2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

東北六県絆まつり

この土日(8日・9日)、東日本大震災後に始まった東北6県の祭りが一堂に集まったお祭りが仙台を会場に開催された。
当初は「六魂祭」の名前で行われていたが、今は「東北6県絆祭り」の名の下で6県持ち回りで実施されている。
土曜日の目玉は航空自衛隊松島基地のブルーインパルスの曲技飛行、9日の目玉は市の中心部で行われる6県のお祭りパレードである。
土曜日は青空の下での曲技飛行を我が家の近くの高台から鑑賞・撮影した。
9日は人出混雑を心配して出かけるのをためらっていたが、日差しもなく涼しかったので思い切って町まで出かけた。
予想通りの人出だったが運よく絶好の撮影場所を確保できたので存分に撮影を楽しむことが出来た。
青森:ねぶた祭、秋田:竿灯、岩手:さんさ踊り、山形:花笠踊り、宮城:七夕・すずめ踊り、福島:わらじ祭り。
これだけの祭りを2時間足らずの間にコンパクトに楽しめるのはこの機会しかない。
出かけてよかったと思っている。

Dsc09436_rDsc09595_rDsc09639_rDsc09693_rDsc09728_rDsc09763_rDsc09820_r

2024年5月29日 (水)

高齢者運転講習を受けて来た

昨日三度目の講習を受けてきた。
以前は「80過ぎたら免許証返納をしよう」と思っていたが、まだまだ車を使いたいし、運転できそうだし・・。
平均寿命も延びて昔の80代とは世の中随分変わってきているようだ。
自分自身も気力・体力共にまだ当分は行けそうな予感。
「認知能力テスト」の結果が前回よりどれくらい悪化しているのか気になっていたが、今回からはテスト結果の点数の発表が無くなっていて比較が出来ず残念。
採点途中で合格点に達した時点で採点を止める方式に変わっているとのこと。(最低ラインは36点とのこと)
16枚の絵を見せられて、しばらくしてから思い出させる例のテストでは、ノーヒントでは12~3、ヒント付では16個全部思い出せたので大きく衰えていることはなさそうで安心した。
座学講習では道路交通法の改正点などの説明があり、違反取締の強化や罰金引き上げなど聴かされ、改めて気を引き締めて運転しようと心に決めて会場を後にした。

Img011_rImg012_r

2024年5月 4日 (土)

暑さに負けて早々に切り上げ

昨夜の道の駅はすごかった。
車中泊の車両で駐車場は埋め尽くされ、指定場所をはみ出て止める車も出たほどだった。
やはりコロナ化時代に車中泊を覚えた人も相当いるのだろう。 大型連休に出かけることは諦めよう。
8時20分に出発して燕三条地場物産センターに向かった。
9時半の開店を待って店内を参観、日曜大工用に小型鉋を買い求めた。
10時半ごろ外に出ると強い日差しがジリジリ照り付けて真夏の様相。3~4か所目巡る予定だったがひと気の少なそうな「福島潟」と言う沼の公園だけ見に行くことにした。 ここは沼(潟)の中に小島が点在し、遠くに残雪の奥羽山脈も見える中々の風景を撮影することが出来た。
福島潟を午後1時過ぎに発って一路高速道路経由で帰途に就いた。(途中に事故通行止めの情報を得たので、少し下道を走って途中のインターから高速道に乗った。)
連夜の寝不足が祟って途中で何度か休憩・仮眠をとって午後6時半ごろ帰宅した。
天気の良いせいもあるが、まだ薄明るいうちに到着出来た。 今日も外国人の顔を見ることはなかった。
今回もいろいろ新しい発見が出来た良い旅になった。

Img_20240504_070242_rImg_20240504_095007_rDsc09272_r_20240504223101

2024年5月 3日 (金)

外国人を一人も見ない旅

夜中は結構冷えて目が覚めるほど。
今日は8時に道の駅を発って新潟県の最北の街(?)村上 市に向かった。目的は「新巻き用の鮭の干物づくりの様子」を見ること。
町屋通りは昔ながらの店が軒を連ね風情がある。鮭を扱う店が何軒かあり、そのうちの一軒で見学させてくれた。この時期でも干しているのか不安だったが、一年がかりで仕上げるとのこと。300匹ほどがつるされている景観は期待を裏切らなかった。
見学を終えて新発田市に向かって南下して新発田城址に立ち寄った。城跡から少し離れたところ(1.7キロほど)に清水園という城主の書院がある。天才庭師二人が作ったという庭は見事なもだった。
清水園の向かいには八軒ひと棟の「足軽長屋」が保存されており、初めて見た建物に興をそそられた。
村上も新発田も初めての訪問だったが予想外に良いところだと感じた。
夜は燕市の温泉付き道の駅国上に宿を構えた。
さすがGW後半の初日とあって駐車場もお風呂も超満員。
インバウンド肥大化のせいで車中泊族が大幅に増えたものと思われる。
この二日間、わが行動範囲においては外国人の顔を一度も見ていない。
メジャーな観光地以外で楽しむのが「イマ的」な旅の姿なのかも。
Dsc09171_rDsc09208_rDsc09220_r

2024年5月 2日 (木)

