2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

雪の年越し

予報通り寒波が襲来した。 未明から雪になったらしく、目が覚めたら辺りは雪化粧。 積雪は大したことなかったが一日中ちらついて、夕方の冷え込みと共に少しずつ白い世界が広まってきたように思う。 この分では白銀の年明けとなりそうだ。 孫君との雪遊びも、前の公園で出来そうである。

ブログに訪れて下さった皆様に、感謝と共に来年がより良い年となりますことをお祈りいたします。

1231 12311

2007年12月30日 (日)

ハクのシャンプー

今年もいよいよ残すところ1日。「今年は喪中なので何も特別なことはすまい」と思いつつも、やはりお正月で子どもや孫が帰ってくるとなればそうも行かず、連日何やかやと買い物に勤しんでいる。

ホームセンターのペットコーナーで「セルフシャンプー500円」と言うのを見つけたので、予約を入れてハクのシャンプーをした。 温水シャワー、シャンプー&リンス液、ブラシ、エプロン3枚、バスタオル2枚、ブロワー付で30分500円は至ってリーズナブル。これで冬場のシャンプーも心配なくなった。

ハクは始めての経験が一杯でビビッていたが、終わって外に出したら「ケロッ!」と元通りに

  12303 12304 1230112302

2007年12月29日 (土)

雪よ降れ!

昨夜半から朝方にかけてかなりまとまった雨が降った。 雪だったら20~30センチは積もったことだろう。 近くの山のスキー場に白く見えていた雪も雨で融けたようだ。 暖かいのは過ごしやすくて助かるが、何だか年の瀬の実感が持てない。

お正月に「初孫君」が来るので、初めての雪遊びでもさせてやろうとソリとブーツを買ってきたが、この分では遠出しないと遊べないかも知れない。 天気予報では暮れから正月にかけて寒波が来るとの事なのでそれに期待しよう。

2007年12月26日 (水)

小春日和

このところお天気続きで過ごしやすい。 強い日差しに誘われて、午後から北上川河口方面へドライブに出かけた。 川面も海も青空を映して碧く輝いていた。 晴れの冬空は、澄み切って実に気持ちがいい。

1226 12261

2007年12月25日 (火)

X’mass ライト

冷え込みも大したことなく、思い切って”仙台光のページェント”に出かけた。 今年で20回目ともなれば新鮮味はないが、寒空に温かい光が無数に輝く光景は何度見ても感動する。 「青色発光ダイオード」全盛の時代とは言え、黄色の豆電球はやはり心が安らぐ。

12251 12252 12253

2007年12月24日 (月)

今日も諦め

朝から透き通るような青空で陽射しも強く寒さも和らいだものの、北風が強く道路脇に積もっていた落ち葉が空を舞った。 夕刻から急に気温が下がり、今夜は放射冷却で冷えそうだ。

そんな訳で「夕方から街に出てライトアップを撮影する」と言う計画をあっさり取り下げて、暖房機の前で缶ビールを「プシュッ!」。 近所の家の門先の電飾を携帯電話のカメラで撮影してゴマカシ。 こんなことでは良い写真が取れるわけはない。 うーん、明日こそ・・・。

1224

2007年12月23日 (日)

雨の日曜日

今夜は定禅寺通りの光のトンネルの中を200人(?)ほどのサンタクロースがパレードする催し物があるのだが、冷たい小雨が降り続いているので出かけるのを諦めた。

このところ、写真クラブの「新年・200号記念会報」作りに追われたり、慣れない民生委員の仕事に振り回されたりで、ゆっくり写真を撮ることも出来ておらず、味気ないブログが続いている。 明日は天気も回復しそうなので、街のイルミネーションでも撮りに行こうかと思っている。

2007年12月19日 (水)

今日は「座学」

昨日の日中は写真クラブの会報(H20年新年号、通算200号記念特集号)の編集に追われ、夜はゴルフ仲間との忘年会。久々にカラオケで奇声をあげて二日酔い。

今日は二日酔い気味の体に鞭打って、10時から午後4時まで「民生委員新人研修会」に参加。 資料をドサッと渡されるも時間の関係とやらでサラッとした説明に終始。久しぶりの座学でやや疲れ気味である。

研修会終了後に近くのギャラリーの写真展を覗いて来た。丹頂鶴を専門に撮っている人の個展だったが、度肝を抜かれるような素晴らしい作品ばかりだった。

2007年12月16日 (日)

三丁目の夕日

「オールウェイズ<続>三丁目の夕日」を観てきた。 第1作同様に中々面白く人情味溢れた良い作品だった。 とりわけ我らが世代にとっては自分の子供時代の生活と重なって、思わず吹き出すことシバシバ。

情に脆いのは小生だけかと思ったら、隣のオジさんもオバさんも「どうして音を立てずに鼻をすすろうか」と苦労しているようだった。 殺伐とした現代から見れば「なんと人間らしい(臭い)生活」を送っていたのだろう。

帰りに立ち寄ったスーパーの駐車場から見た夕焼けが、なぜかすがすがしく思えた。

2007年12月14日 (金)

究極の手抜きランチ

午前中はPCと遊びながら家に居て、午後から出かけることが多い。 妻が出かけていて一人のときは昼食を摂ったり摂らなかったりであるが、最近よく食べるのが「みそ雑煮」である。

切り餅をトースターで焼いてインスタント味噌汁に入れて食するのだ。 いわゆる「大阪の白味噌雑煮」には劣るが、これが結構いける。 最近のインスタント味噌汁は馬鹿に出来ない。 種類も実に豊富である。 冬場の軽食には持って来いである。

12141 12142

2007年12月11日 (火)

最後の撮影会

昨日は今年最後の写真教室があり、夜はクラブの忘年会だった。

今日は今年最後の撮影会で、県南部の旧街道にある宿場街とその近郊の晩秋(初冬)風景を撮影した。 古い宿場街はすっかり寂れて、村の三分の一は空き家になっていた。 街道沿いの大きな茅葺の家が200万円で売りに出ていた。 田舎暮らしブームに乗って都会の誰かが買うのだろうか。 実際に生活するのは並大抵のことではなさそうに思う。

12111 12112 12113

2007年12月 7日 (金)

サッパリした

10年振りに庭木の剪定をしてもらった。 天を突かんばかりに伸びた木蓮はたくさんの花芽を付けていて切るに忍びなかったが、放置するわけにも行かずバッサリと散髪をした。 葉っぱは既に落ちていたが散髪をしたら何となく庭も広くなり明るくなったような気がする。

来春には新しい芽が伸びて若々しく蘇ることだろう。

12071 12072 12073

2007年12月 6日 (木)

振り回され・・・

このところ連日「民生・児童委員」関係に振り回されている。 今日は業務の引継ぎで書類をドサッと渡された。 何だか大変そう・・・・トホホホホ・・・。

少しずつ実感が湧いてきた。 写真もシーズン的に端境期なので少しは新しい仕事の勉強に取り組もう。(と思っている)

2007年12月 2日 (日)

手帳を買う

ここ数年の間手帳を持たなかった。 手帳にメモるほどのこともなく、スケジュール管理とは無縁の日々を送って来ていたからである。 ところが「民生・児童委員」に任命されるや突然何やかにやと電話が入り、見る見るうちにカレンダーの書き込みがゴチャゴチャしてきたのである。 多分初期段階だけのこととは思うが、記憶力の減退を自覚する毎日なので久々に早速手帳を買ってメモることにした。

完全マイペースの生活が乱されるのかと思うと残念ではあるが、これからは多少は人様の為にも時間を費やそうと思い始めた今日この頃である。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »