2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昨日は学芸会、今日は敬老会 | トップページ | ジャズ・フェスティバル »

2010年9月 9日 (木)

庭仕事

台風が猛暑の夏を連れて去ってくれて、やっとここ数日生活にリズムが戻った。

来週から家の周りの大改修をする。

道路から玄関までのアプローチの全面改修と手すりの設置、ウッドデッキの取り替え、フェンスの取り替え、雑草に覆われている裏の空き地の防草化などである。

きっかけは、夫婦の会話「終の棲家となるのだろうから、今のうちに老後も安全・安心して住めるように手を加えておこうか」と言うことであった。

年金生活者としては宝くじにでも当たらなければまとまった金の入るあてもなく(宝くじは買わない主義でもあり)、今出来るのなら「一日でも早く手を打って、いつ死ぬとも判らぬ人生を一日でも多く快適に暮らそう」ということで腹を決めた次第である。

そういう訳で、日ごろ気になっていた庭木の枝打ちと、工事に備えて撤去する庭木の伐採に取り組んだ。工事で出る廃材と一緒に処分してもらうのが狙いである。

植えた記憶もない木(多分30年近く住んでいるので小鳥のフンに紛れて落ちた種から生えたのか?)もあり、相当の量になってしまった。 思い切って切った積りでも景色に大した変化がないのは「何なんだ!」。

一番腹の立つこと。 材料費3万円で頑張って自分で作ったウッドデッキの撤去費用が、ナ・ナ・何と「9万円!」。 本件は、他でサービスさせる(元を取る)事で、文句も言わず契約書に(泣く泣く)サイン。

月末には工事も完了見込みなので、それを楽しみにしている今日この頃ではあります。

写真①,② 枝打ち、伐採の残骸 写真③  伐採した玄関わきのシュロの木

Dscf1124_rDscf1126_r Dscf1129_r

« 昨日は学芸会、今日は敬老会 | トップページ | ジャズ・フェスティバル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

良い決断をされたと思います。あるうちに使って楽しむのが一番。墓場に持っていけるものでもないし、相続でもめる姿はいやというほどみてきています。貯えが減ると一抹の不安がありますが、なんとかなります。世の中ってうまくできていますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日は学芸会、今日は敬老会 | トップページ | ジャズ・フェスティバル »