2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

お天気も今日までか?

洞爺湖から支笏湖を経由して日高に来た。
うわさには聞いていたが、日高は流石競走馬の産地だけあってどこを見ても牧場ばかり。
JRAの訓練施設などもあって、本土では見られない光景が広がっている。

今夜は襟裳岬近くの山の無料キャンプ場で泊まる予定を立てていたが、泊り客が一人もいなく、予定を変更して海沿いの「道の駅みついし」でのP泊に」変更。 温泉つきで大いににぎわっている。

明日はお天気もあまりよくはなさそう。 これまでが良すぎか?

Dsc08880_r Dsc08884_r Dsc08898_r

爽やかな朝を迎えました

サイコーに爽やかな朝を迎えました。

今日もお陰さまでいいお天気に恵まれそうです。

ハクもすっかり旅慣れて元気に旅を続けています。

本日はひたすら海岸沿いを走って襟裳岬付近で泊まる予定です。

気が逸って昨日の日記で「明日は釧路湿原を目指します」と書きましたが、釧路は翌日です。

これから先は北海道で有名な「一直線道路」が多そうなので、事故の無いよう安全運転に心がけねば・・・。

Dsc08845_r Dsc08851_r Dsc08861_r

2010年7月30日 (金)

奇跡が起こった!!!

やはり奇跡は起こった!!!

天気予報の「夜半から豪雨」は見事に外れ、一滴も降らず。

今日は昼前から日差しも出て入道雲もまばゆく出現した。 顔をなでる風は流石に北海道の心地よさ。しかし日差しは鋭く肌を刺す。

三日前の予報がうその様に、明日の予報も太陽いっぱい。

明日は今回の主目的地「釧路湿原」を目指す。

お天気が持ってくれることを改めてお願いしま~す、神様。 

写真①今宵の宿(洞爺湖畔キャンプ場)、②洞爺湖サミット会場ウィンザーホテル、③洞爺湖

Dsc08779_r Dsc08800_r Dsc08793_r

2010年7月29日 (木)

奇跡はまた起きるか??

「道の駅おりつめ」を7時15分に出発し、三沢市内のコンビニでおにぎりの朝食。その後たまたま見つけた銭湯で麻風呂を浴びてリフレッシュ。入浴料280円なれど「泡あり、滝あり、サウナあり・・・」とスーパー銭湯並みのお風呂屋さんであった。
その後「道の駅みさわ」に立ち寄った。何とマー素晴らしいことか!!! 次回はここでと決めて大間に向かう。

大間に着いたころから雨が降り出し、次第に風雨が強まる。

去年もフェリーに乗る時は大雨だった。 でも、北海道の旅が始まるとともに快晴の日が続いた。

予定通り午後5時に今宵の宿「道の駅もり」に着いたら雨が止み、空が赤くなってきた。 天気予報は「今夜半から明日に掛けて東部北海道は大雨」との事。

「まさか」とは思うが今年も奇跡が起こって欲しいものだ。
(ありえないか~~)

写真、①道の駅おりつめ、②大間発の連絡線、③奇跡を期待させる夕方の「道の駅もり」

Dsc08752_r_2 Dsc08763_r Dsc08766_r

2010年7月28日 (水)

いよいよスタート

北海道に渡るまでに三陸海岸を北上して久慈を経由して九戸インター手前の道の駅「おりつめ」で最初の一夜を迎えている。

当初の計画では「道の駅くじ」を予定していたが、着いてみたら「およよ~~~」。

久慈市の中心部で駅には居酒屋まであり、とても静かにP泊といったムードではない。 本やネットで勝手に作り出していたイメージとは大違い。 まさに「百聞は一見に如かず」である。

そんな訳で他の駅を探してここにたどり着いた。 ここはいい! 今のところ貸し切り状態。 談話室には電源まであり自由に使える。 おまけに外には水道もあり、P泊にはもってこい。

明日からはお天気も少し怪しげ。 旅の間、大崩れしないことを祈る。

掲載の写真は、①途中の「町の駅」(「道」ではなく)のそばの川原で昼食、②三陸の景勝地「三王岩」、③景勝地「北山崎」の展望デッキ、です。

Dsc08722_r Dsc08735_r_3 Dsc08746_r

2010年7月27日 (火)

明日から旅に出ます

連日の真夏日。 昨年はひと夏でわずか10日ほどしかなかったのに、今年は7月中にすでに10日連続とか。 さすがにバテ気味である。

明日から8月8~9日ごろまで北海道くるま旅に出かける。 

今回は道東を中心に回る予定。 天気予報によれば曇りベースで小雨もありそう。 青空が望めないのは残念だが最高気温は22~24度程度とか。 しっかり避暑をしてこよう。

旅の経過はブログ・日記で報告します。

2010年7月25日 (日)

リフォームの完成で~~す!

リフォーム中であった和室に青々とした畳が入った。

部屋にイグサの香りが充満している。 中々いいものである。

柱の色に合わせたこげ茶色の畳縁もよくマッチして、見違えるように明るく立派でモダンな和室に変身した。

一畳5,500円は、当初考えていた自作フローリング化の予算の2倍は掛かったが、出来栄えからして畳にして正解だったと思う。(少しシャクだか)

いずれ身体が弱って、二階からここに移る日もそう遠くは無いだろうし、まあ良しとしよう。

Dsc01453_r Dsc01456_r Dsc01457_r

2010年7月22日 (木)

首に巻いたり、おでこに巻いたり

アウトレットからサマーセールの案内が届いた。

「このはがきをお持ちの方に、当社ロゴ入りのスポーツタオルを進呈します」との文句に惹かれて猛暑の中出かけてみた。 平日とあって人出は大したことなかったが、中国語があちこちで飛び交い中国人観光客が増えているようだった。

くるま旅・キャンプ用品の掘り出しものでもあればと店を覗いたが目ぼしいものは見つからなかった。

そんな中、「熱中症対策グッズ」のポップが目に入り、何か?と手に取ったら、最近出始めたポリマーを使用したクールスカーフなるものだ。

ごく少量のポリマーを閉じ込めた鉢巻のようなもので、水に数分浸けておくとジェル状に膨張し、その後は気化熱で体を冷やしてくれるという。

「さっそく実験」と言う訳で、首に巻いたり、おでこに巻いたり。 そこそこ効果は期待できそうだ。 今夜は安らかに眠れるか・・・。

Dsc01432_r Dsc01431_r

2010年7月21日 (水)

蚊も熱中症?

梅雨明けとともに連日うだるような暑さ。

今日の仙台は、気象台発表で34.9度。 実際の体感温度は36度をはるかに超えていよう。 夕方になっても部屋の温度は34度はあり、エアコンをフルに運転して暑さを凌いでいる。

エアコンは居間にしかないのでPCを持って下り、リカバリー後の復元に取り組んでいる。 ホームページ関連のデータを保存し忘れたので一から作り直しているが、作り方を忘れてしまっているので解説書と首っ引きであれこれトライしているが中々仕上げに至らない。

日ごろ午後6時からは蚊取り線香を点けてデッキでビールを飲み、紫煙をふかしながら窓ガラス越しに野球中継を楽しんでいるが、昨日今日は蚊がいない。 蚊も熱中症で死滅したのか?どこかで避暑中なのか・・・?

2010年7月19日 (月)

帰ってきました

二泊三日の車旅を終えて午後3時半に帰宅した。

17日に泊った「道の駅象潟」は、400台以上の駐車スペースを持つ超大型の駅で温泉施設もあるのでザット見て100台を超す車が夜明かしをしていた。

昨夜は「道の駅岩城」併設のオートキャンプ場を利用したが、120台のスペースを持つ駅での夜明かし組は数十台程度のようであった。

オートキャンプ場利用者には、2回目以降無料の道の駅の温泉入浴券が付いていたので、出発前に汗を流して帰途に着いた。

高速道路一本で帰ることも考えたが、途中まで一般道を利用して他の道の駅も2か所見て回った。 秋田県の道の駅は温泉付きのところが多く、一般入浴客が午前中から散見された。

今回の車中泊で、夏のツアーでの暑さ対策のポイントが何点か判り、北海道ツアーに生かしたいと思っている。

Dsc08716_r Dsc08714_r Dsc08713_r

2010年7月18日 (日)

旅の二日目

朝は強い日差しがあったが、その後雲が広がって午後3時ごろまではムシムシした曇天だった。 夕方になって天気も回復して、機能のような夏空が広がった。

日本海沿岸を北上して、念願の「不老不死温泉」に入ってきた。 イメージしていたほど大きくは無かったが、海にせり出した露天風呂はそれなりの風情があった。

その後南下して男鹿半島付け根の「道の駅岩城」付属のオートキャンプ場で二晩目を迎えている。 テントサイトからの夕日は昨日同様雲にさえぎられたが、昨日よりは彩が綺麗だった。

明日は出発時間次第で男鹿半島に向かうか直帰するか・・・。

キャンプはやはりゆっくりできる。

これから道の駅の温泉に入ってゆっくり休むことにする。

Dsc01416_r Dsc08657_r Dsc08689_r

2010年7月17日 (土)

旅の初日

10時に家を出て山形県鶴岡市の郊外(山の中)にある「庄内映画村」を見た。 かねてより一度行ってみたいと思っていたところである。 藤沢修平作品をはじめ、香取信吾の座頭一など何本かの映画のロケを行ったオープンセットが公開されている。

山村風景、宿場風景、農村風景、漁村風景と区分されていて、バスで巡るようになっていた。 36度の猛暑で、汗だくでハクともども2時間の見学(?)をした。

見学料は成人1,600円、高齢者1,000円、バス代1,000円(二人分)、ハク無料、〆て3,600円。

そのあと秋田県にかほ市の「道の駅象潟」で夕日を撮って温泉に入り、近くのレストランで夕食を摂って本日の予定終了。

Cimg0956_r Cimg0980_r Cimg0985_r

2010年7月16日 (金)

そろそろ梅雨明けか?

午後から夏の日差しが出て暑くなった。
そろそろ梅雨明けも近そうだ。
週末の天気もよさそうなので久しぶりに山形、秋田、青森方面に出かけることにした。
月末からの北海道ツアーの予行演習でもある。

PCの調子が思わしくなかったので軽い気持ちでリカバリーを掛けたら、いろいろ問題あらわれて大変な苦労をしている。昨夜来、いろんなところに電話して指導を受けながら、やっとインターネットとメールは出来るようになり、プリンターも使えるようになった。 まだまだ解決しなければならない問題が沢山あるが、後は来週に再挑戦することにする。

2010年7月11日 (日)

学生気分に戻った三日間

ゼミ仲間との楽しい2泊3日の旅が終わった。

ゼミ生9名のうち自営業の2人を除いた7名が参加した。 9名全員が健在で、夫々が夫々の充実した人生を送っており喜ばしい限りだ。

「男の集まり」ではやはり「呑んで歌って騒いで」が一番盛り上がる。 「観光」はどちらかと言うと「時間つぶし」。 特に昨日は梅雨の晴れ間で30度を遥かに超える猛暑。 観光どころではなかった。 

伊香保温泉から塩原温泉へ移動の途中「足利学校」の案内標識が目に入ったので立寄った。「諸説あって創設者など詳細は判らない」との話にはいささか驚いた。

「次は四国で」とのアイデアも出たが、なるべく参加するよう心掛けたいと思っている。

Dscf1164_r P1160452_r Dsc08500_r

2010年7月 8日 (木)

撮影会

雄国沼の撮影会に参加した。天気は予想以上に晴れて真夏の太陽が降り注ぎ記録的な暑さ。Tシャツで出かけたので両腕が真っ赤に焼けた。

ニッコウキスゲはピークを少し過ぎた所だったが、湖畔の湿地帯は黄色い花に埋められていた。ハイキング日和ではあったが、写真撮影には陽射しが強すぎた。(贅沢いうな!言い訳するな!)

明日からは大学のゼミ旅行で伊香保&塩原に出掛ける。不安定な天気が心配だ。

Dsc08403_r Dsc08442_r Dsc08440_r

2010年7月 7日 (水)

期日前投票

毎日高温多湿でグッタリ気味。

明日はクラブの撮影会で福島の雄国沼に日光キスゲの撮影に出掛ける。お天気は曇り・雨の予報で撮影条件としてはまずまずと期待している。気温は高そうだが、沼はそこそこの高地にあるので少しはましか?

明後日からは大学のゼミ仲間と伊香保・塩原へ2泊3日の旅に出る。15年以上も会っていない友もいる。(友は皆大阪から出掛けて来てくれる)
4連ちゃんの長距離ドライブになるが、遊びのためなら”エ~ンヤコーラ!”

そんな訳で今日参議院選挙の期日前投票を済ませた。 投票所には引きも切らず人が訪れ、制度の定着の様子が伺われた。
出口調査員に声を掛けられたが「ヒ・ミ・ツ」と言うことで逃げてきた。 最終結果はどう出るか・・・・。

2010年7月 3日 (土)

「プチ改造」8合目

和室の改造が8合目まで進んだ。 残すは床面のみ。

壁は明るめの「クリーミーホワイト」、柱と長押は床柱の色に合わせて「こげ茶」のペンキを塗った。 檜仕立ての柱と長押にペンキを塗るのは少々ためらいもあったが、壁が綺麗になると柱の汚れが目立ち、計画通り作業を進めた。

塗り終わったら何だか「古民家」風の部屋に変貌した。 これはこれでス・テ・キ。

「洋間風」に改造しようと思っていたが、座敷として建てられた部屋を洋間に変えるのは無理なのか?

床は「フローリング風」にする積りだったが畳をモダンなものに変えた方がいいのか迷っている。 慌てずしばらく研究することにし、改造は取り敢えずここで中断することにした。

Cimg0926_r Cimg0928_r Cimg0929_r

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »