2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月26日 (火)

蔵王の樹氷

蔵王の樹氷をデジブックにしました。

http://www.digibook.net/?entrycode=startViewer&digibookid=ec858113b01cba84a9c1b3109dc4fc11&shelfuuid=8b5df1b8-6d89-7294-05a1-08233f20c2c4

2010年1月24日 (日)

歴史的神事

1200年以上前、坂上田村麻呂が蝦夷征伐に来た時に開山されたという昆峯山寺で行われた流鏑馬を見に行った。

1000年に亘り、稚児が12本の矢を射て一年の気候と作況を占うのである。

明日の写真クラブ例会で「人物」をテーマとする互選会があるので、急遽出掛けてシャッターを切ったが、中々納得できる写真は撮れなかった。 肖像権の問題もあり、「モデル撮影会」か「お祭り」の時ぐらいしか正面切った写真は撮れず、いつもこのテーマには泣かされる。

Dsc05795_r Dsc05792_r Dsc05777_r

2010年1月22日 (金)

行きつ戻りつ

寒い日と暖かい日が繰り返している。

昨日は春を思わせる暖かさであったが、今日は打って変わって北風が身を刺す。

これと言った予定もないまま、そろそろ1月も終わりに近付いているので、正月明けに訪れた山形の古刹・慈恩寺の写真をデジブックにした。

山形の雪はどんな具合か・・・近々また行ってみたいと思っている。

2010年1月14日 (木)

さっぶ~~

強い寒気に列島が覆われて各地で大雪が降ったようだ。 当地仙台は最高気温0度と、この冬一番の寒さだったが、雪はちらつく程度で積雪は全くない。

今日、14日(小正月)は、各地でどんと祭(松焚祭)が行われている。 仙台の大崎八幡宮のどんと祭は、大昔から裸参りで有名である。 氷点下の寒さの中、市内各地の会社や商店・病院などの事業所から、商売繁盛・無病息災を祈って大勢の裸参りが神社まで列をなす。 遠いところは数キロ歩いてお参りするのである。

防寒衣に身を包んで写真を撮っていてはご利益も薄いかもしれないが、今年も元気で過ごしたいものである。

Dsc05718_r Dsc05652_r Dsc05685_r

2010年1月13日 (水)

寒波再来

天気予報では午後から雪模様と出ていたが、今のところ降り出していない。

九州各地でかなりの積雪があったようだ。 雪に慣れていない地方だけに混乱も多いことだろう。 

午後にスポーツクラブへ行き、旅の車疲れと運動不足で鈍った体をほぐしてきた。 運動の後はすっきりした気持ちになる。 

外に出たら気温がかなり下がっていた。 明日の朝は雪景色か?

2010年1月12日 (火)

旅の記録

房総半島一周の旅で撮影した「日の出・日の入り」の写真をデジブックにして公開しました。

好天に恵まれたため、綺麗な写真を沢山撮ることが出来ました。

こちらからご覧ください。

http://www.digibook.net/?entrycode=startViewer&digibookid=b194e1bfb09bb88ca128b12443d4bc13&shelfuuid=8b5df1b8-6d89-7294-05a1-08233f20c2c4

2010年1月10日 (日)

二日・三日目

昨日(二日目)は、朝6時に目覚めて楢葉海岸から日の出を撮影した。

太平洋だけに島影はなく平凡な日の出ではあったが、波が荒くて波しぶきは見事だった。

8時半に道の駅を出発して、ちょうどお昼には孫君たちに面会できた。

午後2時に別れて、家内同道で房総半島をくだり、大房岬の夕日撮影に挑んだ。 イメージ的には遠くに富士の姿を描いていたが、方角的にも気象条件的にも無理だった。 快晴で赤く染まった空のもと、海面に沈む夕日は美しかった。

問題は二晩目の寝場所。 予定していた道の駅は、廃業したのか休業中なのか真っ暗。 急遽第二候補地に移動したが、田んぼの中にあり、規模が小さく車は1台もない。 心細くなって第3の地(道の駅ちくら・潮騒王国)に移動。 ここは広くて設備もよく、20台ほど止まっていた。 8時の到着となったので、あっという間に就寝時間。

今朝、明るくなって辺りを見ると、太平洋を目の前にした絶好のロケーション。 早速カメラを持ち出して日の出の撮影。 雲が掛かっていたので遅めの日の出となったが、雲間から射す光芒がすばらしかった。

少しゆっくりして太平洋側を北上開始。 九十九里浜を経由して「道の駅いたこ」へ。 ここは立派な駅で、結構泊り客も多い。

明日は潮来見物をして早めに帰路に着く予定である。

  Dsc05404_r Dsc05482_rDsc05570_r

2010年1月 8日 (金)

一泊目

午後4時に家を出発して国道6号線を南下。 途中ハクに水を飲ませたり、食事をしたりしながらのんびりと走って8時に「道の駅ならは」に到着。

思ったほど寒くもなく楽勝の予感。

ここの駅は以前いちど泊まったこともあり、温泉にゆっくり浸かって、ビールをグイッと飲んで、ほろ酔い気分でブログを書いている。

夕べはあまり寝られなかったので、ハクと一緒に早めにご就寝といこう。

夜中に冷え込まないことを祈る。

明日は二人の孫ちゃんと「ごたーいめーん!」

2010年1月 7日 (木)

春が来た~~~

北国にも「春が来た~~~!」

と言っても温室のは・な・し。

新聞記事に誘われて、市の農業園芸センターの温室を覗いて来た。 今日は風も弱く太陽燦々で外も割合暖かかったが、さすが温室の中はまさに「春」そのもの。 菜の花の香りで満たされていた。

まだまだこれからが冬本番で、真冬の祭りや行事の写真も撮らなければならないが、やはり春が待ち遠しい。

明日の午後から車中泊をしながら房総半島一周に出掛ける予定にしている。 ガイドブックによると、南房総ではすでに花の咲いているところもあるらしい。

Dsc05370_r Dsc05362_r Dsc05360_r Dsc05346_r

2010年1月 5日 (火)

荒れ模様

昼ごろから風が強くなってきた。 今は嵐並みの強風が荒れ狂っている。 今夜は眠れるか?

午後からジムでひと汗かいてきた。2時半から5時までしっかり運動して風呂で汗を流した。
風呂から上がって体重測定。 昨年末と変わらぬ結果でホッとした。
ここ十日間はおせち料理はおろか、身につくようなものを食べていなかったと言うことか。(ろくに運動はしていないし…)

パソコンと言うやつは・・・・

セキュリティーソフトの入れ替えをしようと作業を進めていたら、急にインターネットにつながらくなった。

通信回線にトラブルが出たのかとNTT東日本に電話して指導を受けたが、無線LANには異常が無いことが判り、「セキュリティーソフトに問題がある可能性があるのでメーカーに問い合わせてみてください」とのこと。

ところが、ソフトのCDロムのパッケージには電話番号は書かれておらずホームページを通じての接触しか出来ないではないか! そのホームページに繋がらないから困っているのに・・・。

仕方がないのでソフトのアンインストールとインストールを何度か繰り返す羽目に。 都度「コンピューターを再起動してください」のメッセージが出てやたら時間が掛る。 2時間ほどあれやこれや挑戦していたら、やっと繋がった。

訳も判らずダメになり、訳も判らずOKになる。 

まったく、パソコンいうやつは・・・・。

疲れたので、これからスポーツクラブに初出勤して体を動かしてくることにする。 さ~て、体重は? 不安と楽しみが交錯する。

2010年1月 4日 (月)

初ドライブ

三が日も終わり世間は少しずつ動き始めている。

三日間、寒さにかまけてほとんど出かけなかった。初詣も、出かけた時に神社のまえを車で通過するときに車中から運転しながら「拍手ひとつ」。

今日は少し寒さも柔らいたようなので、午後山形に向かって初ドライブした。目的地は、行く年来る年で紹介された「慈恩寺」。

鐘を3つ突いて、1)世界平和 2)先祖に感謝 3)自分の願い事の実現 を祈ってきた。(鐘楼の柱に鐘の突き方について説明書きがあったのでそれに従ったまで) もちろん 3) に一番時間がかかった。

4日ともなれば参拝者もまばらでいつもと変わらない(多少は多い?)感じだ。

帰路に峠の滝に立ち寄った。 結氷を期待していたが、轟々と水が落ちていた。 このところ結構冷え込んだと思ったが、この程度ではだめらしい。

Dsc05255_r Dsc05271_r Dsc05315_r_2

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます

みなさま、新年明けましておめでとうございます。

仙台は雪の年明けとなりました。
真っ白な気持ちで今年のスタートを切りたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

皆様にとってよき年でありますように。

Dsc05246_r Dsc05248_r Dsc05247_r

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »