2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年2月23日 (金)

久しぶりの大阪

先週所用で大阪に出かけました。
今回は久々に新幹線の旅でした。
所用の合間久しぶりに懐かしい大阪の街を散策しました。
デジブックを作りましたのでご覧あれ。

http://www.digibook.net/d/a514cf1ba04d964d3e2eb192a5ccfd53/?viewerMode=fullWindow

2018年2月 4日 (日)

車中泊トライアル

完全フリーなこの土日、本格的な車中泊シーズンを前に近場(石巻の「道の駅上品の里」)で一泊二日のトライアルをした。
チェックポイントは
① ベッドを下げて室内空間を広げたことの居住性チェック
② 換気扇の効果確認
③ 電気毛布を使えるかのチェック

①については背筋を伸ばして座っても頭が天井に触れることはなく、居住性は確かに高まったといえる。
②についてはモバイルバッテリーで2連ファンが静かに回転し、それなりの換気が確保出来て安心して車内でガスボンベストーブで暖を取ることができた。
③についてはソーラー充電したバッテリーでTV(2時間程度)、照明で電気を消費したのち47Wの電気毛布を30分ほど「強」で温めたあと「弱」に切り替えて床に就いた。
バッテリーが果たしてどこまで持つか心配だったが、朝8時間経った時点で12.1Vの電圧を示していたので何とか耐えた模様である。
翌日が晴れてソーラー充電がうまくいけば寒い夜も連夜快適に眠れるめどが立った。

新たな問題点も若見つかったが、これで何とか今年も車中泊旅行を楽しめそうである。

今日も朝から快晴で女川復興商店街と牡鹿半島のドライブをして夕方帰宅した。
まもなく震災7年を迎えるが、多くの沿岸被災地はいまだ復旧工事の真っただ中で何時になったら落ち着くのだろうと心が痛んだ。

_dsc2527_r _dsc2546_r _dsc2558_r





2018年2月 2日 (金)

真冬の撮影会

昨日クラブの撮影会で猪苗代湖の「しぶき氷」の撮影に出かけた。
湖面をかける極寒の強烈な西風が湖水を跳ね上げて東岸の岩や木々に見事な氷の造形を創るのである。
連日の寒さに凍えていたが幸いにも昨日は好天に恵まれて快適な撮影旅行ができた。
猪苗代湖も無風快晴で絶好の撮影条件だったが、期待した背景の磐梯山の頂上付近は雲に隠れて期待通りとはいかなかった。
その後湖沼の冬景色を撮ろうと裏磐梯に足を延ばした。
道路の除雪はされていたが、さすが山の雪の量は尋常ではなく背丈をはるかに超える雪の回廊を走る羽目に。
数ある湖面はいずれも氷と雪に覆われ白一色。
雪景色の写真は中々難しかった。
ワカサギ釣りのかわいいテントが湖上遠くに点在していたのがせめてもの慰みと言ったところか。
次の写真教室(2月12日)に持ち寄ることになっているが、みんなどのような作品を持ってくるのか楽しみである。

_dsc2388_r _dsc2397_r _dsc2515_r






2018年1月26日 (金)

雪の松島

午前中あまり青空がきれいだったので10時過ぎにカメラを持って松島に出かけてきた。
松の木の雪は落ちて予想を裏切られた部分もあったが五大堂の屋根には程よく雪が残っており青空とのコントラストがきれいだった。
11時ごろから雲が出てきたので30分あまりシャッターを切ってそそくさと家路についた。
寒さのせいか観光客もまばらで静かな松島だった。

_dsc2329_r_r _dsc2362_r_r _dsc2367_r_r







2018年1月25日 (木)

連日の雪かき

いわゆる雪国の方からはお叱りを受けるかもしれないが、この三日間連日の雪かきでややお疲れモード。
今朝はマイナス7度と何年振りかの冷え込みだった。水道の凍結は何とか免れたものの今年は中々厳しい冬になりそうだ。
昨年暮れにガス釜の交換をしておいてよかった。あのまま放置していたら完全に釜が破裂して大事になっていたことだろう。
今日は晴れているものの真冬日の予報。雪は今週いっぱいは融けそうにない。

2018年1月17日 (水)

車のベッド改装

普段は二人乗り専用のキャンピングカー仕様のまま使っているが、お正月に子・孫たちが帰省することもあって年末に5人乗り仕様に戻していた。
また1月に車検もあって架装品の一部取り外しも必要なため、この機にかねてより気になっていたベッド高を5センチほど低くすることに取り組んだ。
今まで車内両サイドに高さ40センチの木の枠組みを取り付けて、その間を蓋のない木箱を4個組み合わせて並べて平坦になった面にベッドマットを敷いて使っていた。
6年間この形できたが、ベッド面に座った時に背筋を伸ばすと頭頂部がわずかに天井に触れるのが気がかりだった。というわけでベッドを下げることにした次第。

話としては、木枠と木箱を全部5センチカットして低くすればよい訳であるが、この作業は考えただけでもたじろいでしまう。何かウマい手はないかとYOU TUBEを見ていたら、農作業用プラスチックキャリーボックスを利用する方法を見つけた。
早速ホームセンターに出かけたら丁度よいサイズのものを500円弱で売っていた。これに2X4の木材で下駄をはかすと高さぴったり。これを4~5個並べれば床下収納も万全である。
両サイドの木枠だけは経費節約のため5センチ足切りをして再利用することにした。
細かな点では予想外の苦労もあったが4日がかりで何とか希望の改修が出来た。
天井高も確保できたので今後のくるま旅は一層快適なものになるだろう。

_dsc2254_r _dsc2312_r _dsc2314_r







2017年12月30日 (土)

だんだんと年の瀬気分が湧いてきた

今年もあと30時間足らずで終わりを迎える。
毎年「暮れだ正月だってなんだよ~、めんどくせ~な~」という感じで過ごしてきているが、いつもより早めにアルコールを口にし、何とはなしにTVの特番を見、夕食を摂りながらレコード大賞を眺めていると、「あ~、いよいよか」という気持ちになるのは不思議なものである。
明日は紅白を見て(インスタント)そばでも食べて眠りに就くのだろう。
これぞ日本の文化の真髄か?

近日、湯沸かし器からまるで蒸気機関車が吐き出すような湯気が噴出する異常が発生していた。正月には帰省客もあるので心配になり、昨日出入りの工務店に電話したら急遽手配をしてくれて今日器具の交換をしてもらえた。このところの急な冷え込みで故障が進行したようだ。17年も活躍してくれていたようなので「大往生」と言わざるをえない。
ともあれこれで安心して入浴ができ、無事に暖かい正月を迎えられそうである。

2017年12月27日 (水)

この冬初の積雪

北海道、本州日本海側は猛烈な風雪に見舞われているが、我が家の周りでも今朝はこの冬初の積雪らしい積雪となった。
風も強く、時折積もった雪が舞い上がっている。
年ごとに雪かきがおっくうになってきている。
この冬は何度雪かきをすることになるのだろう。

_dsc2230_r

2017年12月20日 (水)

年賀状づくり

気が付いたら12月も早20日。
年賀状の作成に取り組まねば・・・。
毎年「今年で最後にしよう」と考えつつも踏ん切りがつかず、この時期になるとつい「はがき作成ソフト」を立ち上げてしまう。
手書きで出すに越したことはないとはいえ今やソフトを使わずに何十枚もの年賀状を書くことは想像すらできなくなってしまった。
大切な人には手書きでほんの一言添えるのが精いっぱい。
この一年、健康で楽しく過ごせたことに感謝しつつはがきづくりに勤しもう。

2017年12月16日 (土)

PCと首ったけの日々に別れを告げよう

ここ一月ほどPCと格闘の日々が続いていた。
突然写真のRAW現像が出来なくなったのが事の始まり。
結局新しいソフトを導入せざるを得ないということで、さて、どのソフトにしようかといくつものソフトの無料体験版を試したり、友人のアドバイスを得たり・・・。
使い慣れたものに近いほうがよかろうと同系列の最新版を導入してみたものの、改良とも改悪ともいえぬ操作の違いを一通り理解するのに一苦労。
スライドショーのDVDを作ろうしたら今までとは全く勝手が違う。(旧バージョンのほうがずっと使い勝手が良い)
DVD作成専用ソフトの導入も考え、又々いくつもの無料体験版をお試し。どれも帯に短したすきに長し。
疑問点をネットで質問して何とか回答を得て苦労の上何とか使えるレベルにまでたどり着けた。
試作スライドショーをDVDに焼こうと思ったら、突如DVDドライバーが動かない。 どうやらドライバーが壊れたらしい。 手持ちの外付けドライバーをつないで何とか急場をしのいでいる。

とりあえずもろもろの問題は解決出来たのでこれで良しとしよう。
ずいぶん金と時間を費やして疲れたので一休みしよう。

あ~、そろそろ年賀状の準備も始めなければならないな~( ;∀;)。

«伊達政宗の霊廟「瑞鳳殿」