2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

氷瀑

広瀬川の近くに滝不動がある。 崖の北側に位置するため真冬には滝が凍る。 最近の寒さで今年も結構な氷瀑ができた。 風が強く寒さも厳しかったが、お参りの人がパラパラと訪れていた。

02281 02282

2008年2月26日 (火)

月日の経つのは早いのも

夕方久しぶりに近所のムーちゃんが「ピンポーン」とチャイムを鳴らして訪れた。 「ママが見せてーってって言ってたよー」と言ってアルバムを持ってきた。 七五三の記念写真だった。 ろくすっぽ言葉もしゃべれず愛想を振りまいていていたムーちゃんが、すっかり立派な子供になっている。 普段の姿はそれとなく見ているものの、改まって正装している姿を見ると、実の孫ではないとは言え感無量である。 三兄弟がすくすくと育っている姿を見ていると、こちらも力をもらっているような気になる。

実の孫は離れて暮らしているが、いづれも実の孫のような気がしている。 いまだに「ハクのおじちゃーん」と言って慕ってくれているのは嬉しいものだ。 実の孫ともそのうちに仲良くなってくれればいいと願っている。

0226  

2008年2月24日 (日)

天気にヤキモキ

地区社会福祉協議会主催の「ふれあいサロン」が開催され、民生委員も運営に参加した。 年に一度、高齢者を招待して生活に役立つ講演会と昼食会を行うのである。

参加申し込みが60人ほどあったが、昨日からの荒れた天気で辞退する人が10人ほど出て50人の会となった。 初めての経験で戸惑いもあったが無事終了してホッとしている。

結構積っていた雪も、会が終わったころにはほとんど溶けて無事帰宅された。

2008年2月22日 (金)

初トライ

デジカメ写真のプリントはほとんど自宅のインクジェットプリンターに頼っているが、時としてお店プリントを利用することがある。 A4より大きいサイズは自宅では出来ないので写真店に持ち込むが、2~30分待っていれば仕上げてくれる。

「ネットで注文」の話を聞いたので、いつも行く写真店に話したらそれ用のソフトをくれた。 試しにネット注文してみたが、店で待つことなく受け取れるので確かに便利である。 仕上がり状態に注文をつける必要のない写真のプリントには十分使えそうである。

0222

2008年2月19日 (火)

足のない日

車検で車のない一日となった。 ホームページの更新や溜まった書類の整理など、普段ついさぼりがちなことに手を付けながらノンビリ過ごすことにする。

昨日は確定申告の書類を出してきた。 e-Tax で申告すると自宅でことを済ませるらしいが、源泉徴収票や保険の領収書などの提出がどこまで省略できるのか判らなかったので今回は申告書作成だけをPCで行い、領収書類を添付して例年通り役所に持参した。

役所で確認したら、「領収書類は3年間保存し、調査があった時に提示できればOKです」とのこと。 来年からはe-Tax で申告することにする。 所得に大きな変化がない限り調査もあるまい。

2008年2月17日 (日)

凧揚げ

目が覚めたら雪が舞っていたが予報は”快晴”と出ていたので「気仙沼天旗まつり」に出かけた。 港の岸壁広場で青空に多くの凧の舞う姿を期待して向かったが、風が強くて期待通りには上がらずちょっと残念だった。

祭りの後、「海の市場」の寿司屋で、ふかひれ、うに、白子の寿司を食べた。 一皿530円と回転寿司にしては高価だが、仙台で食べるよりはキットお値打ちなのだろう(何しろ食べたことが無いので・・・)。味は絶品であった。

帰り道でまたまた温泉に浸かって体を温めて6時過ぎに帰宅した。

02171 02172 02173

2008年2月13日 (水)

地吹雪

この冬一番の寒波が襲ってきた。 何かと予定が詰まった今週ではあるが、今日は完全フリーだったので「雪見露天風呂でも」と思って薬莱薬師の湯に車を走らせた。 雪の平日とあって入浴客も少なく、ほぼ「露天風呂独り占め」状態だった。 首までお湯に浸かって額に浴びる雪の冷たさは格別である。

入浴後一休みして外に出るといつの間にか吹雪状態。 田園地帯を貫く道路は所々で地吹雪が舞い先が見えない。 路肩の標識杭と対向車のヘッドライトを頼りに白銀の世界をソロソロと。 

TVニュースによれば、北海道はじめ各地でスリップによる交通事故が多発しているようだ。

02131 02132

2008年2月10日 (日)

アー情けなや・・・

夜中に降った雪が10センチほど積もった。 気温が高かったのか水分が多く、日が昇るにつれてみるみる融け始めた。

昨日見た雪まつりの真似をして雪灯籠を作ろうと雪を成形して積み重ねたが、灯を入れる前に無残にも崩れ落ちてしまった。

02101 02102

2008年2月 9日 (土)

雪まつり

この冬の雪は変だ。 東北(太平洋側)では極端に少なく、関東や関西の方が積雪が多いように思う。 首都圏は2週連続で週末に積雪が記録されたようだが仙台ではうっすらと積もった程度である。 立ち寄った温泉宿で、名古屋からのお客が飛行機の欠航で急遽キャンセルするとの連絡が入っていた。 今晩はそこそこ積るとの予報が出ているが、明日の朝はどうなっているのだろう。

今日 蔵王山麓の青根温泉で雪まつりがあった。 初めて見に行ったが雪が少なくて町の人達は雪集めにずいぶん苦労したらしい。 規模も例年の半分に縮小したとのことだ。

見物を途中で諦めて、冷え切った体を二度目の温泉で温めて帰途についた。

02091 02092 02093

2008年2月 8日 (金)

新型インフルエンザ

最近TVで盛んに「新型インフルエンザ患者が見つかった時の行政の対応」についてのニュースが流れている。 消防署・病院・保健所などの連携訓練が行われているようである。 イザ!と言うとき、しっかり頼んまっせ~!!

市民講座「正しく学ぼう新型インフルエンザ、しっかり備えれば怖くない!!」への招請があったので勉強に出かけた。 大学教授の講演と対談の2部構成で2時間余りの講座だった。

内容を簡単にまとめると、「新型インフルエンザと言えどもあくまでインフルエンザである。 日本では鶏インフルエンザの鶏が見つかったら全て処分して、インフルエンザ鶏を抑え込んでいる(摘発淘汰)。 ヒトが新型インフルエンザを予防する方法は、普通のインフルエンザ対策(ウガイ、手洗い、マスク・・・)をしっかり行うことに尽きる」ということらしい。

学者とは、(自分ではずいぶん噛み砕いて話しているつもりだと思うけど)やさしい話を素人わかりしづらく表現したがる人種のようだ。

ともあれ、一番難しい「基本的なことをしっかり実践」してわが身を守ることにしましょう。

2008年2月 4日 (月)

ギョーザ

「母べえ」を観に行った。 昭和15~20年の戦争の裏側が描かれた映画で、吉永小百合の名演技にも支えられ、まずまず見ごたえのある作品であった。

帰りに本屋に立ち寄ったら写真のディスプレーがいきなり目に飛び込んだ。 真相はまだ解明されていないが、「ここまでヤルか!」と度肝を抜かれた。 日本の農政・食生活が転換期を迎えていることは間違いなさそうである。

0204

2008年2月 3日 (日)

節分

今日は節分。 暦の上では明日から春である。 

大崎八幡神社の「節分会」に出かけた。 神奈川県の「何とか神社」では、参拝者のマナーが悪く危険と言うことで豆まきを中止するとの報道があった。 大崎八幡神社では、小学4年生までを前列に、5年生以上は後列にと区域分けし、幼児と高齢者には「手渡し券」を発行するなど、安全対策に苦心の跡が見られた。

11粒の「福豆」を手にしてありがたく頂いた。 帰りに初めて「恵方巻き」を買って帰った。

02031 02032 02033

2008年2月 2日 (土)

このところサッパリ写真を撮っていなかった。 盛んにTVで「東北蘭展」を紹介していたので大枚1,500円を払って見てきた。 いろんな種類の蘭がアレンジよろしく展示されていたが、ライティングがイマイチで、花の魅力が十分に引き出されていたのか気になった。 それだけにカメラに収めるのに苦労した。 ちょっと期待はずれの「蘭展」だった。

02021 02022 02023 02024 02025 02026

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »