2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

十和田湖で一泊プチキャンプ

先日アウトレットをぶらついていたらアウトドアショップで手軽でバーベキューにも焚き火にも使えそうなギアを見つけて買ってみた。
早速使い勝手を試しに十和田湖畔のキャンプ場に出かけて来た。
紅葉には少し早かったが湖を眺められる林間のサイトはなかなかのものだった。
電源付きオートサイトで1,700円ほど。入場料(二人1,000円)を含めても2,700円程度で利用できるのはリーズナブルであろう。
コンロの火起こしについて何通りか試したが、練炭の周りに着火剤または新聞紙と枯れ枝を置いて着火するのが発煙も少なく簡単なようだ。
バーベキューのあと、残り火に拾ってきた枯れ枝などをかぶせると焚き火も結構楽しめた。
今月下旬から信州方面へ一週間程度の車中泊旅行を計画中であるが、どこか適当なキャンプ場を見つけたらキャンプも楽しみたいと思っている。

Dsc_0445_rDsc_0436_rDsc_0439_rDsc09623_rDsc09676_rDsc09678_rDsc09638_r

2021年10月 3日 (日)

解除後の日曜日

緊急事態・蔓延防止等の宣言解除が週末とあって一気に人の出が多くなっている。
解除日は台風のせいで出控えもあったようだが土日は天気にも恵まれて人も車も明らかに増えていえる。
今日、近郊の山とダムをドライブしてきた。
スキージャンプ練習台では子供たちが元気に練習しており、キャンプ場も多くの家族連れでにぎわっていた。
いつもは閑散としている産直売り場の駐車場も7割がた埋まっていた。
しかし全員がマスクを着用しているのは感心だ。
これまで通り感染防止対策に気を付けながら少しづつ行動範囲が広がっていくのだろう。
リバウンドの無いことを心から願うところである。

Dsc09413trim_rDsc09505_rDsc09502_r

2021年9月27日 (月)

二泊で切り上げ

昨夜は満天の星空で少し冷え込んだ。
朝は雲一つない快晴で日差しが暖かく感じられた。
9時に道の駅を出発し近くの青葉湖、世増ダム(ヨマサリダム)を見て中山間地の里山風景を楽しみながら久慈に出た。
久慈から松島まで三陸道を経て午後6時に帰宅した。
三陸道の奥松島以北は無料共用区間で大いに助かる。
本日の走行距離は404Kmと近年まれな長走行となった。
クルマの要改善点も見つかったので少し工夫を加えて次の旅に備えよう。

Dsc09372_rDsc09389_rDsc09397_r

二日目・三陸海岸巡り

静かなキャンプ場で朝を迎えた。
夜は曇り空だったので冷え込みはなく安らかに眠れた。
のんびりと朝食を済ませて黒崎の海岸・灯台・北緯40度塔などを見てからキャンプ場に戻り、片づけを済ませて11時前にキャンプ場を後にした。
黒崎から車で10分ほど離れた北山崎に立ち寄り。
昨年秋に夜明けの岬を取りに来たところである。
今回は第1展望台から階段を下りた第2展望台まで足を延ばした。聞きしに勝る急階段を千段以上下りたとこにあり、北山崎の断崖を間近に見ることが出来た。
その後海岸美を楽しみながら青森県八戸市近くの種差海岸に立ち寄った。
広大な芝生広場の先に太平洋を駆け来る白波が岩に砕ける景色はなかなかの見ものであった。
八戸市街の銭湯で入浴を済ませ、八戸から30分ほど南下したところの「道の駅なんごう」で二日目の夜を過ごした。
車中泊車両は他になくひっそりとした一夜となった。

Dsc09302_rDsc09319_rDsc09346_r

2021年9月26日 (日)

近場で車中泊

天気が良さそうなので2~3泊程度の車中泊の旅に出かけた。
昨日9時過ぎに出発して357Km北上し、岩手県三陸海岸の久慈の南、黒崎まで来た。ここには国民宿舎とオートキャンプ場があり、国民宿舎の絶景風呂から太平洋を眺め、キャンプ場でまったりとした時間を過ごした。
このオートキャンプ場は林間にあり、よく整備されている割に2,000円はリーズナブルである。
泊り客はそこそこいるが、おひとり様やシニアがほとんどでマナーもよく静かである。
今朝は曇っているが午後からは晴予報。
昼までキャンプ場でのんびりして午後から海の景色でも楽しみながら次の予定を考えるとしよう。
Dsc09272_rDsc09281_rDsc09285_r

2021年9月21日 (火)

残念な結果に・・・トホホホ・・・

前回インバーターを取り換えてIHコンロを使えるようにした記事を書いた。
短時間のテストでは使えそうだったが昨日ミニキャンプに出かけてやかんでお湯を沸かそうとしたら10分足らずでダウン。
危惧した事が起こってしまった(トホホホ・・・)。
小生の小さなソーラーシステムではバッテリー容量が不足して実用化は無理だったようだ。
ソーラー発電事業を営んでいる知人に意見を求めたところ、1000Wクラスの家電を使うにはそれなりのパネルとバッテリー、さらに走行充電システムを併用しないと無理だと分かった。着手する前に知人に相談すればよかった~。
近年普及しつつある大容量ポータブル電源も魅力的だが値段が10万円越えと高すぎる。
仕方がないので残念ながら元のガスボンベ卓上コンロを使い続けることとする羽目に~。
IHコンロは家庭で使えばよいし、インバーターはそのまま装備して今までより少し大きめの家電を使える余地を残すことで自らを納得させるしかない。
少し月謝を払ったと思って諦めよう。

2021年9月18日 (土)

車内でIHコンロが使えるように

くるま旅でIHコンロを使えるようにしたいと思いインバーターを交換した。
今までは照明とテレビを見る程度だったので300Wのインバーターを使用していたが、1000W程度の電化製品を使うとなるとインバーターのグレードアップは避けて通れない。
色々調べたら最低でも2000W程度のインバーターが必要なことが分かった。結構な値段がする。
乗り掛かった舟と心を決めてポチッた。
300Wに比べるとバカでかくて今までの場所には設置できず止む無く二列目シートの隙間に置くことにした。そうなると付属のケーブルでは短か過ぎるのでカー用品店やホームセンターをあちこち巡って探したが中々同等の太さのものが見つからない。何とかそれらしきものを見つけたのがブースターケーブル用の一番太いものだった。
両端に端子を取り付けてバッテリーと繋いで試運転したら何とか正常に使えることが分かった。
インバーターの設置位置を変えた結果車内の電気配線を大幅に変更する必要があり、半日掛かりでやっと作業を終えることが出来た。これからは電気製品の利用範囲を少し広げることが出来そうだ。(問題はバッテリー容量か?)
台風が過ぎた後は天気も良くなりそうなので近場で「少しだけグレードアップした」プチ車中泊旅行にトライアル方々出かけたいと思っている。
Dsc_0399Dsc_0398Dsc_0400

2021年9月 4日 (土)

撮影スポットの下見

先日フリーな時間が出来たのでかねてより行ってみたいと思っていた鳴子温泉近くの潟沼に出かけて来た。
道路事情や現地の様子が分からず家族では出かけていなかったが、向かってみると道路も現地の状況も予想以上に問題なく、今後のお出かけスポット、撮影スポットとして良い場所であることが分かった。特に秋は素晴らしいだろう。

2021年8月13日 (金)

運転免許証の更新

7月下旬から8月初めごろの暑さはどこへやら。
このところは停滞前線の影響で天気は悪く半袖では過ごせないほどの寒い日が続いている。
西日本では豪雨が続いて大変なことになっているらしいが、東北地方まではまだその影響は及んでいないもののいずれ北上してくるのだろうか?
コロナ感染の広がりも天井知らずで宮城県でも過去最高を記録する状態になってしまった。
陰鬱な空気に包まれている今日この頃である。
これと言ってすることもないので雨の中運転免許の更新に行ってきた。お盆休暇に入っているので混雑を懸念したが、かえってこの時期は空く時期なのか指定時間に行ったら30人程の高齢者がいる程度でいとも簡単かつ短時間で新しい免許証を手にすることが出来た。
次回更新時は80歳。少なくとももう一回は更新することなりそうだ。
天気もコロナも快方に向かい、新しい運転免許証が活躍する日を楽しみにしている。

2021年8月 5日 (木)

楽しかったひと時

連日の酷暑に参り気味の今日この頃。
8月1日、急遽千葉に住む孫兄妹がやってきた。
マレーシア転勤で2月半ばに父親だけは先に赴任しており、3月には家族も向かう予定だったがコロナ騒ぎで延び延びになっていた。
8月10にいよいよ家族も出発することになった。
2月から我が家で預かっている愛犬エルマーにお別れしたいということで子供たちだけで仙台にやってきた。
仙台にいる孫も一緒になって三人の孫が我が家に集結し、3泊4日の楽しい日々を満喫したようだ。
元気で楽しそうな孫たちの姿とゆっくり接することが出来てジジババも幸せな時間を持つことが出来た。
たくさんの思い出と共に昨日二人は千葉へと帰って行った。3年程度は分かれ分かれの日が続くことになる。
コロナの事は気になるが、無事に再会できる日を今から待ち望んでいる。その日までエルマーの世話がしっかり出来るようジジババも頑張らねば・・・。

Dsc09068_rDsc09121_rDsc09137_r

«三日目・最終日