リノベの合間にプチ旅に

自分の部屋のリノベは終わったが、連休明けから玄関、階段、二階の廊下のカーペットの張り替えが始まる。
連休後半は天気も良さそうなので思いついて新潟方面に旅に出ることにした。
快晴の下9時過ぎに出発して下道で山形の東根、山形、上山、南陽、飯豊、小国を経て新潟県の道の駅関川迄来た。
この道の駅は温泉併設で過去にも二度泊まったことがある。
途中、水没林で有名な飯豊の白川ダム湖に寄り道した。
6月になると田んぼに水を送るため水没林が見られなくなる。ちょうど良いタイミングだった。
天気も良く多くの若者がカヌーやサップを楽しんでいた。
湖畔は立派なキャンプ場になっており、いつかここでキャンプを楽しみたいと思った。
明日はチューリップ祭り、新発田城、新潟市近くに散在する沼めぐりなどを楽しもうと思っている。

Dsc09144_rDsc09158_rDsc09153_r

2024年5月 1日 (水)

部屋のリノベ

定年と共に単身赴任から解放され我が家に戻って22年近い。
以来もと子供部屋を我が書斎として使っている。
20年ほど前に自分で天井と壁にペンキを塗り、床をカーペットからクッションフロアに張り替えた。
その部屋も薄汚れてフロアも波打ってきた。
今や80歳も過ぎ、あと何年この部屋を使い続けられるかわからずためらいもあったが、「人生百年時代」との声も聞かれるようになった昨今でもあり思い切ってフルリノベすることにした。
GW前に作業も終わり、家具類も何とか運び入れた。
「気分一新!」と少しレイアウトも変えてみた。
かなり断捨離もしたので随分明るくスッキリとした部屋になった。
あと何年使い続けられるか・・・・

Dsc09094_rDsc09101_rDsc09119_r

2024年4月 7日 (日)

我が家の周りにも春到来

今日は気温も20度越で春霞の晴天。
市内の花見どころは一気に花開いてさぞかし賑わっていることだろう。
郊外高台の我が家周辺も桜がやっとほころび始め、辺りが春の花々に囲まれるようになってきた。
我が家ではこれからがお花見シーズンの開幕である。
桜が咲くと心も晴れやかになり、何するにも意欲がわくものである。
我が家のシンボルツリーのモクレンは今年は花芽が少なく少し寂しいのが残念だ。

Dsc08755_rDsc08757_rDsc08758_r

2024年4月 4日 (木)

初旅の終了

青空は昨日一日で終わり。
午後からは雨模様と言うことで寄り道しながら帰路に就いた。
道の駅のすぐそばに祖母井神社(うばがい神社)があり、覗いてみた。ここの枝垂れ桜も満開だった。
少し走った所に以前訪れた崇真寺と言う古刹がある。ひょっとして桜もあるか?と立ち寄ったら何本もの見事な枝垂れ桜が咲き誇っていた。チョッと他では見られない程の見事さだ。9時前でひと気もなく貸切で花見を堪能できた。
宇都宮から高速に乗る前に、大谷観音と大谷石切り出し跡の地下ホールを見学した。
地下によくぞこれほどの穴を掘って石を運び出したものだと感心させられた。
見学を終えたころからポツポツと雨が降り出し、宇都宮インターから高速で帰路につき、5時前には帰宅した。

 

無事今年の初車中泊旅を終えることが出来た。
特に改善を要する点も見つからなかったので、この調子で今年も無理せず旅を楽しむことにしよう。

Dsc08662_rDsc08682_rDsc08702_r

 

旅の二日目(4月2日)

キャンプ場での一夜は静かに過ごせたが、夜の冷え込みは予想以上だった。
頭上には大きな北斗七星がくっきりと輝いていた。
ゆっくりと朝食を摂りながらスマホで近隣情報を調べていたら、龍ヶ崎の般若院の枝垂れ桜が満開との事で見に行くことにした。
市の中心部にある立派なお寺で、寺の駐車場は満杯だったので近くの小学校の駐車場を借りることにした。
本堂裏の枝垂れ桜は樹齢500年以上らしく見事な花を咲かせていた。
今年初の花見を終えて、一度行ってみようと思っていた牛久大仏に立ち寄った。120メートルの大仏はギネス登録されているらしい。中には入らず外観だけ写真に収めた。
この辺りのソメイヨシノはほころび始めたところだ。
駐車場で昼食を済ませて北上し、笠間で笠間焼のギャラリーで家内のお気に入り小皿を求めて今宵の宿「道の駅はが」に17時頃到着。道の駅は火曜定休だったが隣の温泉で体を休めてのんびりと一夜を過ごすことに。

Dsc08608_rDsc08642_rDsc08657_r_20240404101301

2024年4月 1日 (月)

今日から四月

昨日から暖かさが戻ってやっと本格的な春の到来か?
家の周りの桜のつぼみはまだ固いが、桜前線も関東まで上ってきた模様。
暖かくなると「クルマ旅」の虫が頭をもたげる。
今日から1~2泊で車中泊旅行のトライアルに出掛けることにした。
かねてから一度行ってみたいと思っていた茨城県の道の駅「かつら」を目指した。
ここは那珂川沿いに無料のキャンプ場があることで知られたところ。
平日ならば混雑もなかろうと向かうことにした。
キャンプサイトは道の駅と那珂川に挟まれた無料フリーサイトで、先客は多かったものの空きスペースも十分あった。
空気は冷たさも残っているが、久しぶりにのんびりと静かに一夜を過ごせそうである。
桜もちらほら咲いていて、明日は近辺をゆっくりドライブしながら一足早いお花見が出来ればと期待している。

Dsc08591_rDsc08595_rDsc08587_r

«二月半ばの暖かさは何だったのっか???