであったが、気の緩みか歳のせか・・・。
元気な積りでも体は確実に歳をとっており、次第に無理が利かなくなっているのは間違いない。油断禁物!
残されている今後の人生を楽しいものにする為にも、健康第一を旨とする事の大切さを改めて認識した次第。(今更なにを・・・)

今年もあと一日。
皆様よいお年をお迎えください。

2010年12月26日 (日)

残り僅か

久々に青空に覆われた。
24日から降り始めた雪が二日間続き、家の周りでは大雪とまでは行かなかったが20センチほど積もった。
今朝はこの冬初めての雪かきをした。

いよいよ今年も残り僅かとなった。
TV番組欄も玉石混交の年末特番で埋められている。
悲惨な事件・事故が絶えず、殺伐とした世の中になってしまったようだが、せめて身の回りだけでも平穏無事でありたいと願うのは身勝手だろうか?
「特番」を通じて考えさせられることも多い。

Dsc09643_r Dsc09644_r Dscf1513_r

2010年12月24日 (金)

ホワイトクリスマス?

夕方から白いものが舞い始めた。
この冬二度目の雪である。
気温もグッと下がり冷え込んできた。
水道管の凍結防止工事は済ませたので先ずは一安心。
大雪注意報が出ており、明日の朝はどの程度積っているのだろう。車のワイパーは立てておいた。

12月に入って二度の大荒れ天気があった。
記録的な豪雨、雷、強風・竜巻。
天候異変は依然として続いている。

来春からの車中泊旅行に備えて車の買い替えを検討している。一年余り前に買ったばかりのミニバンではあるが、一年の経験から「もうひとまわり余裕のある車」が欲しくなった次第である。ベッドスペースの他にチョッとした作業スペースが欲しいのである。
カタログ集めやディーラー巡りで楽しんではいるが、やはり問題は「お・か・ね」。
狙い目の車は結構値が張ると同時に現車の下取り価格がこちらの期待と大きな乖離。さて、どうしたものか。
「サンタさ~ん!プレゼントして~~!!」
「宝くじ、当たれ~~~っ!!」 (あした買おうっと!)

2010年12月16日 (木)

初雪

昨日(15日)は一日中「風花」の舞う寒さで冬の到来を実感する一日となった。
仙台での初雪・初積雪は平年より23日遅く、観測史上3番目の遅さとか。
昨夜は、ある集まりで食事会があり、二次会を終えて家にたどり着いたら日にちが変わる寸前だった。 今朝はのどが痛く頭も少しボーッとして二日酔い気味。 寄る年波には勝てないと言ったところだ。
今朝も冷え込みが強く、昨夜の雪が粉砂糖を撒いたような状態で残っている。

秋に行われた「みちのくYosakoiまつり写真コンテスト」で応募作品が「佳作」に選ばれた旨通知が届いた。 たとえ佳作であれ、選ばれればうれしいものである。

写真①家の周りの初雪 ②コンテスト作品「若い力」

Dsc09639_r _r

2010年12月 8日 (水)

セーフ!

11月に受けた人間ドックの結果、「胃の精密検査を受けろ」との通知が来ていた。 昨年も同様の通知を受け、検査の結果「胃酸過多による炎症(胃液の逆流)」との診断。
今年のX線写真では昨年とは若干様子が違うとのことで、本日恐る恐る検査を受けに行った。
検査結果は昨年と同様で、「朝起きたら水を一杯飲で・・・」とのアドバイスだけで無事無罪放免。やれやれ良かった(ホッ!)

午後は久しぶりに映画を見に行った。
「武士の家計簿」
自分の体験に重なる部分があったり・・・、クスッと来る笑いとペーソスに溢れた単純な筋立てで、見終わってなんだか非常に爽やかなスッキリした気分になれた。
幕末期の実話に基づいた映画らしいが、今の時代にも違和感なく適応できる善良なるホームドラマと言えるだろう。

2010年12月 5日 (日)

木幡の幡祭り

福島県二本松市木幡地区に950年の歴史を持つ「幡祭り」がある。
前九年の役で敗れた源氏の軍勢がわずか数騎で木幡山に立て篭もった所、一夜にして降り積もった雪で全山が白くなった様子を、追走してきた安倍の軍勢が源氏の白旗に見間違えて戦わずして敗走した故事により「幡祭り」として伝承されている。

色とりどりの幡が青空のもと風になびいて山村の道を行進する様は、ひととき現代の生活を忘れさせてくれる。

帰途、岳温泉に廻り、「温泉博士」の温泉手形を利用して旅館「喜ら里」の湯に浸かってきた。入浴料1,000円は、この辺りの相場らしい。 3軒目で2,400円分お世話になった。(原価450円)

写真:幡祭りの様子

Dsc09558_r Dsc09600_r Dsc09608_r Dsc09614_r

2010年12月 3日 (金)

日帰り温泉

昨日は午後から久しぶりに日帰り温泉に出かけた。
「温泉博士」に近くの作並温泉岩泉旅館の手形が付いていた。入浴料800円也。捨てる手はない!

ついこの間まで錦に飾られていた山々は、葉を落としてすっかり冬の佇まい。初雪に覆われる日を待ちわびているようにも思えた。

今日はクラブの撮影会が予定されていたが、昨日の天気予報が余りにも思わしくなかったので昨夜のうちに相談の上「中止」にした。
未明から昼前までは「12月の降雨量新記録」の土砂降りで、予報通り昼ごろには青空も顔をのぞかせたが、中止にして正解だった。 何とも意地悪な天気ではあった。

今夜はこれから町内会の集まりに顔を出して、民生委員の退任報告をしてくる予定である。

写真①輝く枯れ尾花、②錦を脱いだ山、③貸切露天風呂

Dscf1483_r Dscf1485_r Dsc07347_r

2010年12月 1日 (水)

師走

今日から師走。

残すところ30日だが、今年も思い出多き楽しい一年だった。
「車中泊旅行」に本格チャレンジし、能登・白川郷、北海道南東部、駆け足北関東・・・と結構旅が出来た。
秋口は家の改装・改修工事で遠出はできなかった。
あとひと月は近場の温泉巡りでもしよう。
来年は西の方、出来れば九州まで(?)足を延したいと思っている。

禁煙も丸二ヶ月が過ぎた。口寂しさや手持無沙汰をガムや飴や早めの晩酌で誤魔化していると体重が増え、脂肪燃焼の為とジム通いに精を出すが一進一退。大晦日で丸3カ月を迎える事になる。
ちょっと気が早いが、来年の書き初めは「禁煙継続」とでもするか。(過去に3カ月で挫折した経験がある)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »