2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

10月も終わり

今年も残すところ2ヶ月になった。 紅葉がピークを迎えており、温泉入浴を兼ねて県北の山間部に出かけた。 

来週もクラブの撮影会があるが、今年も大いに紅葉を楽しんでいる。

10311_3 10312 10313   

2007年10月28日 (日)

大学女子駅伝

サラリーマン時代の後輩が金曜日から遊びにきてくれていた。 あいにくの天候だったが、雨に濡れてしっとりとした紅葉と温泉を楽しんでもらって今日午前中に駅まで送って別れた。

今日は一転快晴に恵まれ、青空と紅葉のもとで仙台で二度目の「全国大学女子駅伝」が開催された。 我が家の近くが折り返し点だったのでカメラを持って応援に出かけた。 動く被写体を撮影することの難しさが身に浸みて判った。

10283 10284 10281 10282

2007年10月24日 (水)

撮り直し

庭の銀木犀が小さな花を満開に付けてほの甘い香りを漂わせている。

一昨日(月曜)の写真教室に、先週撮影した紅葉の映り込み写真を持参した。 概ね好評であったが「波紋の鮮明さに欠ける」との指摘があったので今日再挑戦に出かけた。 紅葉も深まって澄み切った青空に一段と美しさが増していた。 湖面に小石を投げて波紋を数十枚撮った。 コンテストに出せるような作品になれば良いのだが。

10241 10242 10243

2007年10月21日 (日)

りんご温泉

紅葉狩りにと山形に向かったが峠もまだ色づきにはチョッと早く期待は裏切られた。 時おり時雨れてきたりとドライブにはイマイチの気象条件で予定を変更して温泉に向かった。

山形県朝日村の「りんご温泉」を目指すことにした。 一昨年1月に行った時は雪のため露天風呂に入ることは出来なかったので今日は露天風呂に入った。 小高い山の中腹の岩風呂に浸かって色づき始めた景色を見ながらゆったりと至福のときをすごせた。 湯船には地元産のりんごが浮かべられていて他とは違った風情も味わえた。 泉質は高アルカリ性でヌメリがあり「源泉100%」で体の芯まで温まった。

10211 10214 1021310212

2007年10月20日 (土)

里の秋

紅葉前線が里に下りてきた。 我が家の前の公園のケヤキや桜も随分色づいた。 写真展を見に町へ出かけたが、町のケヤキはまだ深い緑色で色づきまでには数日掛かりそうであった。

ジャイアンツが中日に3連敗で日本シリーズ進出を逃した。 スマートで野性味に欠ける印象があり、絶対的なエース投手のいない点が敗因ではないかと思う。 当分「日本一」にはなれないような気がする。1020

2007年10月18日 (木)

天高し

放射冷却で明け方の気温は8度まで下がった。 急速に秋が深まってきたようである。 近郊で撮影スポットとして人気のある桑沼を訪れた。 途中の林道はガタガタ道で、腹をこすらないかとビクビクしながらゆっくりと車を進めた。

桑沼の紅葉は5分から7分といったところだったが、色づいた木々が強い陽射しに照らされて水面に映り、極楽浄土を想像させる世界が広がっていた。

10181 10182 10183

2007年10月14日 (日)

芸術の秋

「宮城県芸術祭」が行われている。 写真展と絵画展を見てきた。 知人の作品(写真)も展示されていた。 何れも力作で大いに参考になった。 絵画展の作品も「モネ風」あり「萬鉄五郎風」あり「・・風」ありと素人離れした作品も多く、絵心のない小生だが大いに楽しませてもらった。

そのあと少し足を延ばして「蔵の町村田」に向かった。 蔵の幾つかを開放して美術工芸品や写真の展示がおこなわれていた。 

澄み切った青空の下「芸術の秋」を満喫した一日だった。

10141 10142 10143

2007年10月12日 (金)

蔵王・温泉

蔵王に紅葉を見に行った。 標高1000メートルを超えた辺りから鮮やかな彩が目前に迫ってきた。 山頂のお釜は青空に映えて綺麗なエメラルドグリーンの水をたたえている。 冷たい風が帽子を飛ばさんばかり容赦なく吹き付けて寒さに身も縮んだ。1012510124

冷え切った体を温めに、山形県側に下りて蔵王温泉に立ち寄った。 貸切状態の温泉にゆっくり浸かって体をほぐして帰路に着いた。 なんとも満たされた一日であった。

10121 10122

2007年10月10日 (水)

モミジ狩り

久しぶりのクラブ撮影会で栗駒山の紅葉撮影に出かけた。 

青空の下、車3台を連ねて目的地を目指した。 山の中腹までは木々も青く、山頂付近は雲に覆われ山肌の色づきも感じられない様子でイマイチ意気も上がらなかったが、標高が上がるに連れて次第に景色も変わってきた。 時折雲間から陽射しが漏れる程度で”光り輝く紅葉”を満喫するわけには行かなかったが、返って深みのある写真撮影には良かったのかもしれない。

10101 10102 10103 10104

2007年10月 9日 (火)

来て良し、帰って良し

「孫君一家」が休暇を終えて帰っていった。 今回は4泊5日とゆっくりとした日程で、お天気にもまずまず恵まれて、山に行ったりYOSAKOI祭りを見たりと楽しい日々を送ることが出来た。

1才そこそこの子ども1人に大人4人が総がかり。 5ヶ月前に来たときに比べると自我も芽生え歩けるようになっているだけに目が離せず何倍も疲れた。 子育ての大変さを今更ながらに感じ、自分たちはどのようにしてきたのだろうかと感慨も一入の毎日だった。

「孫は来て良し帰ってよし」というが、帰ってしまうと気が抜けたようで寂しいものである。 ジジ・ババもいつまでも元気で居たいものである。

10091 10092 10093

2007年10月 7日 (日)

みちのくYOSAKOI祭り

朝から薄曇の天気だったが時折日も射し快適な一日だった。 夕方に「みちのくYOSAKOI祭り」を見に出かけた。 今年は10回目の記念に札幌の「よさこいソーラン祭り」で4年連続グランプリ獲得中の団体も参加し、盛り上がりも一段と高かったようである。 昼間ぐずっていた我が家の孫君も、すっかり踊りと音楽に酔いしれたらしく元気を取り戻してくれた。

2日間に亘って雨にたたられなかったのは何年振りかのことである。

10071

10072 10073

2007年10月 6日 (土)

秋晴れの一日

抜けるような青空に誘われて、昨日遅い夏休みで帰省した長男夫婦と初孫君を連れて泉ヶ岳にお弁当を持って遊びに行った。 週末ということもあって駐車場はそこそこ混んでいたが、広い高原には人もまばらで秋の陽射しと高原の爽やかな風を満喫できた。

この連休は好天に恵まれそうである。 あすは「みちのくYOSAKOIまつり」でも見に行こう。

10061 10062_2

2007年10月 3日 (水)

マー君、ヤッター!!

今期最多タイの13奪三振の快投で11勝目。 これで新人王は間違いなし! 新人で奪三振10個以上の試合数「5」というのは江夏の6に次いで歴代2位だそうだ。 これは浪商から東映に入団した尾崎幸雄に並ぶ記録と言うから驚きである。 年間奪三振数も196、一試合当たり9.5近い数の三振をとった。 新人としては大したものである。

今日の1勝で楽天は2試合を残して4位を確定させた。 昨年・一昨年の事を考えると優勝に匹敵する価値がある。

2007年10月 2日 (火)

グレードアップ

ウッドデッキにオーニングを取り付けた。 カフェテラスのような雰囲気が出て少しグレードアップした気がする。

10021

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »